« デヴューは「初恋」 | トップページ | 駿河の国から »

2010年11月19日 (金)

フランス人の愛国心  藤村から

Rimoojyu


島崎藤村「新生」から読み捨てには出来ないと思うテーマが続いています。


 姪との許されざる関係から、とも角、逃れたい・・・一心で、尻に帆をかけて出てきたフランス。滞在、約1年にして第1次世界大戦が勃発します。 

 サラエボでオーストリアの皇太子夫妻がセルビア人に暗殺され、準備も何もなくこぶしを振り上げたオーストリアはセルビアに宣戦布告。同盟関係にあった大国が次々と参戦をして、第1次世界大戦が始まったのは周知のとおりです。

 フランスもオーストリアに肩入れして、急に戦争に巻き込まれました。


 ・・・フランスでは18才から47才までの男子は、みなこの戦争に参加するということで、それらの人たちを根こそぎ持って行こうとするやうな大きな潮が流れ去ろうとしてういた・・・(島崎藤村「新生」より原文のまま) あっという間に、沸騰する愛国心・・・日本人ならどうする??今の日本も、そうとう怖い!!

Rimojyu


パリも爆撃下に入るということで避難民のごったがえす中、藤村は下宿の女主人の田舎、リモージュへ避難します。
 この、リモージュ・・・ももりも、たった一晩ですけど泊まりました。昼食時には蠅が飛び回ってるっていう田舎でしたけれど、静かな田舎町でした。7年前の10月の終わりでした。

|

« デヴューは「初恋」 | トップページ | 駿河の国から »

コメント

kazuyoo様  世の中何処もかしこも日本人が思っているほどほど紳士的でもないし、正義感でもないですよねえ。とも角政治・・・しっかりしてよ!!!

玉井人ひろた様  う・う・・・ん  戦いますか??戦えますか???勝てますか???負けられますか???


瓜亀仙人様  どこか遠くへ・・・そのうちウ・・・ンと遠いところへいきそうな年齢です。

あきみず様  私葉16年生まれ、1月ですから戦前生まれになるのです。戦後の親の苦労のお陰で生きのびた世代ですけど・・・もし、戦争と言うことになればわたしの育てた3人の息子は全部戦争に取られ、死んでしまうことだってあるのです。戦争は絶対いやです。でも・・・何もせずに殺されるのはモット、イヤ!!!

投稿: 山口ももり | 2010年11月26日 (金) 10時02分

隣国の交戦状態は続いてると実感する
ニュースでした こうなると軍事武力が
必要と言う声が上がってくるでしょう

投稿: あきみず | 2010年11月24日 (水) 10時44分

パリですか~
ボージョレ・ヌーヴォー解禁のニュースを聞きながら,
5年前のe411yの旅を思い出している,今日この頃です。
(あの頃は,連日,若者の暴動で大変な時でした)。
どこか遠くへ行きたいなぁ~

投稿: 瓜亀仙人 | 2010年11月21日 (日) 16時10分

混乱すれば、何かを守るため人は戦うものだと思います

投稿: 玉井人ひろた | 2010年11月19日 (金) 19時17分

例の漁船事件、中国人、中国政府が憎いと私のようなものまで感じました。それまでは中国は良い国だったのですよ。
世論が傾くきっかけって、ちょっとしたことなのですね。第2次世界大戦、あの時代の世論、見えてる方と操られてる方、批判は出来ません。今、どなたでも確実に自分の目で判断--、私なら決してなんて、言えません。(苦笑)もちろん戦争は大反対ですが。

投稿: kazuyoo60 | 2010年11月19日 (金) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランス人の愛国心  藤村から:

« デヴューは「初恋」 | トップページ | 駿河の国から »