« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月27日 (火)

フランスの画商

026_1
 絵が好きっていう方、フランスの絵の方が日本の絵よりはるかに良いと思ってらっしゃいませんか??日本人は印象派が大好き。でも、ももりに言わせると、日本の絵のレベルは決して低くはありません。ニューヨ-ク、パリ、ロンドン・・・絵を見て歩きました。美術館の絵じゃなく、売り絵を、です。日本の絵がそうそう見劣りするとは思えない。イィエイエ、これはももりの個人的なことを言っているのではありませんよ。印象派、とか、エコールド・パリとか、アール・ヌーボーとか、実に上手く売り込んだフランスの画商がえ・ら・い。ひと昔前の日本の金満時代、アンディー・ウォーホールなんかを3億円も出して、買い込んだバカもいた。そんなカネがあるんだったら、もっと日本文化を世界に売り込メよッツーノ。フランスは、ブランド作りが実にうまい。ユトリロだって、幼少の頃からアル中で、・・・これは寝付かない子供に、ミルクの中にワインを混ぜたりすることは結構日常的なことだったらしく・・・治療のために始めたお絵描き。最初は教会の外壁に立てかけて売っていたって言うじゃありませんか。印象派は素人です。未だ、ナポレオンの時代なら修業を積んだ絵描きの仕事でしたけど・・・しかし、放蕩児をしっかり取り込んで芸術家に仕立てたのは、パリの画商、パリという街なんです。先日、駅美術館で「エコール・ド・パリ」ヘミングウエイと絵描きたち展 を見ました。放蕩無頼の絵描きたち・・・世界中の一流美術館にパリの素人絵描きたちの絵を売り込んだ・・その画商の凄腕と国策が日本と違うと思うのです。でも・・・ももりメも・・印象派は大好き・・・スケッチはセザンヌのアトリエ(No526)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

京都水彩展

07syougatu_088
 昨日とおととい、京都水彩展の準備に没頭。審査の隅っこの方の1員です。毎年、新しい人たちが応募してきます。新しい人たちの新鮮な感覚に心を現れる思いがします。年とともに、段々絵を作ることがイヤになってきているももりにとって、もっと自然な、子供に戻って絵を描くというのが憧れです。展覧会では、どんな魅力的な絵に出会って、あこがれても、真似は出来ません。良心の問題なんかじゃなく、どうしても、人のような絵は作れないのです。今回の出品予定の絵が、もうイヤになっています。もう、絵を変えよう・・・といつも思っている・・・でも、・・・それが・・・ム・ツ・カ・シ・イ・・・(No525)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

もう一度 お水送り

07syougatu_093
人間が真っ暗闇を忘れてしまったこと・・・暗闇は、かつて、怖ろしく、未知なるものに満ちていました。・・・やたらと明るい夜に慣れてしまった人が、「何もかもを知っている」とでもいうような錯覚と、愚かな増長に落ち込んだのではないでしょうか。もう一度真っ暗闇を見つめる・・・こんな行事が若狭神宮寺のお水送りの行事です。奈良のお水取りに先立ち、水を送る・・・まああ、水は海へ流れるのだから、若狭へは流れない・・・なんて言わないで・・・真っ暗な田んぼの中の道を小さな松明の灯が前も後ろもズーッと続いて、・・・このまま冥界にまで・・・??と思う、幻想的な光景です。もう10年以上も前でしたので・・・変わってなかったら良いのにと、思いつつ・・・詳しくは
07syougatu_09407syougatu_096

http://www.city.obama.fukui.jp/maturi/omizu.htmももりのHP、旅のスケッチ、国内編に載せていますので、興味のおありの方はそちらへどうぞ。ほとけ様は羽賀寺(No524)
http://www.geocities.jp/wgwxw444/nara/index.html

