« 英国へ行って来ました | トップページ | キャーッ 首切り役人の手は血だらけ »

2007年6月 9日 (土)

泥棒稼業 

Ingland097
 今回、相棒がロンドンの地下鉄の中で、サイフをすられました。「ガタン」と揺れて「ソリー」とか、相棒が言ってると思った次の瞬間「すられたっ」と大声を上げました。とっさに、ももりもキッツーイ目で、精一杯にらみを利かして周囲を見回したのですが、2~3人は目が合ったものの、誰がやったかはわかりません。もっとも、すった財布は、もう別のヤツの手に回ってるでしょうし、騒ぎ立てても、証拠も無い。次の駅で、周囲は何人も降りて・・・でも、まあ・・・サイフにはその日の昼飯代くらいしか入っていなかったし、カードは「使われた形跡は無い」とのこと・・・ヤレヤレ・・・
 以前、マドリッドでは、一緒に歩いていた友人がバッグをすっかりひったくられました。あっという間もない、見事というほどの早業です。前から若い男性が2人、楽しそうにジェスチャータップリに話しながら歩いてきます。すれ違いザマ、パッと手が・・・横に歩いていたももりにも、「キャアーッ!!」と彼女が叫んだ以外、何が起こったかも分かりませんでした。かわいそうに友人は、パスポートから、カード、現金、一番どうしようも無かったのはトランクのキー・・・あの時は、パスポートの再発行で、彼女は丸1日つぶれました。ホント、泥棒稼業はレッキとした古典的な商売です。いつ、誰にでも、起こることです。皆様、お気をお付けアソバセ。スケッチはホースガード、ここからバッキンガム宮殿の衛兵が出発します。
Ingland102
スケッチは「自然史博物館」ここも、入場は無料・・・大したもんです。(No595)

|

« 英国へ行って来ました | トップページ | キャーッ 首切り役人の手は血だらけ »

コメント

素敵な絵が続いてますね~
先月、甥がフランスへ行きましたが、パリでお友達が写真を撮っていた時に、お財布を盗られたそうです。お目々がレンズに釘づけの時は要注意みたいです。
入場料無料というのは嬉しいですね。太っ腹!

投稿: ミーシャ | 2007年6月11日 (月) 08時50分

女王の国イギリスと言えどもやっぱり外国!
怖いですね、観光ガイドなどにも書いてありますよね、お金は幾つにも分けて所持した方が良いと。カードやパスポートも言わずもがなです。
ももりさんに被害が無かったので安心しました。

投稿: nyar-nyar | 2007年6月 9日 (土) 21時07分

英国の麗しき春彷彿と浮かぶももりが媛のスケッチ 丹人

投稿: Akahito~友部丹人 | 2007年6月 9日 (土) 19時06分

自然史博物館は、e411yの旅でロンドンで宿泊したホテルから歩いてすぐの処にありました。
日本には無い立派な博物館ですよね。
地下鉄の思い出は、ロンドンでは事故?で地下鉄が止まってしまい、どうやってホテルまで戻ろうかと悩んだこと。
パリでは数人で酔っ払ってホテルに戻る途中の列車で、現地の不良少年達?に囲まれて話し掛けられたことです。被害はなかったのですがね。

投稿: 酒徒善人 | 2007年6月 9日 (土) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/15365056

この記事へのトラックバック一覧です: 泥棒稼業 :

« 英国へ行って来ました | トップページ | キャーッ 首切り役人の手は血だらけ »