« 吉田山の赤鬼 | トップページ | お江の子育て »

2011年2月 4日 (金)

お江の生まれたとこ

Setubun_002

 JRの駅に置かれたたパンフレットに釣られて、長浜へ出かけました。2月1日のことです。
TVドラマ「お江」の生まれた浅井城をめぐる3つのパビリオンとバスのセット、1000円ですって。ICOKAだと900円。おまけに2つの駅でスタンプを押すと三つ葉葵やききょうや蝶のキーホルダーがもらえると書いてあります。キーホルダーってのは欲しいよなあ。いくつか集めたい!!!

 さてさて、京都はあんなに待ち焦がれた晴れのキラキラした日なのに、彦根を過ぎるともう、雪。真っ白な銀世界です。
 「こらあ・・・折角待ち焦がれたお日様に背を向けて・・・」長浜までの遠いこと。

 キーホルダーは土日曜限りですって。そんなのないよーーーん

Setubun_003


 アララ・・真っ赤な着物のお嬢さんがバンを運転してやってきました。
アララ・・・お江さんじゃないの。もう一人、アララ!!!お初さん!!!浅井長政さんもいるぅ・・・惜しいことしたあ!!!カメラ置いてきた!!ここに、お江さんやお初さん、長政公一緒の写真を載せたかったなあ!!!スケッチは小谷城跡

|

« 吉田山の赤鬼 | トップページ | お江の子育て »

コメント

kazuyoo様  市の職員さんなんですって。後から聞きました。美しいお嬢さんたちでしたよ。小谷城址は入口から雪の中。5月ごろになったら行きなおしたいと思っています。TVの琵琶湖の風景は安土城址から見た風景と同じ印象ですね。

博多のじーじ様  彦根上は佐和山城の材木を使って建てられたとか。佐和山城址跡と云うのも行けるそうです。一度行って見たいです。


玉井人ひろた様  今貴女のブログからも土ってきました。本当にいつも大変な知識ので関心しています。ちょっと私にはむつかしいですけど。

Hoki Nobuyuki様  雪見電車で琵琶湖一周???それってひょっとして190円のコースですか???暖かい車中から見る雪景色は本当に美しいです。研究会と云うのは本当に苦手です。とっさに何を言うか決めなければいけない。考える時間が欲しいです。だから・・・申し訳ないなあ

チャグまま様  「盲目物語」谷崎潤一郎ですか・・・まだ読んでいません。「徳川家康」今22巻。余りに俗っぽくて脱線が多いもんですから、遂にイヤになって、司馬遼太郎「城塞」を読み直し始めました・又、そのうちに山岡宗八にもどるつもりですけど・・・


投稿: 山口ももり | 2011年2月14日 (月) 10時09分

お久しぶりです。
こちらは徳川の香りぷんぷんですね。
お江の足跡をたどってスケッチ、いいですね~。
色を抑えた雪景色が素晴らしいですね。
3色でこんなに雪景色をとらえるなんてももりさんは
すごい!


「盲目物語」はやはり素晴らしい本でした。純文学の作品らしい心の動きの細やかさ。見えない世界をとらえる感覚は研ぎ済まされていました。

投稿: チャグママ | 2011年2月13日 (日) 21時47分

 久しぶりに訪問させてもらいました。ももり先生のブログほんとにすごいですね。小生も1月31日の大雪の日雪見電車で琵琶湖一周の予定でしたが、長浜でストップ。車窓の伊吹山も殆んど見えず仕舞いでした。雪の小谷城城跡のスケッチ見ごたえありますね。
 先日の研究会はありがとうございました。コメントいただきましたところ、できるだけ修正してみたいとおもっています。三分割は全く気づきませんでした。問題の空に何とか空気感を入れ込んみたいと思っています。できるかなーーーー。

投稿: hoki nobuyuki | 2011年2月 7日 (月) 18時29分

いつもの通り大河ドラマは見ない私ですが、NHKの大河ドラマはこれが最後になるんでしたよね。それとも、次ので番組終了でしたかね。

投稿: 玉井人ひろた | 2011年2月 4日 (金) 20時58分

琵琶湖周辺は心ひかれる処がいっぱいですね。
小谷・佐和山・坂本・安土ちょっと足をのばせば
関ヶ原。若い頃行ったことはあるんですがもう一度
ゆっくり廻りたいです。
それから徳川家康ですがじーじも読み直しています。
新鮮なもんですねえ。

投稿: 博多のじーじ | 2011年2月 4日 (金) 20時01分

馬には乗って見よって聞きます。楽しかったでしょう。と思ったのに、土曜日だけだなんて。
お江さんが、車を運転、それはそれは。テレビで見ました。3姉妹たち市役所の職員さんだそうですね。
小谷城から琵琶湖を眺めた場面、ありましたね。

投稿: kazuyoo60 | 2011年2月 4日 (金) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お江の生まれたとこ:

« 吉田山の赤鬼 | トップページ | お江の子育て »