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

京都迷子  梅探訪

07syougatu_084
 京都の楽しみ方のおススメは、何と言っても迷子になること。暖かい春風にさそわれて、又、ももりは迷子になりました。ママチャリに買い物袋とスケッチブック。なあんて気持ちがいい!!!見事に咲き誇る菜の花・・・・桂川の土手を走り回りました。昨日のメッケモノは”梅宮大社”松尾大社に近い梅津という所ですが、あまり知られていません。かく言うももりも、お庭に入ったのは始めてでした。ところが・・・これが素晴らしかったんやなあ。馥郁とした梅の香の中、オ・オ・オ・・・なんてうれしい!!!野性味が強く残っている所が好き。ももりはあまり、ツルッツルに磨き上げた雑草一本も生えていないようなお庭は好きじゃありません。そこへいくと、この人影まばらな、広大なお庭は、程ほどに荒れているのがうれしい。雑草だって、生きとし生けるもの・・・愛おしい営みです。
07syougatu_085
日本史に登場する橘諸兄・・・確かに聞いたことある名前やなあ。その母、県犬養三千代(アガタイヌガイミチヨ)が橘氏一門の氏神として祀ったんですって。年老いた庭師が一人「どうぞ、入っとくりゃっしゃ」ってお茶室に近づいた私に声をかけてくれました。「庭師って、ほんとにええお仕事ですねえ」って言ったら「そうですなあ」って。ホント、うれしかったあ(No523)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

ソドムの街を出てエデンの園へ

07syougatu_080
この絵は3月6日(火)~11日(日)まで、京都水彩展に出品する絵です。展覧会に出品する絵は、ちょっと特殊かもしれません。何か、テーマを持ちたいとか、テクニックに凝るとか、ちょっと”工夫コンクール”とでも言いたいような新しさを求めるって部分があります。観るほうに取っては、「なんじゃい??この絵は???」って違和感が付きまとうでしょうね。少なくとも、買い取ってお部屋に飾りたい絵ではない。尤も、売れる絵を描ける人もいるってのは悔しい所で、ちょっとは負け惜しみかも??・・・しれへんなあ。
 ももりのテーマはこのところズーッと「ソドムの街」 この街は実在しません。旧約聖書に有名な悪徳の町、人間が増長し、神の領域までも犯すに至る・・・ある日、突然、神の怒りの火が降り注ぎ、街は破壊されます。現代文明も、もはや、神の領域を侵しています。人間の増上慢が限りなく不安です。側々と迫り来る自身の老いの日への不安・・・・・・このテーマで、約10年か???もう、そろそろ”エデンの園”に変わりたい!!!画材はテンペラ。100Fです(No522)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

おひなさま

07syougatu_074
 今、東欧の本、いろいろ読みかじっています。チェコ、ハンガリー、クロアチア、スロベニア、ルーマニア、セルビア・・・この春、スロベニアとクロアチアへ行けそうだから・・・・図書館で、時に居眠りしながら・・・ももりのゴールデンアワーです。この地も、有史以来、民族が渦巻くように動き、戦い、強いものは常に弱いものを食い・・・大陸の小国の運命の有為転変は日本の比ではありません。新しいところでも、ナチスドイツの支配から、次の支配者としてやってきたソ連の統治の無慈悲さ。スターリン以来のソ連のやってきたことを改めて、もっともっと近代史として取りあげ、検証しなければならない時期に来ていると思います。隠されていた膨大な被抑圧者の実態、共産主義という名の独裁って・・・お・そ・ろ・し・い・・・ナイトメーヤーか白昼夢か???共産主義なる理想郷なんて・・・ありえなかった・・・らしい。日本だって、左寄りこそインテリって言う時代も、たしかに、かなり長くありました。ひるがえって、我が家のおひなさまは山口県の大内びな。なんとも、おっとりと品良くて大好きです。(No521)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

「ベラ・チャフラフスカ」最も美しく 後藤正治 文春文庫

07syougatu_078_1
 しっかり、ずっしりと読み応えがあるドキュメンタリーです。東京オリンピックの時、息を飲んでTVを見つめたあの美しく気高い、女子体操の女王、ベラ・チャスラフスカ。彼女のその後は苦難に満ちていました。彼女が共産主義政権下のチェコスロヴァキアに生き、その後の「プラハの春」と呼ばれた民主化運動の華として存在し、再び戻ってきたソ連の圧制と弾圧の下にどう生きたか。作者は4年毎のオリンピックを横軸に、その当時の東欧諸国の体操選手、ムラトワ、コマネチ、ラチニナ・・・などの生涯を描いて、共産主義政権とソ連の実態を鮮やかに描き出しています。
 プラハには2回行っています。パックツアーでしたけれど、自由に歩き回ったこともあり、チャスラフスカのことは常に、頭のどこかにありました。誰に聞いても、「今は・・・神経を病んで、病院にいる」くらいにしか聞こえてきませんでした。しかし、克明に訪ね歩いて取材した作家は、4年周期の、その時代を写す鏡のような、オリンピックの女子体操の花々を描くことで、ソ連の悪政をくっきりと暴いています。スケッチはプラハ旧市街広場(520)079

