« 司馬遼太郎と吉村昭の生麦村 | トップページ | イタリア美術とナポレオン  京都文化博物館 »

2009年3月31日 (火)

自分の穴の中で

Nihonsuisai001
 日本水彩展に出品し始めて2回目、出しぬけに、大きな賞を貰ってからずーっと今まで奮いませんでした。どうやら、自分の穴に入り込んでいたような・・・何にも見えなくなっていたような・・・それが、今回、ちょっと抜け出せた??かも・・・???
 人工的な都会・・人は、皆、孤独で・・・索漠とした人工的な都会のイメージを描きたい・・・あまりにも神を恐れぬ文明に、何時の日か神の怒りの火が・・・なんて「ソドムの街」にこだわってきたのです。でも、これは、実に大それた願いでした。
 「こら アカン!!このテーマは自分の才能では足らん!!!」って気が付いたのは、ほんの2ヶ月ほど前です。TVで手塚治の特集を見た瞬間でした。彼は、もう、ずーっと昔に、現代の都会を描いてる。ももりなんかよりはるかに鋭く・・・こら、あかん!!!原点に戻ろう・・・作家は処女作に戻るっていうじゃない・・・なあんてわけで・・・遊びました。
 というわけで、次回の東京展出品作は至って早くできました。もう、98パーセントくらいは多分できあがり・・・・これで、飛行機が墜ちても???大丈夫???

Nihonnuisai004

|

« 司馬遼太郎と吉村昭の生麦村 | トップページ | イタリア美術とナポレオン  京都文化博物館 »

コメント

ももりさんの新作、今までの「ソドムの街」シリーズで一番好きです!

書のお手本戴いてから、落ち着いてさっぱり家の中にいることが
出来ない日々が続いてしまいました。 今日、久し振りに
郵便局に行った以外丸一日家に居て、身辺整理をしました。
やっとどうやら書道の稽古に向うことが出来そうです。
アメリカへのご旅行中、お手本をももり先生と思い話しかけながら
練習いたします。 どうぞ怠け者の弟子のご心配などなさらずに
楽しんでいらして下さいませ~♪ (*^ー^)ノ

投稿: 山桜 | 2009年4月 2日 (木) 19時34分

スケッチとブログの更新もされてる間に
これだけの大作を完成させて、すばらしい
事です。これで思いっきり旅行を楽しんで
きてください

投稿: あきみず | 2009年4月 1日 (水) 21時26分

こんばんわ
産みの苦しみなんて言いますが、芸術の世界は深いな~なんて
思います。でも、テーマをもっと進むと言うことは素晴らしいと思います。

投稿: kiju96 | 2009年4月 1日 (水) 01時44分

こういう絵もお描きになるんですね。素晴らしい才能です

投稿: 玉井人 | 2009年3月31日 (火) 21時44分

絵のことは分かりませんが、好き嫌いで言わせてもらえば、下の方が好きです。

投稿: もうぞう | 2009年3月31日 (火) 19時51分

此方のHPを お気に入りに入れてたのですが 久しぶりに 覗かせていただきました。
いつも 綺麗な色で 素敵な絵ですね。
私は 絵の見方は解りませんが どんな絵でも 形より色を見て楽しませて貰っています。

投稿: すなお | 2009年3月31日 (火) 11時35分

明るくて綺麗な作品です。人への希望も盛り込まれたのでしょう。
飛行機事故は、どんなときにも困ります。
横風用滑走路があったら、成田の事故は起こらなかったでしょう。

投稿: kazuyoo60 | 2009年3月31日 (火) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の穴の中で:

« 司馬遼太郎と吉村昭の生麦村 | トップページ | イタリア美術とナポレオン  京都文化博物館 »