« 忘れ物チャンピォン | トップページ | プロポーズの言葉 »

2005年10月 4日 (火)

美女と野獣とチャッタレイ夫人

P10100103
京都アスニーでは、毎月第4土曜日、古い名画の鑑賞会を無料でやっていて、わたしはこれを見逃さない。9月は、ジャン・コクトーの「美女と野獣」だった。いかにも、舞台監督らしい、光線の捉え方が印象的。ジャン・コクトーと言えばピカソの愛人だったというのは、結構知られた話で、勿論、男性同志です。どこまで本当か知らないけど、パリへ絵の勉強に行った画学生がまず直面するのが、このホモセクシュアル。これを受け入れないといわゆる大物とか仲間内には、入り込めないと言っていた絵描き仲間がいた。ただし、彼はパリに滞在して修行したということはなかったと思うけど。10月の鑑賞会は「チャッタレイ夫人の恋人」美しい公爵夫人の庭師との不倫。ワイセツか芸術かって問題になった経緯があったけど、別に、今となっては、もっともっとえげつない、どう見てもいやらしいとしかいえない映像が氾濫してる今となってはおとなしいもんでしょう。た・の・し・み・・・絵はガラス絵(No143)

|

« 忘れ物チャンピォン | トップページ | プロポーズの言葉 »

コメント

度々お邪魔します
昨日は遅くでゆっくり拝見できなかったので 今、もう一度改めてゆっくり・・・感激です!
やはりしっかりと絵の勉強をされた方は違うな~~って、感心しきりデス。
昨日は、図々しくも「私のHPも見てください」なんて言ってしまいましたが、あの言葉こそ≪見なかった事にして下さい≫恥かしくて、恥かしくて・・よくも大胆にもあんな事を書いてしまったかと 小さくなってマス(~_~;)
絵の下地の無い私にとって オートシェイプはもってこいなので 楽しみながら趣味として描いているだけですので どうぞ笑ってやって下さい♪
また、寄らせて頂きます(^・^)

投稿: bebe | 2005年10月 4日 (火) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/6243096

この記事へのトラックバック一覧です: 美女と野獣とチャッタレイ夫人:

« 忘れ物チャンピォン | トップページ | プロポーズの言葉 »