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

映画 禁じられた遊び  

07syougatu_075
 昨夜のBSで見ました。名画は何度見ても名画です。あの映画は第2次世界大戦下、ドイツが盛んにフランスを爆撃しています。パリから脱出する民衆の群れ・・・この映画は1940年に設定しているといいます。イギリスとフランスがドイツのポーランド占領に抗議して宣戦布告したのが1939年。ドイツ軍がオランダ、ベルギーを通過してフランスへ侵入したのは1940年の5月。フランスは開戦9ヶ月で降伏します。パリが連合軍の手で解放されるのが1944年8月25日、4年間、ドイツの占領下にありました。
 両親を爆撃で無くした少女というよりはもっと幼い幼女と、その子を助けて家へ連れ帰った農家の少年の一家。パリ近郊の農家でしょう。フランスでは今でも、あの映画のような農村が点在しますね。暗い夜、焼夷弾が遠くに花火のように不気味に妖しく光っています。・・・物語は余りにも有名ですので省略しましょう。
 でも、ごきぶりからねずみまで生き物全てに十字架をという少年の一途な思い、思春期前期の恋とも言える激しい一途さと怒り。農家から孤児院へと、パリに連れ戻された少女のその後は??・・・結局、又、保護されて孤児院へいくのでしょうけれど、あの十字架を盗んで、川へ放りこんでしまった少年のその後の人生は・・・胸が痛い。なんとも素晴らしい子役2人。本当にあんなストーリーを創作できるっていう人間の能力の素晴らしさ。 
 その同じ人間が、今も地球のあちこちで戦争をしています。為政者や武器商人たちの遊び・・・禁じられた遊びが全ての不幸の元凶なのです。スケッチはベルリンの朝焼け(No519)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

ホンネ・・・

07syougatu_045
 何を言ってんだかさっぱりわからへん前原議員の国会質疑。こちらが頭が悪いと言うだけでは説明できないんじゃない???ワーキングプアって・・・??機械が仕事をする分、人間は楽になるって言ってたよね。でも、機械は人間の簡単な手仕事がゴッソリ盗っちゃった。一生おせんべいを焼いて、1日おせんべいを引っくり返して、誇りを持って生きられた時代の方がよかったんじゃあない???
大体、人道主義って・・・ありうるのかなあ。力こそが牛耳ってるってのがホントじゃないのかしら。なあんて、少々ウツ・・・(No518)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

運命論者

06122064
 私はどちらかっていうと運命論者やなあ。自分に運命を変えるような大きな力があると思えない・・・から、ムリをしないってことでやってきた。今、受験シーズンです。塾へ入れてシゴいたって、そりゃあ、少しは一次的には通知簿があがるかもしれないけど、底力をあげるってわけじゃない。ザルに入れた砂利をトントンと均したら重い石ほど下に行くように、社会に出たら、あっという間にバケの皮は剥がれると・・・多くを望み過ぎないようにってやってきたけれど・・・今、それで良かったのかしらって・・・悩み事持っています。何にも無いような静かな顔して、静かに悩もうと・・・思っているんだけど・・・(NO517)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

「オシムの言葉」 木村元彦著  集英社インターナショナル

07syougatu_073
 サッカーJリーグ監督、セルビア生まれのオシム。今、この本を読み込んでいます。凄い人やなあ!!この春、ももりはクロアチア、スロベニアのパックツアーに申し込みました。クロアチア・・・民族紛争の地やなあっていうくらいの知識しかありません。泥縄式で、目下、予習中。その途中でオシム監督を知りました。
サラエボといえば、第1次世界大戦はサラエボでオーストリア皇太子夫妻がセルビアの過激派の一青年に公衆の面前で射殺されたことから始まりました。1914年6月28日のこと。戦争はあっという間に拡大しました。「西部戦線異常なし」って名画がおすすめ・・・ゼヒゼヒ。
 オシムがサラエボで生まれたのが1941年(ももりメが生まれた年)5月6日。第2次世界大戦が始まった年です。オシムが生まれる1ヶ月前、ドイツ軍はユーゴスラヴィアに侵攻。首都ベオグラードは11日間で陥落。ボスニアはドイツとイタリアの占領軍の傀儡国家「クロアチア独立国」に編入された、と、あります。この時、パルチザンとして戦ったのがかの有名なチトーですって。さああ・もっともっと知りたくなりました。チェコとハンガリーは覗いたことがあって、クロアチア、スロベニア・・・その旅を楽しみに、今、生きてるって感じです。サラエボがセルビア人に攻撃されていたのはまだ記憶に生々しい。TVの映像が目に残っています。(No516)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

