« 絵と写真-2 | トップページ | アルチューハイマーの女三界に »

2006年4月14日 (金)

絵描きという職業は???

_300
面白い口達者なおじさん、ン爵様からのコメント、「暇そうで・・・ようまあ、旅行なんか行ってられる。カネはどないしとんねん???」イエイエ、ン爵様は東北のお方みたいだから、大阪弁では、まくしたてたりはしてらっしゃいませヨ・・・でも、そう。痛いトコついてます。絵描きで食っていけるか??折りしも、ホリエモンが虚業だとして、株価急落。紙やガラスに色をつけて、なりわいを営めるのか???さ・あ・あ・・・・深刻な問題です。絵の教室をしているもんだから、よく親御さんにも聞かれるんです。「ウチの子、絵が好なんやけど、絵描きって食べていけますか???」答えは「ノー」 一生懸命、絵を描き溜めて、1年に1度、個展をするとしましょう。よく売れて100万円。その中から、画廊に15万、場所によってはもっと高い。額屋の支払いは??案内状の印刷、切手、礼状を書いて・・・残りが1年の収入です。そう考えてもらえれば、絵っていかに不当に安く扱われているかおわかりでしょう。画商さんていうのも、商売だから甘くはありませんヨ。内職で小物を作らせて、売ってやっているって感覚。そんな中、ほんのポッチリとしたひと握りの絵描きがうまくマスコミにのり、メシを食えるようになるんです。ももりはもう今更、水面に浮上しようと言う気はありません。今まで描き続けられたことをシンソコ喜び、絵を買ってくださった方々に感謝して余生を楽しもうと思っているのです。そう、余生を・・ネ。皆様にパソコンで見てもらえたら・・・もうそれで十分シ・ア・ワ・セ・・・絵はガラス絵「芥子」(No298)

|

« 絵と写真-2 | トップページ | アルチューハイマーの女三界に »

コメント

こんにちは。

絵描きさんの内情というのを初めて知りました。

内面に強さがないと絵を描くことを継続することができないのだろうと思いました。
また、そんな心が絵となった時に、見た人の心に何か響くものになっているように感じました・・・。

投稿: むろぴい | 2006年4月15日 (土) 12時02分

昔々、社長から
“お前らの中に、絵かける位の何か芸のあるやつ誰かおらんのか?”って云われたことがある。
だから 一芸のある人を尊敬しています。
だって私・・・何も出来ないから。
出来るとしたら、飲んでもなかなか倒れないこと位!
さらに最後までお付き合い出来る・・・。
これも芸の内?

投稿: 酒徒善人 | 2006年4月14日 (金) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絵描きという職業は???:

« 絵と写真-2 | トップページ | アルチューハイマーの女三界に »