« 気まぐれな若い恋人 | トップページ | 宇宙たち »

2005年5月14日 (土)

多情な絵

P10100205

「あなたは多情です」って恩師津田周平先生はおっしゃった。先生が亡くなられてもう15年くらいだろうか。今となってはなんてうれしいお言葉でしょう。いいえ多情なのは私の絵のことで私の性状のことではありませんヨ。「持ってくるたびに絵が違う。一体どれがあなたの絵ですか」「先生、私はそれが知りたくてここに来ているのです」って答えました。これってステキな会話でしょう??。何でも描きたかったし、何でも、どんな風にでも描けそうな気がしていた、私もまだまだ攻撃的な四十路。このごろやっと、たとえ人がどう言おうと、私はこれで好いし、又これしか能力もなくてこの自分の世界だけを精一杯深めようと思えるようになってきた。もうチョロチョロ色気をだすのは嫌になった。というわけで今日はガラス絵「トルコのみやげもの屋の娘さん」 ガラス絵はホームページのHOME GARALIEに展示しています。   (No20)

|

« 気まぐれな若い恋人 | トップページ | 宇宙たち »

コメント

いつでも前向きなこのサイトを訪れるたび、考えます。ももりさんは絵に夢中になってもだんなさんや家族のことは忘れないし、芸術家なのに家庭的で、いつも前進前進これ前進。
それに、出会いがいいんですね。そしてちゃーんとその出会いに対して四つに取り組んでらっしゃる。そういうところは、是非見習いたいなと思います。
わたしは絵のことは全くわかりませんが、一度はちゃんと先生についてみたいとも思いながらも、一体続けられるのかしら、とか尻込みして迷う素人うたよみです。

投稿: animoy2 | 2005年5月15日 (日) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多情な絵:

« 気まぐれな若い恋人 | トップページ | 宇宙たち »