« 今日からアトリエ桃源展 | トップページ | 素人こそ楽しい・・・会場たより »

2007年7月 4日 (水)

会場便り アトリエ桃源展

07tougen_004
 お仲間Kさんの作品「早春」です。どうですか。この美しい色。女性って、お野菜を描かせると本当に良い絵を描きます。毎日見慣れているものがいいんでしょうね。誠実で、濁りのない、本当にお人柄そのものの美しい絵です。
 よく作家が女性を描くとき、顔が、どこか、何故か、奥さんに似てしまうっていいますよ。絵は心を映します。激しい人は激しい絵を描き、神経質な人は神経質な絵を、攻撃的な人は攻撃的な絵を描きます。というより、そうあるべきと思っています。だからぁ・・・指導なんてことはしない、できない。できるだけ、その人そのものの絵にして欲しい・・・です(No612)

|

« 今日からアトリエ桃源展 | トップページ | 素人こそ楽しい・・・会場たより »

コメント

優しい視点を感じる絵ですね。

>絵は心を映します。
私も、そう思っていました。
「指導なんてことはしない、できない。」とおっしゃるももりさんは偉大な先生ですね。

>よく作家が女性を描くとき、顔が、どこか、何故か、奥さんに似てしまうっていいますよ。
そうですか。我が夫が画家でなくてよかったぁ~(笑)

投稿: ミーシャ | 2007年7月 5日 (木) 09時37分

おはようございます。
京都は雨でしょうか。
宮廷サロンの話を書いていると京都が身近に感じます。
ももり理論。
激しい人は激しい絵を描き、神経質な人は神経質な絵を、
攻撃的な人は攻撃的な絵を描く・・・それを導いているのはももりさん。
ももりさんの教室の楽しさが感じられます。
京都は良いですね。

投稿: kju96 | 2007年7月 4日 (水) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会場便り アトリエ桃源展:

« 今日からアトリエ桃源展 | トップページ | 素人こそ楽しい・・・会場たより »