« 山川捨松と大山巌 そのⅡ | トップページ | 今、みずきさんを守りましょう »

2008年8月10日 (日)

大政奉還と篤姫

Satuma003
 
「大政奉還」・・・これは、本当に知りたい場面です。大阪城内と御所の駆け引きでなった無血クーデターなんでしょうか???徳川慶喜は会津藩や桑名藩の武士たちに幕藩体制を守らせながら、自分はさっさと、大政を朝廷にかえしてしまった。それを受けた朝廷にいたのは、あのいやらしい岩倉具視。篤姫は、どう慶喜にからんでくるのでしょうか???・・・TVが楽しみです。司馬遼太郎「龍馬がいく」では、勝海舟から教えを受けた坂本龍馬が、大政奉還を土佐の後藤象二郎に入れ知恵し、及び腰の山内容堂は釣られて腰を上げた???武力で幕府を潰そうと積み上げてきた薩摩や長州の目の前で、アブラげをさらったような印象です。京都の朝廷は幼い天皇に玉璽を押させた中山ナントカという公家が登場します・・・・さ・あ・あ・・・・会津の悲劇も元はといえば、この、ヌエのような慶喜の一人芝居のせい????さ・あ・あ・・・マタマタ暑いコメントが楽しみです。中京の夏、本当に暑いけど、ブログでの舌戦は暑いほどうれしいのよねえ。スケッチは薩摩、鶴丸城・・・だったと思いますけど・・・自信なし

|

« 山川捨松と大山巌 そのⅡ | トップページ | 今、みずきさんを守りましょう »

コメント

何も知らないことばかりのわたしですが、篤姫はそれ
なりに楽しんで見ています。
それにしても、皆さん博識なんですねーー。
読んでいて勉強になります。
そして、ももりさんと、皆さんのブログで登場する
本、読みたいとは思いますが、中々読めません。
でも、少しずつと思っています。

投稿: 浜辺の月 | 2008年8月13日 (水) 17時38分

kazuyoo様  
いつも暖かいコメント拝読しています。穏やかで大きな見方をなさるお方ですね。

ちゃぐまま様  暑いし、どこかへ出かけるにも、もう億劫なもので・・・・そうなれば、やっぱり本。ちょっと涼しくした小さな部屋で、ゴロゴロ・・・さあ・・・何を読もうかしら???

あきみず様  やがては薩長が明治政府を牛耳るんですから・・・篤姫の立場やその後はどうなるのでしょうか。楽しみです。いままで、篤姫の存在すら知らなかったのですもの。

あかひと様   しばらくご無沙汰していました。9月の終わり、私の書の生徒さんたちが初めてのグループ展をします。今は、もう、大分出来てきました。若い人達の力が素晴らしいことに感動!!!又、ご報告します。

秋キツネ様  苦しい登りにひたすら耐え、尾根線に出た時の感動。そして、色んな花や蝶や・・・カモシカや・・・昨日、丹波のお山で草ひき。オレンジ色の小さな蝶を見ました。デジカメでも持っていたらって思いました。あれはベニシジミ???

投稿: 山口ももり | 2008年8月13日 (水) 08時21分

大政奉還は歴史上のミステリーかも知れませんね。
ただ旧500円札の人は皇女和宮様を有栖川宮様との婚約を破棄させてまで降嫁させたりしてあまり良い印象がありませんが。(その降嫁があまり意味をなさなかったので尚更)
実際、あまり国内で内紛が続いていると、国力が疲弊し、それを外国に付け込まれると判断したためではないかと言う説を私は採っています。

投稿: 秋ぎつね | 2008年8月12日 (火) 21時19分

ふむふむ

ほほふ・・・

流石なり
ももり媛

あっぱれじゃのほ^^

おっ^^
暑い湖面渡?

あー
つひに
・・・

まは
あつ姫なれば
あつきものを
求むるも
むべなることとこそおもへれ

はあ

れれれのれーーーー


して

予がおもふは

ただひとつなり

それ


孝明天皇様を
毒殺したのは
だれだっ
だれだっ
だれだーーー???

をさなき帝(明治大帝)を
さらひし輩は
誰だっ
誰だっ
誰だーーー♪

頓首

投稿: あかひと | 2008年8月12日 (火) 12時59分

いままで和宮が徳川家存続に手を尽くした
と思ってましたが、天璋院もそれにも増して
徳川家存続と大奥の女性の身の振り方に
尽力を尽くした事を知りませんでした
篤姫の展開が楽しみです

投稿: あきみず | 2008年8月11日 (月) 21時08分

こんにちは!またまたももりさんのオモシロ博学が
出ましたね(^O^。
ブログを拝見するたびに、「この本も」「この本も」と読みたい本は増えるばかりで追いつきません。
「ヌエのような・・・」に、また増えました!まだ「竜馬がゆく」は読んでいないのです。

投稿: ちゃぐまま | 2008年8月11日 (月) 17時29分

何が本当かは当事者にしか分かりませんが、慶喜さんは見聞きのうちでは良いようには書かれてませんね。
徳川の人となった篤姫、徳川も残したかったでしょう。大奥の女性たちも守りたかったでしょう。その後のあの方は立派だと思います。

投稿: kazuyoo60 | 2008年8月10日 (日) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大政奉還と篤姫:

« 山川捨松と大山巌 そのⅡ | トップページ | 今、みずきさんを守りましょう »