« 冬の龍安寺 石庭 | トップページ | 対決 細木数子と田島陽子 »

2007年2月 2日 (金)

さては 時ぞと 思うあやにく

 「早春賦」、大好きな歌です。
   氷 融け去り 葦は角ぐむ
   さては 時ぞと 思うあやにく
   今日も 昨日も 雪の空 
   今日も 昨日も 雪の空
どうも、季節感がない暖かい日々が続いていましたが、今日は朝から京都は雪。雪って、全てを清めて新しくしてくれるって・・・誰か・・言ってたような・・・
 節分と言えば壬生寺の節分が有名です。ももりは壬生の住人。厄払いの「ほうらく割り」をスケッチに行きましょうか。でも、夜しか時間がとれないしなあ・・・雪が吹き込む夜の石の客席からスケッチははキッツイなあ。今日はこれから園部へ。あの小さな小山を越えて、トボトボと雪道を・・・歩くことになります。まああ、それも酔狂といきましょう・・スケッチは先日、植物園で見つけた福寿草とクロッカス(No510)
07syougatu_067_1

|

« 冬の龍安寺 石庭 | トップページ | 対決 細木数子と田島陽子 »

コメント

ももりさん、こんにちは。
福寿草にクロッカス、見ているだけで気持ちが明るくなれます。
忘れかけていましたが、「早春賦」はいい歌です!
ネットでも今はすぐ試聴できるので便利ですね。
いい歌が沢山あります・・・「琵琶湖周航の歌」「浜辺の歌」「椰子の実」
「荒城の月」「夏は来ぬ」など、普段は耳にしませんが心にしみる曲です。

投稿: ミーシャ | 2007年2月 3日 (土) 16時22分

ももりさん、今晩は。京都は雪ですってね。ニュースで知りました。こちら仙台も今年初めて、今日4センチほど降りました。全国的に今日は寒かったみたいで、久しぶりに冬らしい感じでしたね。
ああ、「早春賦」って私も大好きな歌です。寒い寒いと重い心で買い物をする商店街に、早春賦が流れてくるとせつないような、心ときめくような・・・・・春を待つ心ですね。「さては時ぞと思うあやにく」文語体が心に染みます。
ももりさん、早速スケッチブック持って植物園にいらしたんですね。
福寿草もクロッカスもこちらではまだ見られません。春の花ですね。ああ、早く咲かないかな。

投稿: ミッチ | 2007年2月 2日 (金) 23時31分

↓龍安寺は行ったことあります。石のお庭が有名ですね!
早春賦 懐かしいです、学生時代に良く歌いましたから。好きな曲です!毎日寒い寒いと言いながら(口癖になっています)暖かくて良いんだか悪いんだか、イヤ悪いのよね。北極の氷が融けてシロクマが溺死しているとか。地球最後の日も近いかも!

投稿: nyar-nyar | 2007年2月 2日 (金) 23時15分

 私も昨日「早春賦」の鼻歌まじりで植物園をふらついてました。
そうか、そういう時にスケッチブックを持って歩けばいいんですね~

 そこでであった福寿草は、まだももりさんのスケッチのように
開ききってなくて、おくるみから顔を出した赤ちゃんのようでした^^

投稿: 山桜 | 2007年2月 2日 (金) 12時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さては 時ぞと 思うあやにく:

« 冬の龍安寺 石庭 | トップページ | 対決 細木数子と田島陽子 »