« 叡展 東京近代美術クラブ1F | トップページ | 東京へ 「叡展」から »

2006年11月25日 (土)

ひっそりと 秋の精

Nisikamo_005_2
風の強い日でした。落ち葉をはいていたのです。ヒラヒラと舞う落ち葉の中に、ヒラヒラと・・・ヒラヒラと・・・ちょっとちがう動きをする一葉が・・・ア・ラ・ラ・・・こんな模様が見え隠れ・・・
Nisikamo_002_1
ア・ラ・・ラ・・・動きを止めると・・・こんな・・・まるで、落ち葉・・・
ひっそりと こんな風に 秋の精はこの世から消えるのでしょうか。わたしも、いつか、だれの手も借りずに・・・・こんなに静かに・・・次の日、ア・ラ・ラ・・・どこにもいない  
そして、その次の日、コンクリートの上に・・・(No468)

|

« 叡展 東京近代美術クラブ1F | トップページ | 東京へ 「叡展」から »

コメント

ももりさん、こんばんは。
おつかれさまです。

落葉の季節になってきましたね。
こういう蝶に気づかれ目を留めるももりさんに、
私も影響されたいです。その繊細さと優しさに♪

投稿: ミーシャ | 2006年11月27日 (月) 01時17分

こんな蛾!?蝶!?がいるんですね。
初めて見ました。
落ち葉掃き・・・。
私もしなくちゃ。

投稿: はち | 2006年11月26日 (日) 20時20分

アララ!擬態ですね、よくこんな小さいものを見つけましたね。普通だったら見過ごしてしまうのに。
昨日から展覧会でお忙しいのでしょう?昨日は息子が来ていて・・
今週は健康診断もあります、でもきっと伺いますからね!

投稿: nyar-nyar | 2006年11月26日 (日) 17時07分

 ももりさん、こんばんは。

この蛾は本当に落葉の妖精のようですね^^
蛾にも色々な種類があるようですが
「黄色の帝王蛾」ってこんな感じなのでしょうか。
でも落葉の中に潜んでいたとは。。
ホント、よく見つけましたね。
ももりさんの優しい瞳に出会えて蛾も喜んでるみたいです。

明日から東京ですか。
慣れない場所で二箇所とは大変ですね。
時間があれば是非お邪魔させて頂きたいところなのですが残念です。
どうぞお気を付けて。。

投稿: プラム | 2006年11月25日 (土) 22時33分

この蛾は本当に秋の妖精のようですね。
よく気がつきましたね。
本当にこの蛾の羽が葉っぱのようです。
自然の造形がこんなに素敵で凄いと改めて思いました。
明日の東京、大変でしょうが、楽しみでもありますね。
ソドムの街の絵もガラス絵の女性も個性的です。
このももりさんの迫力ある本物の絵を見に行ける人はいいですね。
東京へ気をつけて行ってらっしゃい。

投稿: 浜辺の月 | 2006年11月25日 (土) 22時12分

なんだか、神秘的な秋の精・・・・・、ももりさんの慈愛に満ちた目で
じーっと目を凝らしている様子が目に浮かびます。
いよいよ明日から東京ですね~。2会場に出展されているなんて、凄いですね。もう何十回も出展されていても、皆さんの目を意識して会場を覗く緊張感みたいな物ってありますか?ソドムの街は本当にももりさんの代表作ですね。お疲れになりませんように、東京を楽しんできて下さいね。

投稿: junちゃん | 2006年11月25日 (土) 16時46分

◇ももり媛 貴簡拝掌す いと有難し
お問い合わせなる件につきて この場を借りて応える無礼を許し給へ
さて「澣」の字なり
・・・平成18年11月中澣・・・
予 いずれの御方なるは定かでなかりしも落款に「上澣・中澣・下澣」書かれたるを見るに
これ十日を旬といふに同じ意味として捉へきたる
読みは「カン」ではなかりしか・・・
不安を覚へ 今 大漢和辞典(諸橋轍次著)第七巻の二百九十二頁を開ける
其に記される内容此に示さん

*読み・・・カン ガン
①すすぐ。あらふ。衣の垢を洗ふ。
②足をあらふ。
③上澣・中澣・下澣は,上旬・中旬・下旬をいふ。唐時代の官制が十日目毎に一日の休暇を賜はつて,私宅で沐浴休息した故,月三度の休日を上澣・中澣・下澣といつたのに本づく。
④浣に同じ。 

投稿: あかひと | 2006年11月25日 (土) 10時05分

ももりさん
紅葉が終われば、落ち葉に枯れ葉・・・
集めて焼き芋して元気出しましょうよ!

投稿: 酒徒善人 | 2006年11月25日 (土) 09時54分

◇ももり媛 おはやふにござる
予「ももりの枯れ葉物語」
かやふなる自然の機微に心寄せたる媛の御心に感激すなり
生くも逝くも自然・・・是 予も理想とするところなり

吹く風に舞ひて踊れる枯葉枯葉 蛾も枯葉羽もちて遊べる
寒き朝 密に逝きたる蛾のありき枯葉の羽に身を包みつつ
 

投稿: あかひと | 2006年11月25日 (土) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひっそりと 秋の精:

« 叡展 東京近代美術クラブ1F | トップページ | 東京へ 「叡展」から »