« スペイン この魅力的な国 | トップページ | 恵まれた結婚 »

2011年7月28日 (木)

異教徒ながら

Burugosu


Burugo1


Burug2_2


Burugo3

 西洋史は好きで、かなりうるさい???かもしれない???ももりですが・・・
きっと子供の日、せっせと読んだ「白雪姫」「シンデレラ」「リヤ王」「ああ 無情」・・・のせいでしょう

 キリスト教に対する興味が、猛然と湧き起こった瞬間は、はっきり記憶にあります。
美術館で見た一枚の絵「ヘロデ王の幼児虐殺」 取りすがる母親を蹴散らして、幼児を次々と殺すローマ兵。「え・え・え・・・キリスト教って、うっとりと、「敵に右ほほを叩かれたら左の頬も出せ」というような、ヤワな宗教やないの???こんな残酷なこと教えてるの???」
 これは、高校1年だったと思います。

 将来王になる者が誕生した、と聞いたヘロデ王は、将来の自分の王位を危うくなることを危惧し、幼児を全部殺すように命じた・・・・という解説を読んで・さ・あ・あ・・・ハマリました。

 ももりは、自分の見た事以外は信じない。
霊感なし、予知能力ゼロ。地獄へ墜ちるなんて脅迫する宗教は大キライ!!!
 勿論未知なる部分があることは大いに、大いに信じますし、未知なることが多すぎると思う故に、安易にわかったように霊感とかを口に出すことを嫌っています。

 旅をして、長くその余韻から抜け出せない旅とは、どこか、哲学的???というか、人間存在の根本に深く訴える旅が多いようです。そして、その上に未知なる世界が広がっている・・・今回の旅は中世。キリスト教にすっかり押さえられていた民衆。しかも、最後の審判を酷く怖れた、キリスト教の恐怖時代????
 それにしても・・・・人間てのは凄い。この石の天井がナンで落ちてこないの???写真撮影は相棒

|

« スペイン この魅力的な国 | トップページ | 恵まれた結婚 »

コメント

山桜様  今回ゴツウー力が入っていました。マダマダ・・・先は無限に長い。入口に近づいたかなって所ですよ。テンペスト・・・見てみます。

nyar-nyar様   西洋史で散々悩むのは名前ですねえ。何しろ・・・今回も、フランスでは今でも一番人気のあるというアンリ4世のこと書きたいんですけど、そのこと書くには3人のアンリっていう王様に触れずにはいられない。「3アンリの戦い」ってのがありますから・・・ホント、同じ名前ばっかりだから・・・・

miwako様   たいへんですねえ。お役所に提出する書類なんかもご自分でなさるんですか・・・えらいなあ!!!私は、今年町内会のお地蔵さんの世話役。その会一計だけでもネをあげています。・

投稿: 山口ももり | 2011年7月31日 (日) 05時53分

お師匠様~~☆
雲の上から、日本が見えますか??
もう、日本は消えてるかと思いマスタ。。><p
今の日本にゃ政治とか言う代物はござんせん!!
あははーーV
え=っとリフォームは8月中旬辺りから始まりそうです。今は、諸々の手配や手続き等々です。

投稿: miwako | 2011年7月30日 (土) 10時38分

ももりさんと同じ本 小さな頃にさんざん読みました!違うところは西洋史を好きにならなかった
ってか覚えていられないのよ~
学校でも勉強した筈なんだけど!
固有名詞は知っていますが、繋がりがトンと
頭脳からどんどん抜けて行ってます。

投稿: nyar-nyar | 2011年7月29日 (金) 18時23分

為政者が宗教を使って国を治めようとし始めると、どの宗教も段々とおかしくなってしまうようです。

BS時代劇「テンペスト」は、BSプレミアムの「江」の放送の直ぐ後から始まりまるので、

本放送は、毎週日曜日の午後 6:45~ 7:30
再放送は、毎週土曜日の午前11:00~11:45

第1回「龍の子」は、残念ながら本放送も再放送も地上波の再放送も終わってしまったので、第2回「王妃処分」からしか見られませんが、きっと前回のあらすじがあるかと思いますので、是非追いついてくださいませ。

投稿: 山桜 | 2011年7月29日 (金) 14時43分

kazuyoo様  ナンボ説明してもらっても理解不可能。それも近代科学以前。中世なんですよ。1300年代くらいかなあ。調べてなくてすみません。

浜辺の月様  優しいだけではダメ・・・本当に酷いことを宗教の名を借りてやってきました。そういう意味ではまだ仏教はマシなのかもしれないなあ。

miwako様  厚い中インテリアは進んでいますか??さてと・・・雲の上から下界を眺めてみると・・・今の政治はナイヤットンジャ???

玉井人ひろた様  塩をまく、お賽銭を集める、神殿の門をトリイと言う・・・・確かにユダヤ今日が日本へ入ってきたという意見は聞いたこともありますが・・・???

投稿: 山口ももり | 2011年7月29日 (金) 08時48分

キリスト教はもともとは古代ユダヤ教からの分派であり、そのキリスト教が偶像崇拝(キリスト像崇拝)をするようになり、それを嫌った人々が本来のユダヤ教の良いところ「偶像崇拝をしない」などに、キリスト教の良いところを参考にしてユダヤ教から分派したのが「イスラム教」だそうです。
ですから、キリスト教もイスラム教も「旧約聖書」をきほんとしていていますし、イスラム教の経典にも「モーゼ」や「キリスト」が預言者として掲載されています。

日本は異教徒になりますが、古代ユダヤ教の宗教行事が神道に息づいている(塩をまく、お賽銭を集める、神殿の門をトリイと言う・・・)ことから完全な異教では無いのかもしれません

投稿: 玉井人ひろた | 2011年7月29日 (金) 08時36分

何であれ、余韻を味わえるのは素晴らしいですね。
特にそれが3週間過ぎてもなんて、きっと心の琴線に響いてるのですね。
う,羨ましい===!!
初めてのインド行、さる方に会って至福を味わい雲の上に居るようでした。
1ヶ月は澄み渡った鏡の様な心境が・・・今は昔の・・・。

投稿: miwako | 2011年7月28日 (木) 19時05分

今回のスペイン旅行を日本に帰ってからも夢見心地って、
それだけ素晴らしい旅だったのですよね。
ヨーロッパ、そして、スペイン、一度行ってみたい国ですね。
この教会の天井の美しさ、本当に素晴らしいですね。
キリスト教、わたしも子供の時は、とっても優しい柔和な
宗教と思っていました。現実は全然違いますね。どの宗教も
多少は凶暴な部分を持っているようですね。本当に優しい
だけではだめなんでしょうね。

投稿: 浜辺の月 | 2011年7月28日 (木) 13時57分

綺麗な天井です。骨組の綺麗さ、幾何学がその昔から大切にされてきた証拠のようです。
やわでは無いでしょうね。狂信の方も多いのでは?。もっと前に人としてと思いますが、それが、その人の宗教に基づいてるとしたら、どう仕様もありません。
落ちてきたら大変、それは分かっても、凄~く高いのに、巨大な石組だって、どうして作ったのと私では分からないことばかりです。謎解きも時々テレビで見せてもらいますが。

投稿: kazuyoo60 | 2011年7月28日 (木) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異教徒ながら:

« スペイン この魅力的な国 | トップページ | 恵まれた結婚 »