« ピカソとヒットラー | トップページ | 語学って先生次第 »

2007年10月11日 (木)

スペイン語 再開します

Glass094
 
 もう、15年ほども前になります。カンカンに入れ込んでスペイン語をやってた時がありました。スペインでの個展という目的も、目の前の人参みたいにブラ下がっていましたが、何よりも私が夢中になったのは、まだ若いアラセリ・コッラル先生の授業の素晴らしさでした。生のニュース・・・広い範囲から拾い上げた、文学、映画、科学・・・・・を読む授業です。1週間ごとに3から5枚の、新聞や雑誌のコピーが渡されます。そのどれを先生がとりあげるかは、当日にならないとわからないのですが、その話題の豊富なこと・・・・ルイス・ブニュエル、 エヴィータ 、 タンゴの歴史、  ラテン文学、 時にはエロチックな話題もありました。プリントを渡されて、ナントカ、1週間で読みあげ、傍らで、ラジオのスペイン語やTVのスペイン語もしっかり見ました。 
 一番最初、日本イタリア会館へスペイン語を習おうと訪ねましたら、先ず面接を受けろと言われ、その時は、もう、半年ほどは独学で、やってたのですが、「あなたは、もっと下のクラスへお入りなさい」と言われました。ところが、ももりの時間は、水曜日、一番難しいクラスにしか合わなかったのです。「眠るためだけにでも来ます。この日しか、時間がないのです」   先生の言葉は「眠らせないわよー・・」って感じ。もちろん、何にも解らなかったのですが・・・
 さああ、授業が始まりました。最初は100パーセント理解できませんでした。でも、いただいたプリントを徹底的に辞書で調べ上げ、判じ物のように次の週までに、予習をしたのです。全く、あの時期に、腰も足も弱ってしまった・・・朝、さあ、片付けなくっちゃ・・・と思いながら、スペイン語を、フト手に取ると、もう・・・あっという間にお昼。さああ、買い物にも行かなくっちゃ・・・・あっという間に、夕方です。コケの一念。それを5年間続けましたら、ほとんど、不自由しないほどには、しゃべれるようになりました。6年ほど経って、スペイン人の絵描きとその ご主人が京都にやってきて、ももりの家に泊めて、京都を案内した頃・・・・あの頃が、ももりのベスト・・・その後、先生が代わられて・・・・全く、つまらない、退屈な授業で、定冠詞とか、不定冠詞とか、単数、複数の変化・・・・そんなもん、関係あるかよ???まったく、授業のある日を忘れた事なんて無かったのに、待ちに待って次の水曜日に備えていたのに・・・・けっきょく、払ったお金の事も忘れて止めてしまいました。
 今日の授業は???そして、アラセリ先生は今は????さああ・・・行ってきます。絵はバルセロナ(No590)

|

« ピカソとヒットラー | トップページ | 語学って先生次第 »

コメント

こんばんは!
先のブログで、スペインのステイ先で激論しているのを
そばで聞いて・・・とありスペイン語を
話されるんだなと思っていました。
スペイン語の勉強の仕方がすばらしいですね~。
50の頃でしょ?
やはり努力できるというのも「才能」なんですね。
語学はそれにセンスが必要と思いますが、
本来語学に向いているところもあるのでしょうね。
恵まれた才能をフル活用。実践力にも敬服しています。

投稿: ちゃぐまま | 2007年10月12日 (金) 01時39分

学ぶ事に終わりはないと言われますが、年を重ねてからもなお学ぼうとするももりさんの姿勢に脱帽です。前にもブログでスペイン語がらみで入選されて新聞に載った話もありましたし、ももりさんはスペイン語がかなり出来るんだなと思っていましたが、それなりの猛勉強があったのですね。腰も足も弱るほどに集中して学んだ事は私の半生のなかで何1つありませんね。あえて言えば卒論の時ぐらいかしら、寝食を忘れて勉強したのは。それにももりさんのように、夢中になるほど好きなものもありませんし、今更ながら若い頃もう少し学んでおけばよかったなと悔やみます。スペインのことはももりさんのブログで少し知るようになり親しみを覚えましたので、スペイン語の授業の成果を見守っております。頑張って!

投稿: ミッチ | 2007年10月11日 (木) 22時33分

この絵・ガウディ<サクラダ・ファミリア>ですね。3年前の事思い出しましたよ、素晴らしいですね、スペイン語再開ですか、このチャレンジ精神が好きなんだな、、!
私は若い頃ギターをやっていて、当時のギタリストは皆スペインに勉強に行ったもので、あこがれの国なんです。そして絵画の国でもあり、パリに劣らず芸術の国スペインですね。私は今は、ギターをウクレレに変え、語学も英語を大学で勉強してます、来年はハワイ大学へ研修旅行にも行きますよ、ハワイ文化を学び、ももりさんに負けないように、頑張るよ!いくつになっても夢を持ってチャレンジする方が、大好きなんです

投稿: katumi | 2007年10月11日 (木) 19時01分

こんにちは
仕事が終わるのでブログを開いたらももりさんの
スペイン語・再開の記事・・1時間前から時計ばかり見ている
此方とは異なり”いつも前向き”ももりさんは凄い。
スペイン語は幅広いので勉強するのは良いですね。
今夜は、バロセロナとは反対側ですが、ビスケー湾も
素晴らしいところ・・スペイン出身のサラサーテの音楽を
聴いて記事でも書こうかと思っています。
世界各地に行かれるももりさんにはスペイン語は必須かも
知れませんね。本当に素晴らしいです。

投稿: kju96 | 2007年10月11日 (木) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペイン語 再開します:

« ピカソとヒットラー | トップページ | 語学って先生次第 »