« 映画「ミス ポター」見て来ました | トップページ | 映画 赤ひげ・・・・だったか »

2007年9月19日 (水)

魔女の顔

07030
 今、人道主義とか人権は至上のものですけれど・・・・この世には悪魔も、魔女もいると、TVを見ながらゾッと寒くなることが多すぎます。光市母子殺人事件の犯人はサタン・・・サタンは人間の姿をしているといいます。自分の娘を橋の欄干から突き落とし、お隣のぼうやを殺した女・・・・あの顔は魔女の顔・・・人間の感覚で、サタンや魔女を裁けるのかって???あまりにオソマツなももりの感性でしょうか。
 そのTVの中で、本村洋さんが言っていた言葉「許されるのなら、もう一度結婚したい。子供を残すと言うのは人間の使命だと思います・・・・でしたか、そんな意味のことをおっしゃってました。どうぞ、もう一度幸福になってください。そして、サタン・・人の幸福を、何より憎むサタン・・・を見返してやって下さい。それにしても、サタンを弁護する弁護士・・・・・メタファーな世界では、案外同族なんじゃないの???(No569)

|

« 映画「ミス ポター」見て来ました | トップページ | 映画 赤ひげ・・・・だったか »

コメント

確かにどんな極悪非道な人間であっても弁護士がついて弁護をする。おかしいと思います。長谷川平蔵ならば「一刀のもとに成敗」するのになあと思います。

投稿: 阿武蜂虎蔵 | 2007年9月20日 (木) 04時31分

今朝、父親を斧で殺めた少女の描いた絵を見ました。
私には、赤い富士山に馬の雪形、中腹に矢が突き刺さっているように
見えたのですが、TVの中の人は不気味な魔女が手を広げているように
見えると言っていました。 同じ絵でも見る側で変わって見えるように、
人の心の中も複雑怪奇…鬼畜・魔女に見える犯罪者にも一縷の仏心が
あるのか…改心の余地があるのか…それによって被害者の心が救われる
希望があるのか… 本村さんが幸せになれる道は何処にあるのでしょう。
神様に選ばれた強い人、自らの力でもう一度幸せを手に入れて欲しいです。

投稿: 山桜 | 2007年9月19日 (水) 17時15分

こんにちは
本村さんの映画「天国からのラブレター」が公開され、プレミアに参加した
本村さんの笑顔が印象的でした。これほど母子を愛していたのだと・・彼の人間性に感動しました。
ももりさんの言われるサタンの手先(弁護団)・・この人たちは人間の根源を見つめなおさないといけないと思います。
日本の裁判制度も相当問題ですね。

投稿: kju96 | 2007年9月19日 (水) 14時12分

ももりさん、おはようございます。
光市母子殺人事件の被害者の家族である本村さんには、幸せになってほしいです。こういう犯人が死刑廃止論を訴える弁護士たちに利用されていることに憤りを感じますが、本村さんには事件のことを忘れて第二の人生を1日も早く送っていただきたい。犯人は死刑にならずとも決して幸せな人生を送れることはありません。もしかしたら死刑以上に重く辛い罰になるかもしれません。留置所から信じられないような心無い手紙を友人に何通も書く犯人、そして、こんな強靭な弁護士たち相手に、さらに本村さんが長く苦しむのを見るに忍びないのです。
人道主義と言うと、米国の民主党に見られるような「自分のことは棚にあげて他国を弾劾する」という例を思い起こします。また、人道主義や環境問題は儲かるという嫌~~な実態にも目を向けなくてはならないと思います。慰安婦問題で日本を糾弾する決議案を推進したアメリカ下院のマイク・ホンダ議員(民主党)も、中国系とのカネの結びつきが判明。しかも犯罪がらみのきわめて怪しい中国系人物たちからの献金なのでした。ヒラリー・クリントン上院議員ら同党の有力議員に対して、謎の中国系実業家による多額の献金疑惑も浮上。献金を受けた議員は、このほかオバマ上院議員ら、大統領候補を中心に多数にのぼるそうです。 要するに金で日本を叩いたって構図! 米国民が一番嫌う売国行為ですね。大手マスコミすべてがこの「中国系不正献金」事件を大きく報道しているのに、日本の新聞は産経だけ・・・。米国民主党は中国べったりだということも分かりました。日本の民主党と似ているような(苦笑)

投稿: ミーシャ | 2007年9月19日 (水) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔女の顔:

« 映画「ミス ポター」見て来ました | トップページ | 映画 赤ひげ・・・・だったか »