« 老婆心から | トップページ | タムさんへの返信 »

2005年8月 4日 (木)

ガラス絵 祈り

P1910024
 タムさんが「アンネの日記」のこと書き込んでくださいました。アンネの住んでいた小さな細長いアパ-トを、実は見ています。1988年、イタリアへ行ったときのこと、ローマ空港ストライキということで急遽、オランダのスキポール空港に降りてしまったことがありました。その時、一日だけアムステルダム観光。ぎっしり並んだ細長いビル群、取り立てて特徴のない4階建てのビルの、隠し階段を上って屋根裏部屋に出ました。こんな小さな部屋で、8人も、まあよく・・・って感じを覚えています。確か、王宮のすぐ近くでした。スケッチがなくて残念。もう一度ゆっくり行ってみたいです。あと1か月も生きていたら戦争は終ってお家に帰れたのに。8月3日の毎日新聞、阿川尚之氏の透視点というコラム、考える事多く、明日そのこと書きましょう。(No88)

|

« 老婆心から | トップページ | タムさんへの返信 »

コメント

こんばんは。『アンネの日記』隠し部屋をご覧になったんですか!実際に見ると、また、悲惨さが強く、深くなるんでしょうね!
今日のNHKクローズアップ現代で「原爆をどう伝えるか」を取り上げてました。今の子供たちに「原爆って知ってる?」と尋ねると、知らない子が多い、広島市内の小6のクラスに「親や祖父母か何かから原爆の話を聞いたことがあるか?」って先生が尋ねたら、1/4位しか聞いた事がないという。風化しつつあるのを聞いてため息が出ました。私も含めてですが戦争の悲惨さの実体験をしていない人間が今の社会の主流にいることは事実です。でも、「戦争」がいかに恐ろしく、無駄なことだということは伝えていかなけりゃ絶対にいけないのに・・・。8月6日、9日は広島・長崎に原爆が落とされた日。小さい力ですが、ブログに取り上げようと今考えてます。
この絵は、まるでアンネが教会で平和を祈ってるかのようですね。

投稿: タム | 2005年8月 4日 (木) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101420/5303514

この記事へのトラックバック一覧です: ガラス絵 祈り:

« 老婆心から | トップページ | タムさんへの返信 »