多数決はいけないことなの???

06122_061_1
 昨日の子供達との会話・・・ちょっと聞き捨てにできないなあ。
「多数決っていかんのやでえ」
「ええっ!!!なんでぇ??」
「だって、みんなの意見が同じになるように説得して、全員一致にならなあかんのや」
「エエッ!!それって怖い。違う意見やったらどうするのん??」
「だからぁ・・みんなで説得」
「それって、イジメちゃうのん??」
「だって、全員一致やないと決めたことでけへんやん」
「そんな、だってぇ・・・それでも地球は回るって・・言い張って殺された人かていたんやでえ・・・エ・エ・エ・・・と・・誰やったかいなあ??地球は回らへんてみんなが思うてた時に・・・結局、その人が正しかったんやないの。でも、殺されたんとちごたかなあ??」
相手は小学4年生が2人。違う学校へ通う子ですが、ピッタシ同じ、一致しています。これって・・・良いんでしょうか???偶然の一致とは思えない・・・純真な子供たちに、何が・・・
少数派の違った意見を、違ったまま、それでも尊重しつつ、折れ合っていくってのが多数決でしょう。少数派にとらわれるあまりに、全員一致までこぎつけるとなると・・・これは全体主義に通じませんか??教育現場って、やっぱり、ちょっとおかしいのでしょうか??(No515)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

温泉かぁ・・いいなあ

Syougatu068
 ブログを散歩していると温泉に行ったという記事が多いです。温泉かぁ・・・いいなあ。もう、長いこと行ってないなあ。ももりの国内旅行は、亭主の言いなりです。亭主はなんだって決めたがるタイプ。停年から大分なるのに、今も張り切って働いていて、「今までのご恩返しや」とか、「死に花咲かせてんねん」とか言っています。だからぁ・・・嬉しくも、ももりはワークアフォリックのメリーウイドーってところなんです。でも、温泉も・・・ええよなあ。おいしいもの食べて、何よりおいしいお酒をちゃんとお世話してもらって飲みたい。お酒大好きなももりですけど、主婦してると、「さあ、おいしい熱燗・・・ゆっくり・・・」と思った途端に「冷蔵庫にあれあったんちゃうか」とか「ほら・コゲくさいでえ」とか・・・お酒って人にお膳立てしてもらってこそゆっくり味わえるもんですよねえ。ホント、お酒飲むときだけは、シンソコ、男に生まれたかったももりです。(No514)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

真綿でくるんで くるんで・・・でも・・・

07syougatu_069
 衛生状態も最悪で、殺されかねない酷い状態の中では、女達は実にたくましく子供を生み、子供も野生的生命力を発揮してたくましく育っていきます。一方、文明が進んだ先進国の女性たちは、お願いしても子供を生もうとはしません。これって、福島瑞穂議員や田島陽子氏の言うような人為的次元の現象ではなくて、もっと大きな自然の摂理なんじゃないでしょうか。 バッタの大量発生なんか、種って滅びそうになると大発生するんでしょう??? バッタと比べて失礼の段お許しください。
 一方、イジメ問題。真綿でくるんで、又、くるんで・・・そしてたくましい子が育つんでしょうか。みんながいじけて人の顔色ばかり伺って何にも言えないなんて・・・いえいえ、先生にだけは言いたい放題かも??これでは、言語能力も、ケンカ能力も著しく衰えます。そんなことで、あの、厚顔無知なる諸外国と渡り合えますか???ケンカ能力をこそ養ってほしいももりです。(No513)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

どんな顔して、人を攻める???

