« 映画 「生きる」 | トップページ | 悪魔がそっと戸をたたく »

2009年2月 5日 (木)

給食事情

Hina008
 いま、よそのブログで、給食の脱脂粉乳のお話を読んできたところです。ももりも脱脂粉乳で、戦後の食糧難を生きのびた強靭な生命力の世代です。小学校のクラスは6クラス、それぞれが50人ほどもいたでしょう。何しろ大なべで炊くもんだから、底の方はしっかり茶色に焦げて、焦げ臭い。それ以来、今でも頑固な牛乳嫌いで、年に2~3回も飲むか???飲まないなあ。でも、最近「案外おいしいもんやなあ」って思ったりするからおかしい。アイスクリームも苦手です。年に1~2度、専ら、旅行先で気分が乗ったら食べます。チーズは大好きなのにね。
 戦後、みんなが餓えていた時代。日本人が200万人も死んで、446万人も負傷していた時代。家も焼け、食も無く、疲れ果てて戦地から帰ってきた兵隊さんたちや浮浪児がいた時代・・・100年に一度の大不況ってマスコミは言ってますけど、まだ64年しか経ってないんですよ。戦後の生き残りからみれば・・・こんなの・・・まだまだ・・・
 大体、これでもか、これでもかと大食したり、フォアグラやキャビアなどと・・・庶民が食ってるほうが異常なんですぅ。世の中、みんなが餓えたら、ももりも餓えましょう。アメリカなんて、保険が無い人が多いから、痛み止めが凄く売れてるって云うじゃありませんか。痛みだけとめて、医者に掛からず死んでいくんですって。アフリカの話じゃありませんよ。アメリカでの話です。生きるのに、覚悟がいる時がきたようです。

|

« 映画 「生きる」 | トップページ | 悪魔がそっと戸をたたく »

コメント

脱脂粉乳、いつ頃まで給食に供されていたのでしょう?
あれで牛乳が嫌いになった人が大勢いるようです。
 私の記憶では、2年生くらいまで、バケツから汲まれた生温かいものを飲まされ,戻しそうになるくらい不味かった記憶があります。その後、ビン入り牛乳となり、不味さは解消されました。

投稿: 秋ぎつね | 2009年2月 7日 (土) 19時53分

kazuyoo様  世界同時不況の中では、日本はまだマシだとか言ってる人もいます。一体、何がホントでないがウソなのか・・・わかりません。でも、結局ギャンブラーのよって破壊された経済なんでしょう??儲けたやつはいるはずなんだから・・・そこから出させたい・・・こんな程度のこと云ってるようでは、あかんやろなあ。

もうぞう様  そして、牛のエサだったんでしょう???
でも、あのお蔭で、餓え死にしなかったとも云いますから・・・  

あきみず様  絵のお仲間に誘われて行きました。一人ならとても・・・ダーメ・・・楽しかったです。

ひろ様  あの赤福も売ってました。まあ・・・製造年月日を書き換えたってのはよくないけど、冷凍庫に保管してたんなら、なにも、破棄しなくってもよかったのにね。安いから2つを1個分とかしてくれたら買います。そして、家の冷凍庫に、又入れたりして・・

nyar-nyar様  お父様シベリア抑留7年ですって。良く、お帰りになれました。そういう、先人の犠牲の上に今のうわついた贅沢があったってことをもっと考えないといけないとおもいます。ちょっと今の若者軟弱じゃない???

投稿: 山口ももり | 2009年2月 6日 (金) 08時50分

そろそろお雛様出さなければね、と思う季節になりましたね。
綺麗な可愛いお雛様に癒されました。
同世代の私は脱脂粉乳が大嫌い!給食の時は飲んだ振りして、ハンカチ被せて流しに捨てていました。
だから背が伸びなかったのかも!!
ご近所でも栄養失調で亡くなった方が1軒に一人は居た時代でした。
我が家は父がシベリアに7年抑留されていて、母の懸命な買出しで何とか皆無事に育ちましたが、これは大したものだと思います。
昔の女性は強いなあと尊敬しています、私だったらタブン出来ない・・・
あそうそう、牛乳も搾りたて以外は飲めませんが、ソフトクリームは大好きです

投稿: nyar-nyar | 2009年2月 5日 (木) 22時24分

こんばんわ!
優しそうな、お雛様に、和ませていただいております。
脱脂粉乳?確か小学校の給食にあったような・・・。
そうですね、今のように食べ物が豊富にありませんでした。バナナと卵がものすごく高級なときでした。
いまのテレビを見ていると、食べ物を粗末にしたりしている場面を見たりすると、憤慨します。大食い大会などは、体に影響ないのかと、心配になったりします。
一ヶ月1万円生活、を見て、自分の生活は贅沢だなと思ったりしますが、テレビ・それ以上に大変な時代があったことを、忘れないでおこうと思います。
今アメリカで子供の健康保険を設立しようとしているとか、遅いですね。

投稿: ひろ | 2009年2月 5日 (木) 22時08分

子供の頃は街に食べ物は溢れてなかったです
商店街でその日の買い物をする事で、ことたりていました。今の給食は食べ方まで違って
いるみたいで、ゆっくり食べる時間もない
なんておかしいです。 美術館めぐりを
されておられたようで、いつもながらの
行動力に敬意を表します。 お雛様の
シリーズが続きますように。

投稿: あきみず | 2009年2月 5日 (木) 20時10分

お~~
牛乳嫌いは、脱脂粉乳のせいだったんですか?
それは罪なことですね~
アメリカが悪いのか?日本が悪かったのか?

投稿: もうぞう | 2009年2月 5日 (木) 19時55分

可愛いお雛様、ほっこりとしています。
焦げ臭い、全く同じ印象、いつも便所へ捨てに行っていました。もちろん食べ物、もったいないと思いましたよ。私も中学生ころからしか牛乳が飲めませんでした。今はほぼ毎日飲んでますし、アイスクリームも大好きですし、乳製品も好きです。
先日、ハワイに小さなお子さんを連れて家族旅行された方のブログで、処方された痛み止めが市販薬だったと書かれていました。効き方がとても良かったとも。
フォアグラもキャビアも、かつて味わったかなの程度ですが、スーパーには物が溢れかえっていますね。
どなたかも戦中戦後のことと比較されていて、ラジオでしたが。
世界同時というのが、そのあたりが、当時と違うのでしょうか。

投稿: kazuyoo60 | 2009年2月 5日 (木) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 給食事情:

« 映画 「生きる」 | トップページ | 悪魔がそっと戸をたたく »