« 100分の待ち時間  「長谷川等伯」展 | トップページ | ひそやかに・・・ »

2010年5月 1日 (土)

平城宮の最高のカップル

Ko

 ももりは最近では、絵のことばっかり書いているようですが、実は50代半ばまでは、びったり、書道界につかっていた人間です。日展には手が届かなかったのいですけれど・・・それは、負け惜しみではなく、お金が無かったから・・・ 

 どうですか 上の写真、光明皇后が王義之の描いたものをそっくりに書いたものです。ヨーーック見て下さい。

 下は彼女の夫、聖武天皇が書いた写経です。

Ko001

 なんと面白いカップルでしょう。夫、聖武天皇は、完璧な教養、知性、理性の持ち主です。
一方、妻、光明子  光明皇后はやんちゃそのもの。おしゃべりで闊達、童女のようにくったくがない。しかし、のびやかでのんきで賢い。カッカッカッと笑う顔が目にリアルに浮かびます。そりゃあ、藤原不比等の娘ですもの。
この二人、平城の宮殿ではにぎやかにけんかもしたにちがいありません。そう思って平城宮を見に出かけましょうか

 書って何て面白い!!!書は人となりって、本当です。

|

« 100分の待ち時間  「長谷川等伯」展 | トップページ | ひそやかに・・・ »

コメント

 聖武帝はもしかしたら光明皇后に敷かれていたかも...とか不遜な事をかんがえてしまいました。
 確かに光明皇后は不比等の娘、次期天皇を産むことを期待されていたはずです。生まれた阿倍内親王は女帝として即位するわけですが。
 書一つでいろいろの事を想う事が出来るものですね。

投稿: 秋ぎつね | 2010年5月11日 (火) 21時01分

光明皇后は隅々まで気力体力も充実、意思の強さも感じます。
聖武天皇は、繊細で聡明なお心、しかしお体が弱いのか書からは
覇気が感じられない気がします。 書には自分の姿が映し出され、
今、それが苦しくてなりません。 自分なりに締め切りを定めないと
いつまで経っても提出できないことになりそうです。

投稿: 山桜 | 2010年5月 6日 (木) 19時32分

先日,談山神社から帰ってきた親父が,
藤原鎌足や藤原不比等って悪いヤツやったんか?
って,私に聞いてきました。
私は,会って話したことないから分からへん
と,答えました。

投稿: 酒徒善人 | 2010年5月 4日 (火) 10時27分

kazuyoo様   そりゃあ・・・相当派手なけんかですよ。開けっぴろげな皇后様でしょうね・・・なあんて、想像は自由ですから。

もうぞう様  結局は好き嫌いが全てですね。でも、好き嫌いも変わっていくのが面白いです。

nyar-nyar様   て・て・て・・・テン・・テン ・・驚かせないで下さいよぉ

あきみず様  お引越しですか。開くのに時間がかかる・・・当方にも心あたりがありますが・・・でも、私には、すぐお引っ越しなんてできないんです。主人、今朝から航空ショーうを見にでかけました。私はやっぱりパス。家でのおんびり・・・もうれしいです。

さらさ様  ギリシャ、5日からゼネストだとか・・・・ゼネストってのはねえ・・・旅には一番困ります。

投稿: 山口ももり | 2010年5月 4日 (火) 09時10分

ももりさん、絵だけではなく書もなさるんですね。
というより、以前は書の世界だったと知り、書と絵画はやはり接点があるのか知りたくなりました。
聖武天皇と光明皇后の書、興味深く拝見しました。
ぱっと見は力強いので上が聖武天皇の文字のようですね。下は繊細できっちりとした感じを受けます。まさにももりさんが書かれているような御夫婦なのでしょう。
歴史の人物が急に体温を持って迫ってきます。

投稿: さらさ | 2010年5月 2日 (日) 18時07分

いくら見てもそのようなところまでは
推察できなかったです 
今のところ15日の静岡ホビィーショウに
向けて完成を目指しています。

ブログ新しい所に引越ししました
容量の残りが少なく開くまでに時間が
かかるので新しくしました
http://blog.goo.ne.jp/f4ucorsair_january ので宜しくお願いします。

投稿: あきみず | 2010年5月 1日 (土) 22時54分

絵もわからないけれど、
書も・・・
最近はボールペンでもあまり字を書かないです。
書かなければ尚更どんどん下手になりますね
ももりさんはある意味天才肌ですね

投稿: nyar-nayr | 2010年5月 1日 (土) 21時24分

写真のことは、少々分かるつもりですが、絵と書はまるで分かりません。
好きな絵とか好きな書は、ありますが・・・

投稿: もうぞう | 2010年5月 1日 (土) 20時17分

書が人柄といわれたらグーの根も出ません。下手を自認、もうどう仕様もありません。
雲の上のご夫婦でも、喧嘩はされたでしょうね。(笑い)

投稿: kazuyoo60 | 2010年5月 1日 (土) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平城宮の最高のカップル:

« 100分の待ち時間  「長谷川等伯」展 | トップページ | ひそやかに・・・ »