07syougatu_068
 前回のブログ、柳沢大臣の発言と、攻撃する女性議員の対決??対決というもおこがましい。大体、福島瑞穂さん。旧社会党って「拉致は存在しない。武器を持たない国には他からは攻めて来ない」って言ってたんじゃあなかったですか???断っておきますけど、柳沢大臣の発言を擁護しようなんてこれっポッチも思っていませんよ。土井たか子さんの言ってたことはどう釈明するんです???
八つ当たりついでに、中国やフランス、あの国々は武器の輸出国です。フランスって本当に商売がうまい。カルダンやグッチ、・・・なんか知らないけど日本人は目の色変えて買ってる。でも、、あの国は大変な武器商人なんですよ。中国もそう。子供達を傷つけた地雷の大半は中国製。中国の首脳がアフリカ歴訪・・・あの地雷を売りに歩いてるんちゃうかなあ???って思ってしまうって過激でしょうか。巨大商社が、マグロを中国へ売ってる。日本へ売るよりよっぽど金になるから・・・やっぱり、国を愛するっていう視線が乏しい???愛国心って必要なんじゃない???老婆心であって欲しいです。ちょっと乱調子のももりです。スケッチは植物園の寒ぼたん(No512)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

対決 細木数子と田島陽子

07syougatu_046
 昨日、園部のお教室でのおばさんたちの会話から
「柳沢大臣って、ホント、センス無い。あの後も、何やら釈明するのに”女性の大切な部分を傷つけて・・・”とか言うたんでしょう??それって、いやな響きやない???」
「ホント、機械より、もっとイヤらしい。卑猥やわあ」
「でも、それで審議拒否っていうのもなあ。あんなのが女性の代表ですって顔してギャーギャー言ってるのも、もっとイヤ」
「そうそう、そんなショーモナイことグダグダ言ってられるような状況か??」
「細木数子がネ、談合は必要ですって言ってたよ」パッと反応したのが2人
「そう、絶対必要!!!汚職が悪いのよ。自由入札なんか、何をされるかワカラヘン。失業者も増えるし」
「このあたり・・・一ぱい道作ってるけど・・・あれって土建屋の仕事作ってるだけや」
どうですか???普通の田舎のおばさんたちの会話ですよ。そこいらの政治評論家やマスコミなんかよりも、よっぽど鋭いトコ突いてるって思いませんか(No511)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

さては 時ぞと 思うあやにく

 「早春賦」、大好きな歌です。
   氷 融け去り 葦は角ぐむ
   さては 時ぞと 思うあやにく
   今日も 昨日も 雪の空 
   今日も 昨日も 雪の空
どうも、季節感がない暖かい日々が続いていましたが、今日は朝から京都は雪。雪って、全てを清めて新しくしてくれるって・・・誰か・・言ってたような・・・
 節分と言えば壬生寺の節分が有名です。ももりは壬生の住人。厄払いの「ほうらく割り」をスケッチに行きましょうか。でも、夜しか時間がとれないしなあ・・・雪が吹き込む夜の石の客席からスケッチははキッツイなあ。今日はこれから園部へ。あの小さな小山を越えて、トボトボと雪道を・・・歩くことになります。まああ、それも酔狂といきましょう・・スケッチは先日、植物園で見つけた福寿草とクロッカス(No510)
07syougatu_067_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

冬の龍安寺 石庭

07syougatu_072
 暖かい冬です。先日、自転車で、さああ・・・45分??くらい。龍安寺へ行ってきました。じつは、このお寺の有名なお庭、ももりにはその良さがわからなかったのです。何度か訪れました。でも、あの小さなお庭を無理に大きく見せようとした土塀とか・・・人、みなが「良い」と言ってるのに、ももりには理解できない。無粋なことよ・・・と思っていたのです。でも、今回、ちょっと、見方が変わりました。人気の無い、広大な敷地は後ろの衣笠山を取り込んで、悠々とした借景です。ゆっくり歩きながら山門を入って、あの石庭に対峙してみると・・・お・お・お・・・あの土塀が色鮮やかで、枯山水の石も、ほのかにその色を主張しているらしいのです。きっと、今までは、紅葉や、新緑や、桜の頃に来たからか・・・ちっとも色を感じなかった。今、この冬の光の中で、苔も茶色くやけて、周囲も枯れ枝で、色彩と言うものが無い。少しは、ももりも高尚になれたのでしょか(No509)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »