« 朝青龍さん・・・モンゴルへ帰してあげて | トップページ | NYで個展ですって??? »

2007年8月 9日 (木)

アメリカという未知の国

07033
 ブログに書き込んでくださった、kjuさんのコメントから知った「ターシャ・デューダー」・・・ちっとも知らなかったのですけれど、ブログを渡り歩いてみると 「引き出しの沢山あるターシャは、高齢化となっても、年を取っていく事へ夢や希望、美しさを思い描く事が難しい私達に、「今が一番幸せ」という生き方を見せてくれます」っていう文章を見つけました。これは、これは・・・・早速、図書館へ行かなくっちゃ。
 考えてみれば、アメリカ人作家という意識を余り持たずに、結構、色んな文学に接しています。マーク・トウェイン、マーガレット・ミッチェル・・・ヘミングウエイ、スタインベック・・・・モンゴメリ・・・それに「大地」のパール・バックも確か、アメリカ人だったような・・・・
 絵描きにも、いるいる!!!・・・1950年代くらいからの、熱い抽象といわれた、既存の価値観を破壊したようなものや、ジャンクアートと呼ばれる、くずものをヒラヒラ貼り付けたような、マユツバもの・・は、まあ、NY的っていうことで知られています。あれ程、世間を騒がせておいて、今じゃ、「どうしてくれんの??」って感じですけれど、アンドリュー・ワイエス、グランマ・モーゼス、ジョージア・オキーフなんか、ステレオタイプのアメリカ的では全くない作家も、まだまだ知ってみる必要がありそうです。それにしても、ブログは、本当にお勉強をさせてくれて、うれしいことです。 (No268)

|

« 朝青龍さん・・・モンゴルへ帰してあげて | トップページ | NYで個展ですって??? »

コメント

こんにちわ、ももりさん。

何時もの様にテレビなのですが、ターシャ・デューダーが出ておられました。
自身の子供さんを楽しませる為に創作された事が今のお仕事の(絵本、人形)発端でもあった様です。
広大な庭を自身の手で草木を植えられ、また、手入れされた様で、そこを散歩されるのが好きな様で日課でもあるのですね。
それも最近は、ままならない事を仰っておられましたが、撮影の日は、お気に入りのところまで行かれて、収録に協力されていました。
人間本来の姿の様でもある、全てにおいての自給自足の精神が、本当に身についておられる方でしたね。

投稿: SUKIPIO | 2007年8月12日 (日) 14時44分

ひまわりさん、種を落とす準備ですか! なるほどです^^ 暑さにやられたのかと思っちゃいました。
私はアメリカにあこがれて育った一人です。あの大きな家、広い庭、大きな冷蔵庫・・・アメリカのドラマに見入ってました。大人になってアメリカの恐ろしい面を知りましたが、それでも素晴らしい面も沢山あり、比較的好きな国です。中国よりず~~っといいなァ~(笑) アメリカの小説は、私も結構読みましたよ^^ スタインベックが一番熱心に読みました。
今のアメリカ人は分かりませんが、戦前のアメリカ人の日本人蔑視はすさまじいものでした。もちろん、みんなそうだったわけではありませんが。第二次世界大戦中、自由と民主主義の国アメリカ合衆国にも「強制収容所」があり、それも日本人と日系人専用のもので約12万人もの民間人が財産と市民権を奪われて、10数ヶ所の強制収容所に収容されました。この米国の日系人に対する強制収容政策の裏には、白人の有色人種に対する人種的偏見や差別意識があったことは明らかです。この時期、同じ敵国であったドイツ系・イタリア系のアメリカ人は「お構いなし」の状態だったのですから。そして、原爆投下はかなり前から日本に投下と決めてました。ドイツではなく。京都に落とすという意見もあり空襲を控えていました。日本の文化財保護なんてかけらも思っちゃいませんでした。、「マンハッタン計画」をスタートさせたフランクリン・ルーズベルト大統領は、日本人を“劣等人種”として激しく差別していたことで知られている。一般のアメリカ人の間にも、日本人に対する人種差別意識が蔓延していたそうで、当時の雑誌には次のように書かれていました。「アメリカ人はドイツ人を憎むことを学ばなければならないが、日本人に対しては憎しみが自然と湧いてくる。これはかつてインディアンたちと戦ったときと同様に自然なものだ。」「普通の日本人は知性が低く、無知である。たぶん人間なのだろうが、人間であることを示すような点はどこにもない。」

投稿: ミーシャ | 2007年8月12日 (日) 13時27分

私は何故かこの状態のヒマワリを見るとジーンときてしまうのです。
それは一体何故なのでしょうか?

投稿: 酒徒善人 | 2007年8月 9日 (木) 23時38分

こんばんわ
本当に感じるのですが、もおりさんのように輝いている人は
今が旬なのです。是非、ニューヨークで個展を開いてください。
モモリワールドはワールドワイドです。
年を重ねて、さらに輝く、アメリカはそういう人を歓迎してくれる
街だと思います。そういう意味では発展的です。
アメリカの一番好きなところです。
基本的にはアメリカは嫌いですが・・。南部と北部の田舎は最高です。

投稿: kju96 | 2007年8月 9日 (木) 21時28分

この絵を見て最初「なんかうなだれてる感じ」と思いましたが、種を落とす準備をしているのですね。だから下をみているんだ。ちゃんと生き物の姿には理屈があるんですね。

投稿: 阿武さんのゆきあたりばったり | 2007年8月 9日 (木) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカという未知の国:

« 朝青龍さん・・・モンゴルへ帰してあげて | トップページ | NYで個展ですって??? »