« 映画ヒットラーを見てきました | トップページ | ガラス絵 祈り »

2005年8月 3日 (水)

老婆心から

P1910160
NHKのシルクロードシリーズを見る。わたしが行ったのは1987年。毎日新聞のツアーに参加した。広州から飛行機でウルムチに飛び、トルファン、敦煌、蘭州へ。たわわに実る葡萄の街路樹はあの日も素晴らしかった。街角で羊の首を切ったのを逆さにぶら下げて血抜きをしている。その下が真っ黒だ。そこへマーチョ(馬車)が通りかかるとドッバーッと舞い上がって、それが銀バエだったって知る。ぶどう棚の下では、羊の皮をはがしていたりして全く異次元の世界だ。旅は大好きだし、どんな環境だって殆ど文句を言わず、面白い体験と受け止めるほうだけど、お腹の方はそうはいかない。一番恐いのが下痢。スタッフも楽しそうに話しをしているけど実際は、話の合間にトイレへ駆け込んでるんじゃないかしら。その前にキューーと刺し込んでくるのが痛くつらい。熱もでないし、大して悪性ではないんだろうけれど苦しい。上からも下からも出してしまうのが一番。あの葡萄だって食べてはダメ。大体、水の無い砂漠へ行くんですから、水で洗って、なんて甘くないんです。びろうなお話ですが、ついつい老婆心から・・お気をお付けア・ソ・バ・セ(No87)

|

« 映画ヒットラーを見てきました | トップページ | ガラス絵 祈り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老婆心から:

« 映画ヒットラーを見てきました | トップページ | ガラス絵 祈り »