« ピカソの恋人、ドラ・マール | トップページ | スコットランド王立美術館展を見ました。 »

2006年5月 7日 (日)

埋もれたおタカラ

Yokoyama_008
個人所蔵のピカソの絵がサザビーのオークションで、高値がついたってお話でしたけど、まだまだいっぱい、そういうおタカラは眠っているんでしょうネ。ヒットラーが持ち去ったベルリンの絵だって、どこかの、塩の坑道の中に隠してあったのを発見されたんじゃなかったっけ??誰かの小説にも、日本が敗戦のドサクサにまぎれて軍が持っていた金塊をネコババした話も読んだことがあります。そういえば、あの、シュリーマン、トロヤを発掘したプリアモスの財宝をこっそり、妻のソフィアのスカートにくるんでトルコから持ち出そうとしたままおタカラは行方不明になってるとか。一番面白いのは、無名の絵描きの絵が、突如ヒートアップする時。ユトリロだって、アル中で奇行癖もあって、街でスケッチをしていたら石が飛んできたっていうドンゾコの頃には、教会の壁に立てかけて絵を売ってたっていうんだから。クズみたいな絵が、ある日ポーンと高値になるなんて。ま、モモリとは縁のないおハ・ナ・シ・・・・・でしょうけど(No319)

|

« ピカソの恋人、ドラ・マール | トップページ | スコットランド王立美術館展を見ました。 »

コメント

nyar nyarさん、勝美さん。とってもうれしいお言葉、ありがとうございました。先日、私のHPヤ、ブログについて、絵のこと、人格のこと、きっつーい詰問されまして、ブルーになってましたので、身にしみて うれしかったです。又、元気を取り戻して、絵を描きましょう。酒徒善人さん、奈良も、いろいろスケッチのポイントがありますね。先日も、「スコットランド王立美術館の絵画展」みてきました。

投稿: 山口ももり | 2006年5月 8日 (月) 06時04分

P.S 私の家の下を掘ったらお宝出てこないかしら?なんて思うことも・・・有る訳無いのにおかしいわね(*^_^*)ナイナイ

投稿: nyar-nyar | 2006年5月 7日 (日) 18時36分

勝美さんのおっしゃる通り、私もももりさんの絵が好きです!心が優しくなる感じです。ピカソってほんとに何だか分からない。で、学生時代は私だけかなっ?こんな事言うと恥ずかしいかなって思っていた時もありました。自分に正直で良いのだと今思います。

投稿: nyar-nyar | 2006年5月 7日 (日) 18時34分

下でピカソの事取り上げていてお邪魔しました私もスペインでピカソ美術館で絵を見てきましたが幼少の頃の絵は写実的な絵でやはり上手でした.お父さんが絵の先生をしていた環境にもあり、成るほどとうなずけますがある時期から抽象的な絵に変わりそんへんから私には絵の素晴らしさ評価がわかりかねます.絵はあまり抽象画はわかりません、ピカソの絵より素人の私には、ももりさんの絵の方が好きだな!また絵を見に来ます

投稿: 勝美 | 2006年5月 7日 (日) 10時54分

化石や岩塩を見ると、堀りに行きたくなってしまいます。たしかドイツ付近では絵も地下から出るんですよね。日本でも出ないかな(私は筍ぐらいしか発見出来ていません)。私の近くでは高松塚古墳・キトラ古墳の壁画ですかね。

投稿: 酒徒善人 | 2006年5月 7日 (日) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/9937279

この記事へのトラックバック一覧です: 埋もれたおタカラ:

« ピカソの恋人、ドラ・マール | トップページ | スコットランド王立美術館展を見ました。 »