« 秋 もの思う季節 | トップページ | 小品展  日本水彩京都支部 »

2005年10月 9日 (日)

思い出ぶくろをいっぱいに

P1010002
 絵が描けない。インスピレーションが湧かないからと言ってたあなた。自然の中には、もうそれは美しいものがいっぱい。自然はその内枯れたりするけど、絵に描いておけばもう大丈夫。食べてしまっても大丈夫。思い出だっていっぱい詰め込んでくれますヨ。(148)

|

« 秋 もの思う季節 | トップページ | 小品展  日本水彩京都支部 »

コメント

コメントありがとうございました。阿武様、やっぱり身の回りにあるものって描き易いです。主婦ともなると台所に転がっているものは描き易い。男の絵描きが女性を描くとなぜか奥さんに似てしまうっていいます。これは、例外なくホントです。お酒私も大好き。
バーボン、ティオ・ペペ、この前、ハンガリーで買ってきた「雄牛の血」っていうワインが強烈で、そりゃあおいしかったです。

投稿: 山口ももり | 2005年10月10日 (月) 03時26分

野菜の絵っていいですよね。素人ですのでよくわかりませんが、題材としてはあまりたいした物ではないように思います。でも画家がじっとそれを見つめてキャンバスに描くと何かを語りかけてきますよね。
ももりさんの絵からも何かが伝わってきます。

投稿: 阿武さんのゆきあたりばったり | 2005年10月 9日 (日) 21時33分

始めて寄せていただきます。
HPも寄らせていただきました。
絵を見るのが好きなので、ももりさんのHPとブログを訪問できる楽しみが増し幸せです。
又参りますのでよろしくお願いいたしいます。


投稿: ピーマン | 2005年10月 9日 (日) 17時21分

お久しぶりに訪問させて頂きました。
秋の野菜、ステキですね。

水彩で描かれたのですか?
和紙に?

そうですね。描いておけば、ずーーと、残りますね。おまけに、PCに取り込めば、もっと、
たくさんの展開が起こりそうですね。
また、見せてください。

投稿: MITI | 2005年10月 9日 (日) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い出ぶくろをいっぱいに:

« 秋 もの思う季節 | トップページ | 小品展  日本水彩京都支部 »