« 祇園祭ご当地事情 | トップページ | お祭りすんで日がくれてどこかで・・・ »

2005年7月17日 (日)

祇園祭ご当地事情2

P1015101
今日はいよいよ山鉾巡行の日です。ちょっと夕立するかもしれないって。絵は5日前に描いた準備中の長刀鉾。四条通りの一番賑やかな所にある代表的な鉾で、私がスケッチしていた時には、ちょうちんを上げていました。京都って知れば知るほど面白い土地です。丹波の山の中で亭主と畑を始める前、よくやった事、日曜日の朝まだ暗いうち、目が覚めたらそのままバス停へ、スッピンです。誰も知った人はいない。そして来たバスの終点まで乗って、終点周辺を歩き回ってから小さな喫茶店でモーニングを食べて、帰りはもう歩き疲れてるからバスで帰宅という、朝のお散歩です。小高い丘から朝日が上り、霧が晴れていく。気に入ったら午前中散策。ホント、京都って郊外の方が美しく、静かで、そして「わあ、こんな所にあのお寺があったのか」っていうようなお寺や、新しい発見があるのです。例えば、一乗寺修学院っていうバス停、修学院は事前に申し込まないと入れません。でも一乗寺、そう宮本武蔵が吉岡清十郎と決闘した??んじゃあなかったけ??一乗寺をさがしたんですが見つからない。土地の人に聞いてみると、そう、地名だけが残っていてお寺はもうないんですって。そんなことを知って喜んでいる私がちょっとおかしい??でも、ちょっとバス停の名前を見るだけでもう好奇心がウズウズ。どうぞ おいでやす(No70)

|

« 祇園祭ご当地事情 | トップページ | お祭りすんで日がくれてどこかで・・・ »

コメント

ゆっくり、京都を散策したいと、ずーっと、思っていて、なかなか実現できません。残念。子育てが、一段落したら、京都に2~3ヶ月滞在して、ゆっくり散策するのが夢。それまでに、日本史も、もう少し、勉強しておかなければ。

投稿: とみざわ いくこ | 2005年7月21日 (木) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭ご当地事情2:

« 祇園祭ご当地事情 | トップページ | お祭りすんで日がくれてどこかで・・・ »