« 男の肖像 千利休  塩野七海 | トップページ | 若狭 お水送り »

2008年2月12日 (火)

北野のお天神さん

Kitano001


もう、ずーっとずぅーっと以前から、寒い間は極端に動きが鈍いももりです。相棒なんかはもう諦めて、「爬虫類やなあ」って言っています。巳年です。
 昨日は、キラキラお日様輝いて、おっかなビックリ、自転車で出かけました。北野天満宮・・・・まだ、梅はチラホラ咲き。600円は勿体ないと梅園の周囲を徘徊しました。
 北野天満宮の正面入り口から西側、紙屋川沿いの小道は、ももりの大好きな隠れ道。でも、今日は梅園に入らせないようにでしょうか、通れませんでした。北野神社周辺は、ゆっくり歩くと面白いところです。東に上七軒、西陣、西には平野神社、下がると三千家。光悦作庭の本法寺など・・・そうそう、人形寺で有名な宝鏡寺もあります。宝鏡寺は3月は古いおひなさまの特別展があるはずです。昨日、北野天満宮の宝物館が開いていまして、宗達の龍2双や、豊臣秀頼が12才の時に書いた書とか、秀頼が奉納した絵馬とか、日本書記の古写本、源氏物語とか見てきました。よく聞いた名前がいっぱい・・・
 本阿弥光悦が徳川家康から、鷹が峰の土地を拝領したのが元和元年(1615年)。灰屋招益、千宗旦、松花堂昭乗、古田織部、俵屋宗達らが鷹が峰に光悦村と呼ばれる、まあぁ、今、言うところの芸術家村を結成しました。紙屋川は、その当時紙を漉いていたと聞いています。小さな川ですけど、雑木がいっぱい生えていて、・・・この生えているっていう感じが大好き。手入れの出来ていない鬱蒼と茂った森が好き。それに、このあたりの土地が小高いのは、秀吉が作らせたお土井だっていうじゃありませんか。詳しいことを知らなくて残念です。ヨーロッパよりも前に知らないといけないことがたくさんありそう・・・
(No663)

|

« 男の肖像 千利休  塩野七海 | トップページ | 若狭 お水送り »

コメント

こんにちは
今日、打ち合わせの帰り、デパートや本屋など行き、そこで
中高年の行動を観察、そして買物をしている主婦たち。
やはり、年齢に関係なく、気構えと言うのでしょうか、若くとも
更けたと言うより疲れているように感じました。
外国人は、趣味を持った人は、明るく、人生を楽しく過ごしているな~と感じますが、日本の人たちは、人生を楽しんでいるように感じません。・・・現実的に行動しているように感じました。
やはり夢とか・・もてないのでしょうか。
でも、ももりさんのように日々、探究心あふれている人は、日本の誇りだと思います。日々ブログに書かれている内容など、刺激を受けております。
やはり、物を表現すると言う事、絵画や書画は勿論ですが、書くことも大切だと感じます。
ももりワールド信者の一人です。

投稿: kju96 | 2008年2月14日 (木) 13時31分

なんとなんと涎がじゅわ~っと湧き上がるような素晴らしい散策コース
ではありませんか~ 見たいものが本の中でなく、その目の前に広がって
いるだなんて、心底羨ましいです。

参道の赤い出店の「どんぐり飴」ってどんなのやろか?
こちらでは見かけない名前です。

投稿: 山桜 | 2008年2月14日 (木) 11時51分

もう梅の季節なのですね。
昔、滋賀・長浜の方面に盆梅展を観に行ったことがあります。
1日バス旅行で、ゆっくり出来ました。

投稿: 酒徒善人 | 2008年2月12日 (火) 23時03分

こんばんは、巳年でしたか、私は子年なので寒さにはそこそこ強い...のでしょうか?
今年になって寒い日が続いていますので北野天満宮の梅もまだなのですね。
菅原道真公を祀る北野天満宮、平安の昔は菅公は恐ろしい雷神(天神)だったそうですが、いつからか学問成就の神様に。
京都は何度も訪れていますが、見て回りきれないほどの古刹、名所が随所に。1年くらい仕事も何もほっぽり出して住めたらいいなあと夢見ています。

追伸
トラックバック送らせていただいたのですが届きましたでしょうか。

投稿: 秋ぎつね | 2008年2月12日 (火) 21時31分

ももりさん、下の絵も、北野のお天神さんの絵も素晴らしいな。特に水彩の絵が好きなんですよ。才能がある方は羨ましいな。私に絵が描けたらといつも思います、ないものねだりですね、自分が描けないけど、見るの大好きだよ

投稿: katumi | 2008年2月12日 (火) 21時03分

こんにちは
昨日、長崎のランタンフェスティバルから戻りました。
北野の天神さん・・・日本は、広いですね。
北野天神の梅も一度見なくてはと思っているのですが、
ももりさんではありませんが、日本のことも勉強せねばと
何時も思うのですが、旅の計画をすると・・全てが旅行先の
事で頭がいっぱい。
外国に住む前に京都に1年くらいは住みたいと思っています。

投稿: kju96 | 2008年2月12日 (火) 16時19分

爬虫類だなんて--、私は酉ですが、同じかな?。(笑い)
大昔に入ったことがあります。広い場所だったような--、情けない記憶です。
物語とドラマの中で出てくる人たち、知らないことが沢山です。その知らなかったと知るのも、この頃はブログからも多いです。

投稿: kazuyoo60 | 2008年2月12日 (火) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北野のお天神さん:

« 男の肖像 千利休  塩野七海 | トップページ | 若狭 お水送り »