« 暴君ネロのお話 | トップページ | 懐かしい青春の山々 »

2005年8月25日 (木)

ベルン大洪水のニュースを聞いて

P1031306
ベルンはスイスの首都。私が訪れたのは2ヶ月前。夕方にホテルに着いて、朝にはもう発つという泊まりだけの滞在でした。早朝、ホテルを出て旧市街を一周。何とも可愛らしくロマンチックな中世のままみたいな街で、橋の上から、日が昇るのを待ったものです。深く切れ込んだ谷に囲まれた城砦の街で守りには好都合だったろうけど、「ひょっとして、洪水にならないかしら」と思うような岸辺にも、美しい庭付きの家や教会が建っていました。もう一度ゆっくり訪れたいと思ったものです。ももりは、よその国を褒めて自分の国の悪口をいうのは、嫌いな方ですが、でもスイスには完全に負けてると思ったのは、自然保護が徹底していること。3000メートル級の山頂のトイレも水洗で、ちっとも匂いませんし、掃除が行き届いています。どこにも、アイスクリームの半分溶けたのが、ベッチャーッと落ちていたりしません。それと、もう一つ、砂防ダムの少ない事、V字谷は、いたるところにありますが崩落し放題、人が住まなければいいっていう感じ。日本が、コンクリートで醜く囲って、素人目にも「人家がこんな所に建ってて危ないじゃないの」と思うようなところを宅地造成して売りまくっているのとは、事情が違いそうです。一方では、コンクリ-トで、岩盤を刳り抜いてエレベーターを通し地中の滝を見せたリ、一気に、頂上へとお客を押し上げたりと荒ワザもやっています。住民の好き放題にはさせてない感じ。それにしても、京都、嵯峨野は荒れたよなあ。詳しくはホームページ、旅のスケッチへどうぞ。スケッチはベルン(No106)

|

« 暴君ネロのお話 | トップページ | 懐かしい青春の山々 »

コメント

こんばんは。先ほど、長野県より戻りました。やはり、下界は蒸し暑ぃ~。おりしも、今夜から明日に架けて台風が通過すると言うし・・・。野麦峠のコテージ(聞こえはいいけど、バンガローに毛が生えた程度のクラスです)に宿し、上高地・乗鞍高原に行って参りました。ももりさんのようにその素晴らしさをサラサラとスケッチできればな(;__)/| ずぅぅぅぅん
上高地では日本アルプスの尾根を見るのを堪能したかったけど、雲がかかり残念。でも梓川の水の冷たさと透明度は今も変わらず。山の自然もいいものですね。コテージのすぐ下にも上流で見られる大き目の石がゴロゴロする川原と澄んだ水の流れる音。大人でも足をつけたくなりますね。実際入って、足が冷たさにしびれ~~。そんな脇にペットボトルや空き缶が捨てられてるのを見た時はそんな奴はここへ来る資格はないって怒りがこみ上げて来ます!

投稿: タム | 2005年8月25日 (木) 22時01分

この画廊へ来ると心が和みます
絵には写真にないその人の気持が表れるから
相手の心を動かすんでしょうね!ももりさん、かっこいい!
いつも無料で見させてもらい,得した気分ですよ!それにしても、
イロイロ行かれてるんですね!

投稿: 勝美 | 2005年8月25日 (木) 10時42分

私もあのニュースを見て とても残念に思いました。憧れの スイスが・・・・・。

子供の描く絵は 何処の国でも みんなかわいいですね。ほんわかして。

投稿: のら姉さん | 2005年8月25日 (木) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/5626387

この記事へのトラックバック一覧です: ベルン大洪水のニュースを聞いて:

« 暴君ネロのお話 | トップページ | 懐かしい青春の山々 »