« 年賀状のお年玉 | トップページ | 「ふぉん・しいほるとの娘」 吉村昭 »

2009年1月28日 (水)

食べるということ

Nz007

 以前、「菊の井」の大将、村田氏と、祇園「佐々木」の佐々木氏の京料理対決をTVで見ました。へ・え・え・・これは、プロだけの世界。家庭料理とは次元が違います。
 犬養美智子氏が、どこかに書いていました。「世界3大料理は、フランス料理、中華料理、トルコ料理。日本料理がここに入らないのは素材の優秀さに頼りすぎているから・・・」って。確かに、日本ではどこそこの霜降り肉、水はナントカ名水、魚はどこ産・・・と材料には非常にうるさい。そして、それは、もう、文句無く、素材そのものでおいしい。むしろ、美味しすぎる。工夫の余地がない、と云うところらしい。ところが、フランス料理なら、死にかけの老牛だって、幼い牛だって、頭のてっぺんから、尻尾まで工夫して食べるし、中華料理で食べないのはテーブルの足だけ・・・とか。
 今、不景気。人工爆発。食料自給率40パーセント。飢えと戦うって日もあるかもしれない。粗食時代に突入したら、美味しいもの一杯食べた人ほど、つらいでしょうねえ。
 
 写真は、以前たまたま「菊の井」でいただいたお料理の写真の一部。村田氏には申し訳ありませんが、お料理だけをアップした写真は見当たらず、とりあえずということで、この写真でお許しください。スッゴイお料理でした。勿論、美味しかったです。スッゴク。「佐々木」では、まだ食べた事はありません。

|

« 年賀状のお年玉 | トップページ | 「ふぉん・しいほるとの娘」 吉村昭 »

コメント

kkazuyoo様  あなたもお野菜は自家製なんでしょう???うらやましいなあ。蕗のとうの自家製なんてサイッコウ!!!私は年とともにご飯がよくなってきています。勿論パスタも大好き。ラーメンは???ちょっと・・・あんまり・・・

たま様  ホントですねえ。手持ちの材料で色んなバラエティーを愉しむには知性が必要ですね。「お料理上手は頭が良い」って聞いたこともあります。だ・・・か・・・ら・・私はダメみたい。


ikomanokaze様  素人にはわからない味・・・って・・・あるんでしょうねえ。美味しいなって云って、すぐ、これは高価かお安いかって判断するのもちょっと切ない。私はずぶの素人ですけど。好みは個人次第でスッゴク変わりますねえ。私は牛乳が嫌いです。でも、チーズは大好き!!

あきみず様  お財布のほうが、もうちょっと気楽でないと食べていても、気が気じゃありません。程ほどが一番です。


投稿: 山口ももり | 2009年1月29日 (木) 09時45分

「菊の井」、村田氏はよくTVにでられてます
気さくな方とお見受けします やはり緊張して
食べる事になるのでは、場所に負けそうで
モウチョッと気楽な方がいいです

投稿: あきみず | 2009年1月28日 (水) 20時31分

先日 新宿の「パークハイアットホテル」内にある日本料理店「梢」でお食事したとき 一品ずつ運ばれる料理の器がすごかったです。本物かな?・・・と思うほど有名な人の作品でした。
料理はもうひとつすばらしいとは感じませんでしたが・・・
「菊の井」の料理は 素人がいただいても「さすが!」とわかるものですか。やはり違いがわかる人でないと駄目なんでしょうか・・・・

投稿: ikomanokaze | 2009年1月28日 (水) 18時37分

すごい豪勢なお料理ですね!美味しそうー。
こういう格式的な日本料理はともかく、日本人程いろんな国のお料理をアレンジして取り込んじゃう人種(?)って珍しいと思います。
パスタしかりラーメンしかり。
あとは素材をどれだけ自国で調達できるか、なんですよねぇ。

投稿: たま | 2009年1月28日 (水) 10時45分

礼装でのお食事ですね。素晴らしいお刺身!です。
食材そのものの美味しさを壊さずになら、手をかけすぎないでですよね。
はい鳴き声と机の脚、良くわかります。
胡椒は腐りかけの肉の腐臭と食あたりを防ぐために必要だったとか。
それでも、新鮮で美味しいのに出会うと嬉しくなります。安くて新鮮でおいしいのが--、滅多に出会えませんが、やっぱり最高です。
一流料亭の食事、もちろん美味しいですが、食材さえ良ければ手抜きでも大満足です。
少量のタンパク質と新鮮な季節の野菜で十分です。(笑い)
それさえも贅沢だとは思っていますよ。

投稿: kazuyoo60 | 2009年1月28日 (水) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食べるということ:

« 年賀状のお年玉 | トップページ | 「ふぉん・しいほるとの娘」 吉村昭 »