« 宗教は人を救うか・・イギリス便り | トップページ | 文学ばあちゃん イギリスへ行く »

2007年6月17日 (日)

古代人は宇宙人 イギリス便り

Ingland089
 ご存知ストーン・ヘンジ・・・真ったいらなソールズベリーの平原を走り続け、忽然と目の前の現れる不思議な構築物。ストーン・ヘンジ。さあ、飛鳥石舞台と比べて???  古代の人々は、どうして、どのようにして??こんなものを造ったのか???丁度、影が放射状に180度に広がるところもあって、「これはきっと、このポイントが宇宙との交信にピッタリだったのか???」なあんて、科学にはサッパリの、ももりの頭は幼稚です。古代人はこのサークルの周辺を、ハッシシなんか飲んで、狂ったように踊った???なあんて、まあ・・難しいことはかしこい学者サマにまかせて・・(No602)Ingland090

|

« 宗教は人を救うか・・イギリス便り | トップページ | 文学ばあちゃん イギリスへ行く »

コメント

SUKIPIOさんと同じことを思いました。太陽と黄金の都クスコや、謎の空中都市マチュピチュ、インカ文明以前から残るティワナク遺跡、また世界の七不思議に数えられるナスカの地上絵など、インカ帝国の謎。眠れなくなっちゃいますね~(笑)

投稿: ミーシャ | 2007年6月19日 (火) 09時14分

青い空の下に石の構造物が、スケッチそのものの
風景が目に浮かびます 周りに何も無い草原に立つ
石柱群は古代の司祭に思いを馳せてくれます。
イングランドを北から南まで良く廻りましたね、その場でのスケッチもすごい時間的に描かれたのでしょう
やわらかい雰囲気で一つ一つ楽しませてもらっいます。

投稿: あきみず | 2007年6月18日 (月) 20時28分

こういった不思議な遺跡は沢山ありますね、機械でなきゃ絶対動かせないと現代人は思います、当たり前ですよね。
でも動かさなければ!造らなければ!という考えが発明や発見を産むのです。または未来人に考えさせようと、器具とか機械を隠してたりフフフ(^^♪

投稿: nyar-nyar | 2007年6月17日 (日) 21時39分

こんにちは
イギリスに最初に行った時、
ソールズベリー~ストーン・ヘンジは行きました。
イメージは、小さかった印象でした。
2回回らなければならない・・とガイドさんから紹介されたような。
イギリスの南部も良いですね。
アガサの小説、そのものですね。
彼女が生まれた場所もソールズベリーの近くでイギリス海峡を望む
リゾート地でした。
近々ガキがいるうちにイギリスも行こうと思っております。

投稿: kju96 | 2007年6月17日 (日) 15時53分

こんにちは、ももりさん。

世界の七不思議で現存していますのは、ギザの大ピラミッドだけですが、南米のナスカ高原の地上絵、イースター島のモアイ像等、何の目的で作られたのか理解出来ない様です。
古代の人は、石造が得意なんですね。
ももりさんの行かれた所にありますストーンヘンジは、ほとんど知らないのですよ。
ただ、太陽や月の運行を観測するする機能をもっているらしいのですが、このような巨石建造物が造られた目的、この土地が紀元前2500年からずっと聖地として重んじられてきた事、巨石を運び出すプレスリー山脈から遠く離れた、この場所を選んだ理由等、色々な説がある様ですが。
遺跡とその周辺は、ナショナルトラストが保有し、1986年にUNESCOの世界遺産に加えられています。

投稿: SUKIPIO | 2007年6月17日 (日) 14時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/15463154

この記事へのトラックバック一覧です: 古代人は宇宙人 イギリス便り:

« 宗教は人を救うか・・イギリス便り | トップページ | 文学ばあちゃん イギリスへ行く »