« 海の勇者 バイキング | トップページ | ヴァイキング イギリスのケース »

2008年7月11日 (金)

一番クリエイトなことは・・・・

Hokuou043

 今回、北欧をウロついていて感じたことは、バギーを押した母親や親子連れが多いこと。もう、7月から夏休みに入っているそうです。国を上げて、育児に取り組んでいるそうで、実に穏やかな親子の表情が心に残りました。社会福祉の中でも、子供の教育は最優先ということで、両親の休暇も実に充実しているそうです。ちょっと、現地の人の話を聞きかじったくらいでは、しっかりした事はいえないので、宿題として調べてみましょう。老人介護よりも、真にクリエートなこと、それが子育てです。
 最近の日本の子育ての現状は、横から見ていても、異様です。子供は社会の宝。社会全体が心をこめて育てたいものですが、たった一人の子を大切に思う余り、何かあったら大変と、子育てに協力するのも怖いのが現状です。「可愛いのねえ」と声をかけるのすらはばかってしまうような・・・酷い犯罪がマスコミで喧伝されるせいもあるでしょう。
 スケッチはゲイランゲルフィヨールド。朝一番に舟に乗ったので、光線が低く、実に見事な虹が、いたるところに流れ落ちる滝にかかり、それは美しいものでした。下は、船の航路に描かれた波紋。絵では表現できないなあ。写真家なら・・・垂涎のチャンス!!!!

Hokuou041

少しづつHPにもアップしていきますので・・・よろしく・・・

http://www.geocities.jp/wgwxw444/

|

« 海の勇者 バイキング | トップページ | ヴァイキング イギリスのケース »

コメント

その昔、北海道で見た乙女の涙という瀧に掛かる虹を思い出しましたが、
全然桁違いにスケールが大きいのでしょうね~

船の航路に残された波紋…あぁももりさんの感動・興奮が伝わって
来ます! 画面が波打って動いて迫ってきますもの~

投稿: 山桜 | 2008年7月14日 (月) 17時06分

こんばんは!
北欧の情報は、とても新鮮に聞こえます。
ヴァイキングのこと、なるほど面白いですね~。
「海賊」と訳しただけではだめなんですね。
西欧の歴史にそんなに大きくかかわっているなんて。

「ローマ人の物語」によれば、ローマ以外の国はみんな
「蛮族」という表現になっています。フランスもイギリスもドイツも。
何を主人公にするかによって言葉は変わるものですね・・・。

投稿: ちゃぐまま | 2008年7月12日 (土) 01時45分

フィヨールドの鏡のような水面に船の航跡
がきれいな波紋になっていくのでしょう
憧れの景色です 子供に声もかけらない
今の現状は憂いに感じます いつからこんな
国になってしまったのでしょう

投稿: あきみず | 2008年7月11日 (金) 20時40分

滝に掛かる虹、日本の山でも目にした事はありますが、規模が違いますね。迫力があったことでしょう。
自分の子供の頃を思い起こすと、親、親戚、先生、地域の人達、みんなが子供に感心を持っていた気がします。
今は...稼ぐことに一生懸命なあまり、大事な物を置き忘れてきた気がします。

投稿: 秋ぎつね | 2008年7月11日 (金) 20時11分

いや~素晴らしいですね~
先のフィヨルドとこの虹は特に・・・

投稿: もうぞう | 2008年7月11日 (金) 20時08分

滝にかかった虹ですか。素晴らしい風景ですね。
フィヨルドの景色、テレビのを思い出しています。とても広がりを感じる素敵な作品だと思います。
子供たちに気軽に声をかけたり出来ない、ほんとにそうですね。

投稿: kazuyoo60 | 2008年7月11日 (金) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一番クリエイトなことは・・・・:

« 海の勇者 バイキング | トップページ | ヴァイキング イギリスのケース »