« 吉村昭・・・ | トップページ | 自分の穴の中で »

2010年5月31日 (月)

吉村昭なら・・・・

Sakurajima


吉村昭氏に明治維新を書いて欲しかった。恐らく司馬遼太郎とは随分変わった歴史になるでしょう。

 先日アップしました吉村昭エッセー集、「ひとり旅」・・・小説「生麦事件」創作ノートより・・・面白い記述を見つけました。要点のみ抜粋します。


 薩摩がイギリス軍艦7席と鹿児島湾で砲撃戦を戦った・・・・中略・・・同じころ、長州藩も、下関海峡を通過する外国船を無差別に砲撃していたのです。・・・・中略・・・長州も全く負けた。
 そのときに井上馨と桂小五郎が長崎へ行きまして、グラバーと云うイギリス人の商人と交渉して「銃と大砲を輸入したいんだ」・・・中略・・・幕府は長州だけには武器を売るな、と、外国の武器商人に圧力をかけていたのです。それで、だれも長州藩の要求にこたえなかった。

 桂と井上はたまたま長崎に来ていた小松帯刀のところに行ってなんとかして欲しいと。小松帯刀は快諾し、わかった、薩摩の名義を貸しましょうと。それでどんどん輸入しなさいと。二人はおおよろこびして・・・中略・・・その薩摩が斡旋したということを、長州藩の藩主とその息子さんがお礼状を送っている。鹿児島に。とにかく斡旋していただいてありがたいと。薩摩藩と長州藩で幕府を倒すことに全力を挙げましょう。その様な礼状が行っているのです。つまり、薩摩と長州が結びついたのです。

 薩長同盟というと、坂本龍馬が斡旋したということになっているのですが、坂本龍馬は土佐藩の藩士ではなく、郷士です。坂本龍馬が両方を仲介して薩長同盟を結ばせたといわれていますけれども、そのようなことは史実にはないのです。・・・原文のまま

 どうですか????
船中八策・・・龍馬の手紙を吉村昭ならどう解くか・・・本当に惜しまれる作家でした。

|

« 吉村昭・・・ | トップページ | 自分の穴の中で »

コメント

どれが事実かは分かる由も無いですが、歴史の流れの中で、あっせんした人があるからの薩長同盟が成立ですね。利益、目的を同じくすると、でしょうか。
小松帯刀さん、篤姫を思い出しました。

投稿: kazuyoo60 | 2010年5月31日 (月) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉村昭なら・・・・:

« 吉村昭・・・ | トップページ | 自分の穴の中で »