« 350段の階段を上って塔のてっぺんへ  ネルトリンゲン | トップページ | 明治の父母 »

2011年5月 9日 (月)

おひさま・・・と・・母

 今朝の朝ドラ「おひさま」・・・陽子さんが師範学校受験に合格。教室はみんなの「バンザァーーイ!!!」って歓声に包まれていました。

  ももりの母、明治45年生まれ、「もう少しで大正生まれっていえるのに」って、よく言っていましたっけ。
 母にとっては、師範学校って、あんなに大きなことやったんやなあ。

 檜山村と言う丹波の寒村からの受験。合格通知は祖父から聞いたといいます。祖父は同じ小学校の校長先生でした。その日、大雪で、雪の降りつもった校庭を勢いよく、結果を聞きに来る娘を、校長室から見ていた祖父は
 「その馬力やったら、何でもできる」と、言ったとか。

 すっかり田舎に逼塞した母が、格別目立つことも無くひっそりと逝って10年以上。小学校の先生として頑張っていた母の未来を奪ったのは、ももりです。乳児結核と戦争、困難な時代を、ももりや兄達、家族を守って生きてくれた母に、改めて感謝です。
 そう・・・おととい「母の日」でしたね。下スケッチは、関係ないけど、ドイツ、アウブスブルグ


 Doitu039


Doitu040


|

« 350段の階段を上って塔のてっぺんへ  ネルトリンゲン | トップページ | 明治の父母 »

コメント

kkazuyoo様  私も二人のお嫁さんから嬉しい贈り物をもらいました。フランス製のチョコレートとソレント製のエキストラバージンオイル。・・・お・お・お・・・お客様して見せびらかさなくっちゃ???

山桜様  昔の先生って今よりよっぽど権威があったようですね。今、私の絵の会に、90才のお元気な、元先生だった方がいらして、実はその方は、母が師範学校を出て初めての年に母の授業を受けたっておっしゃっています。「スエーデンダンス」だったか??「モダーンでねえ。当時、そんな踊りは全く新しいもんでした」っておっしゃってました。

もぷぞう様  当時の女学生・・・今とは随分ちがうようですね。先日も汽車の中で聞こえてくる女子学生???高校生???の会話「あのアホ、そんなことぬかしよんね。ナンとかせなあかん」・・・これ、若いお嬢さんの言葉でっせぇえ

おばさん様  母に対する想いは、でもなかなか複雑です。教育ママで要求度がスッゴク高かったから・・・ね。

投稿: 山口ももり | 2011年5月10日 (火) 07時55分

このドラマ観ていますよ
安曇野・・信州・・・この響き好きです。
お母様は明治産まれの、教育者だったんですね。
『100万の人に100万の母あれど、
我が母に勝る母はなし』ですよね。お互い。

投稿: おばさん | 2011年5月 9日 (月) 20時43分

合格通知が授業中に突然発表されるとは、驚きでした。
当時の女学生はいいな~Σ((oÅO艸*)

投稿: もうぞう | 2011年5月 9日 (月) 13時45分

そうそう、なかなか画面に映らないので、「何処??」でしたが、オクトパス先生もちゃんと隅っこで「バンザ~イ!!」して下さってましたね。 通知を持ってきて下さった厳しそうな先生も嬉しさが隠しきれず、合格がバレバレでした^^。

明治生まれのお母様方は、本当に沢山産み立派に厳しく育ててくださって偉大ですね。 そしてそのことをきっと誇りに思ってらしたと思います。 今のように子供が居ると自分の好きなことが出来ないから邪魔、なんてこと、決して仰らなかったでしょうね。

投稿: 山桜 | 2011年5月 9日 (月) 11時10分

英語の先生まで万歳でしたね。私まで嬉しくなりました。
お母様もさぞうれしかったでしょうね。お母様のおかげで今も元気に過ごされている、何とも有り難いことです。世のお母さん方、沢山の嬉しいプレゼントを貰われたようですよ。
こうして、世界中を自由にご旅行されてます。お母様も見守ってくださってるはずです。

投稿: kazuyoo60 | 2011年5月 9日 (月) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おひさま・・・と・・母:

« 350段の階段を上って塔のてっぺんへ  ネルトリンゲン | トップページ | 明治の父母 »