« 映画「チェンジリング」見てきました。 | トップページ | 若狭路 インテリア・ウオッチング »

2009年3月16日 (月)

「京都水彩」展 終了

Tiyoda003
 きのう、無事終了。皆様、ご来場有難うございました。ももりのブログのお友達、あきみずさんも来てくださいました。いつも、ブログでお話していますので、何だか古いお付き合いの友人みたいな気分でおしゃべりしました。丁度、同時期に、毎年「山の写真展」と云うのも開催されていて、その会は、皇太子殿下の写真も出品されていまして、年々、凄い勢いで発展しています。
 ふつう、公募展で力を付けてから個展へと発展される方が多いのですけれど、ももりは、個展の方から始めました。書道界にありながらを絵を発表してきたのです。バブルの時期は、まさしく絶頂期。若かったし、面白い時でした。今、公募展にお世話になっています。1年に何度か、公の会場に陳列してもらえるてのは本当に楽。個人で会場を獲得して、案内状を出し、お客様を呼ぶという作業って、そりゃあ大変なのです。ももりも、絵を描ける限り、ずーっとこの会で生きて生きたいと思っています。本当に「京都水彩」の会って楽しいんです。会場風景。一番左、ももりの絵「宇宙たち」 
 

|

« 映画「チェンジリング」見てきました。 | トップページ | 若狭路 インテリア・ウオッチング »

コメント

今回こそ,ももりさんの絵を観に京都へって思っていたのですが・・・
貧乏暇なし・・・
次回こそ必ず・・・

投稿: 酒徒善人 | 2009年3月21日 (土) 19時59分

ももりさん
もう今頃はお出かけになっていらっしゃる頃かしら
今日、思いがけずに素敵なプレゼントが届きました。
直筆の色紙!とっても素晴らしく自慢したいくらいです。
早速、額に入れまして飾りました。
これからの季節によく似合うと思いました。
本当にありがとうございました。
ブログにUPしたいと思っています、お許しを・・

来月はアメリカですって
どのあたりに行かれるのでしょう、
楽しみが沢山ありますね。
私は北アメリカはボストンとニュートークしか行ったことがありません。

投稿: nyar-nyar | 2009年3月18日 (水) 16時18分

展覧会が御盛況に終わってホッとなさっていらっしゃる時でしょうか?
おめでとうございました。
この後は十分にのんびりとなさって下さいね。
「遠い日の戦争」が手元に届いて今読み進めています。
ももりさんのブログも紹介しています。

投稿: nyar-nyar | 2009年3月17日 (火) 12時15分

kazuyoo様  そう、京都市美術館って言うのがうれしいんです。大きな貸し会場ではなく。展覧会自体が認められないとこの会場には並ばないんですから。

kju様  kjuさんみたいな旅は、そうそう誰にもできるもんじゃありません。文学、音楽、映画、美術、歴史・・・なんでも来い。凄い。大いに発表して、社会と繋がってください。絵も押入れに入れといたら、誰も見てくれないんですもの。

玉井人様  時々お寺さんで、「きらめき」でお会いできるくらいですね。

もうぞう様 私はチビチビ描く方です。テンペラは絵の具が乾く時間もいるんですから。いつも、部屋に描きかけの絵をかけて、イメージが膨らむのを待ちます。膨らまない時がつらいのよーーー

あきみず様  本当にうれしいでした。みなさまぁ・・・あきみずさんってとってもハンサムでステキな方ですよお・・・

投稿: 山口ももり | 2009年3月17日 (火) 07時10分

どうもおつかれさまでした お逢いできて
よかったです、ブログの続きで話させてもらい
いつも話している口調でしゃべりました
毎回沢山の出展で盛況な催しですこれだけの
作品を一同に展示されて見られるのは、凄い事です 多くの方に見ていただくのは自分の
モチベーションも上がりよい刺激になります
私もコンテストにこれからも出展しようと
思います

投稿: あきみず | 2009年3月16日 (月) 20時55分

こんにちは
水彩画展お疲れ様でした。
新作を発表し続けるエネルギー・・・・どこから来るのでしょうか、尊敬します。「継続は力なり」何より、ひとつのことに秀でていることが裏ましと思います。
ヨーロッパの街角で、絵を書いている人たちを見かけますが、こっちまで豊かな気分になりますよね。
描いている絵を見ると・・関心と感動、しかし、その後は、観客の方・観賞に回ります。それも楽しいのですが、うらやましい・・・余韻を残し、気分は最高。芸術は、最高というところでしょうか。もっともっとがんばってどんどん発表してください。

投稿: kiju96 | 2009年3月16日 (月) 18時43分

ほんと大作ですね~
愚問かも知れませんが、この「宇宙たち」ってどれくらいの時間をかけて描いたのでしょうか?

投稿: もうぞう | 2009年3月16日 (月) 18時28分

私の住んでいるところではなかなか見られないものですねえ

投稿: 玉井人 | 2009年3月16日 (月) 18時01分

広い会場に大作がずら~りですね。
綺麗な赤、それに深い色合い、これが宇宙なのですね。太陽のコロナを映像で見ただけでも感動ですし、この作品と同じような場所が存在するかもしれませんね。

投稿: kazuyoo60 | 2009年3月16日 (月) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「京都水彩」展 終了:

« 映画「チェンジリング」見てきました。 | トップページ | 若狭路 インテリア・ウオッチング »