« 平成の将軍 | トップページ | アトリエ桃源新年会 »

2010年1月30日 (土)

 ヴィクトリア女王のロンドン

Bikutoria1_2


ココログの製作ページに何度か試してみましたが接続できなかったんですけど・・・・あ・ら・ら・・・一体どうなってんの?・・・上手く接続できました。
Bikutoria_2

上は「ヴィクトリア女王 世紀の愛」 
昨日、見て来ました。19世紀、イギリスが世界を圧していた時代。19才で、国王の座に着いた女王ヴィクトリアは恋した王子と結婚します。お相手のアルバート公は、そりゃあ、ステキで、うっとりため息が出るような・・・結構すぎます。

Vikutoria2

その上は映画、「オリバー・ツイスト」の貧窮院の中での食事風景。オリバーは行き倒れの母親から生まれ落ちた天外孤独の孤児院育ちです。孤児たちのための予算は肥え太った理事達に吸い取られ、孤児たちはいつもおなかをすかしています。上のヴィクトリア女王の優雅な宮廷生活の裏には、この、ロンドンのすざまじい貧民窟の生活がありました。そして、映画は「オリバー・ツイスト」の方がはるかに面白かったです。

 ヴィクトリア女王は1818年生まれ。「オリバー・ツイスト」の作者、チャールズ・ディケンズは1812年生まれです。
「オリバー・ツイスト」の映画の中のロンドンの貧民窟は、画面から悪臭がただようようでした。道はぬかるみ、排泄物だらけ、都会へ働きに出てきたものの食いつめた浮浪者が行き倒れていたのです。ヴィククトリア女王は理想的な家庭をもったことで理想化されています。実際、アルバート公は、世界最初の万国博覧会を成功させ、エジプトやインドも手中にし、経国の才を発揮しました。アルバート公はチフスにかかって1861年に死にます。彼女はその後ずーっと喪服だったんですって。93歳で亡くなりましたが、晩年はすごーっく太って、綱で釣り上げてもらって移動したとか???

|

« 平成の将軍 | トップページ | アトリエ桃源新年会 »

コメント

ももりさん、こんにちは^^
先日は、コメントを下さり、有難うございました。
【オリバー・ツイスト】の映画があるんですね~。
知りませんでした。
私、ディケンズの『クリスマス・キャロル』が大好きで
1837年から2年間過ごしたチャールズ・ディケンズの
お家(48 Doughty Street, London)に行った事が
あります。すごく感慨深かったです。

投稿: きょうこ | 2010年2月 2日 (火) 13時39分

イギリスですか~
e411yの旅を思い出してしまいます。
ロンドンとケンブリッジを旅したのは,
2005年11月のこと。
また行ってみたいなぁ~

投稿: 酒徒善人 | 2010年1月31日 (日) 09時37分

こんばんわ。
「ロンドン」と言えば・・・。
・兵隊(長い黒い羽毛)。
・公邸
・サッカー
・二階建てバス
そして、2年後行われる「ロンドン五輪」
が、イメージで思い付きますね。

投稿: H.K | 2010年1月30日 (土) 21時58分

オリバー・トゥイストと言えば、「オリバー!」のマーク・レスター君
(その後「小さな恋のメロディ」でブレイク)可愛くて大ファンでした。
それで?高校の時のBFはくるくる天然巻き毛のマーク似でした^^♪
新作の少年も哀しみをたたえた吸い込まれそうな瞳をしていますね。

「いろは」は「らむう」迄お稽古しましたので、続きをお願いします。

投稿: 山桜 | 2010年1月30日 (土) 14時05分

映画の中とはいえ、空の食器は可哀相です。今も沢山の子供たち、大人もかな、飢えている人がいますね。この日本にだって!。
王侯貴族の生活、のぞき見したいのは殆どの方かな?、お城とか写るとついつい見てしまいます。(笑い)
幸せな方も不幸な方も、それは庶民と一緒ですね。

投稿: kazuyoo60 | 2010年1月30日 (土) 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/47426086

この記事へのトラックバック一覧です:  ヴィクトリア女王のロンドン:

« 平成の将軍 | トップページ | アトリエ桃源新年会 »