« 急に「ゴヤ」のはなし | トップページ | 映画 「スパイ ゾルゲ」と「スターリングラード」 »

2006年3月23日 (木)

100枚のスケッチ

cuennka059
ももり旅の1番の楽しみは、なんたってスケッチ。スケッチというより、絵日記ですネ。人に見せるわけじゃなし、乱雑の極みで、なんでも書き留めておきます。トイレチップからビールの値段、集合時間・・・スケッチ用のスケッチブックは硬く重いし、何より乾くのに時間がかかりますから、クロッキー帖の100枚シートを持って行きます。ヨーロッパなんかだと、しっかり地図を貼り付けて歴史年表なんかも作って、予習もしっかり楽しむのですが、今回はニュージーランドなので、まだナーンにも・・・10日間も行ったら100枚くらいは描きましょう。ともかくパックツアーは忙しい。ゆっくりスケッチしている暇はないので、歩きながら鉛筆で走り描き。色はちょっと書き込んでおいたり、ともかく、色を覚える習慣は身につきました。さあ、ホテルでの夜なべ仕事が色付けです。ここが、ももりの真骨頂。お部屋へ入ってまず1枚、乾かしながらスーツケースの荷物を整理して2枚・・・お風呂のお湯をはりながら2枚、お風呂上りに1枚、夜中に目が覚めちゃあ1枚、2枚・・・以前一人参加したら、夜中、寝にくいもんだから「もう1枚、もう1枚」とやっている間に、もう朝の3時、4時・・・「これじゃあ、もう、今から寝たら、集合時間に起きられるやろか」??なんて心配で寝られない。だから、最近はいつも、亭主と一緒です。なんてたって、仕切り人間。目覚ましなんか使ったことないし、人なんかアテにしたことないってタイプ。考えて見ればももりは自分の力で、朝、起きたことがない。自分が早起きの必要なときだって「いつまで寝てんのや。遅れるのちがうか」って怒鳴られて飛び起きます。スケッチの旅ってのもありますが、あんなのは辛気臭い。せっかく遠いトコ来てんのに、同じところでジーッとなんて、勿体なさすぎるってんで、急がしパックが大好きなももりです。スケッチはスペイン、クエンカの大聖堂(No286)

|

« 急に「ゴヤ」のはなし | トップページ | 映画 「スパイ ゾルゲ」と「スターリングラード」 »

コメント

絵は見るのが好きなのに、描くとなると全く素質なし。ももりさんの才能がとっても羨ましい。

スケッチ帳100枚なんてももりさんにかかったらあっという間になくなりそう。ホテルの中でのももりさんの行動が目に浮かびます。その手際の良いこと。また、芸能人のマナージャーさんのようなご主人の存在。ご主人あってのももりさんと作品仕上げなのですね(笑)
ニュージーランドへはいつ発たれるのでしょう?写真を撮ることもお有りなのかしら?早く、その報告と現地のスケッチを拝見したいものです。

投稿: タム | 2006年3月24日 (金) 14時48分

男爵様、世の女性たちは充分男爵様をご尊敬申しあげていると思いますよ。その軽口の才能は稀有のものです。まあ、お相手の面々がイマイチ若くないらしいってのがお気の毒Junちゃん 歴史って、ブログに書こうと思うと、やっぱりちょっと調べてみます。それがももりにとって、今、1番のブログの楽しみ。知識ってホントアヤフヤ。特に、ももりの知識は俗っぽい。もっぱら、映画や小説です。でも、まあ楽しむ分にはいいでしょう。
キッコちゃん ももりに絵がなかったら、人生は???って考えると、やっぱり寂しい。いままでに面白いって思ったことは、全部、絵や書道の延長上にありました。ブログもネ。おおいに楽しみましょう

投稿: 山口ももり | 2006年3月24日 (金) 07時25分

ももりさん、スケッチが本当に好きなのね。
”技術は積み重ね、感性は天からの授かりもの”といいますが、サラサラっと走り書きされているって感じですが、繊細に捉えていらっしゃって、天性の持ち味を発揮されているのでしょうね!!
短時間に枚数が描けること自体感心してしまいます。
学生時代、学科にデッサンと色彩学がありましたが、デッサンはサッサと描けなくて結構苦手でしたね。ウフフ

投稿: キッコちゃん | 2006年3月24日 (金) 02時07分

ももりさんは20年も前から、海外へスケッチ旅行に出て、マドリッドやニューヨークで個展まで開いてしまったのね。積極的な姿勢が良い人を巡り合わせるのね。歴史にも造詣が深く
かなりたくさんの勉強をしましたね。

ご主人と一緒の旅行が一番気楽で、安心ですよね。マネージャ代りにもなりますね。


投稿: junちゃん | 2006年3月23日 (木) 22時15分

 へえー!今度はニュージーランドですか?男爵様には真似の出来ない芸当ですよ。今の男爵様には金も無し、暇も無しで夢見たいな出来事ですね。でも外国に行くと、土地の言葉を喋ることが出来ないから、男爵様は行きたくない(本当は金が無いからなんだけど)。物の本に、日本語は世界で一番難しい言葉だと書いてあったけど、それを使って世の中の熟女たちと渡り合ってる男爵様を、世界の人達に少しは尊敬してもらいたいもんだね(勝ってか?)。何だか又男爵節が出そうだから、仕事に行くかな!

投稿: 男爵 | 2006年3月23日 (木) 09時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/9219368

この記事へのトラックバック一覧です: 100枚のスケッチ:

« 急に「ゴヤ」のはなし | トップページ | 映画 「スパイ ゾルゲ」と「スターリングラード」 »