« マドリッドのルカ-20 | トップページ | 動物的なカンをみがけ!! »

2006年7月27日 (木)

マドリッドのルカ-21

Hura14
 明日の飛行機に乗るというルカに見送られて帰国した私達。あくる日の朝である。添乗員から電話が入った。
「ルカさん、飛行機に乗られてないんです」私は腰の力が一瞬抜けるような気がした。とりあえずルカの母親に電話をかける。母親のうろたえ、取り乱した様子が受話器の向こうに大写しに見える。
「どうしよう。もう、ダメだわ。あの時一緒に連れて帰って来るべきだった。荷物なんか、みんな捨てて・・・」
「でも、コンピューターの故障ってこともありうるわよ」
「もう気休め言わないでよ。男の所へ帰ったんだわ。あんなバカだと思わなかった」
「私の家へいらっしゃいよ。成田でもう一度添乗員が確かめてくれるって言ってるんでしょう」
 彼女はやって来たが取り乱している。マドリッドで引ったくりにすっかり盗られた時だって、かえって彼女は私に気を使っていて、気丈な母親と思っていたが、彼女は泣いていた。
「お父さんに可愛そうなことした。あんなに喜ばせちゃったのに。どうして、飛行機に引っぱりこまなかったんだろう」
 ジンの部屋に電話したと言う。「ルカ、ハポン、ルカ、ハポンって眠そうな声で言うのよ」全く、眠そうとは何事か。人の気も知らないで。しかし、ジンが知らないとなると??ルカは一体どこへ?もう一度、ジンに電話しようとする私に母親は、弱々しく首を振った。
「もう、ルカがマドリッドにいること、ジンに知られたくないの」
 私は言うべき言葉を持たなかった。母親は父親からの連絡もあるだろうと家に帰り、わたしも落ち着かない時間を過ごした。午後3時、ルカから電話が入った。私たちの心配をよそに、彼女はキョトンとした声で言ったものだ。
「どうして??ちゃんと飛行機に乗っていましたよ」
 ルカはこうして、日本に帰った。しかし、若い彼女の悲しい恋はこれで終わったわけではない。完(No376)

  長いことありがとうございました。

|

« マドリッドのルカ-20 | トップページ | 動物的なカンをみがけ!! »

コメント

ヤレヤレ!なんて事!ルカちゃんはっ!親の心子知らずとは言うけれど、何かルカちゃんの気持が今一分からない。一体全体どうしちゃったのよ。
何か手違いが有ったのね、ってそれは分かるけれど。一先ず安心できました。ももりさんも長い間お疲れ様でした。

投稿: nyar-nyar | 2006年7月28日 (金) 14時43分

長いこと「マドリッドのルカ」読んで下さって有難うございました。続編も書けそうですけど、やめましょう。ルカは今はホントにあわせな母しています。とも角、ホンモノのサギ師ってものを見ましたね。その後も、たかりにたかって・・・でも、日本へくるお金は無かったらしいのが良かった。若い娘さんたち、気をつけてくださいね。コスタリカなんかへ売られたら、もうおしまいですよ。

投稿: 山口ももり | 2006年7月28日 (金) 05時41分

ルカを救い出したい母と、それを導いたももりさんの想いと勇気!  本当にこれが現実なのかと・・・ 今日で「完」ですか・なんだか寂しい気もするけど、ルカはその後どうしているのか気になります。

投稿: non | 2006年7月28日 (金) 02時18分

こんばんは!

最後の結末、パッピーエンドで良かったです。
ももりさん、文章での演出、お上手ですね(^^)

ルカさんの悲しい恋がこれで終わったわけではないという締めくくりがとても気にはなりました。

投稿: むろぴい | 2006年7月28日 (金) 00時45分

ももりさん、脅かさないでくださいよ~。
ルカさんがその飛行機に乗っていないっていう情報はなにかの手違いだったのね、ほっとしましたよ。

小説になりそうな恋や経験をしたルカさん。20かそこらだと本当の恋愛がどんなものかもわからないまま錯覚していたんですね。情熱的なスペインやイタリアの男性は「褒めごろし」がうまいのね。純な女性はそれに引っかかってしまう。
ルカさんがこれからの人生に苦い経験を生かして上手に生きていってほしいです。それと家族や周りの人たちの気持ちも考えられる女性になってほしいですね。がんばるように伝えてください。

ももりさん、ももりさんの作品集Ⅲおととい届きました。ガラス絵の綺麗な色と絵を再び楽しませて頂きました。エッセイもももり流で楽しい口調。お気に入りのページ開いたまましばらく棚の上に飾っておきます!それでは・・・また。

投稿: タム | 2006年7月27日 (木) 10時38分

おはようございます、ももりさん。
あーーーーー、ルカちゃんがちゃんと日本に帰って来てよかった~~~。
ただ、日本でも、ルカちゃんの恋は、悲しい恋が待っていたのね~。
でも、一日後で帰って来て、しかも添乗員さんから、飛行機に乗ってませんなんて言われた日には、卒倒しそうでしたね。
それにしても、この沢山の絵は凄いですね~~~。
全部スペインの絵でしょう。
飾っている所はどこですか?
綺麗な所ですね。
マドリッドのルカ、最後の最後まで凄く気になりました。
これが実話だなんて、・・・・・。
でも、ルカちゃん、日本に帰って来てよかった。

投稿: 浜辺の月 | 2006年7月27日 (木) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マドリッドのルカ-20 | トップページ | 動物的なカンをみがけ!! »