夏の終わり

 地蔵盆も終わりました。これで今年の夏も終わり。釣りキチの1週間は釣り三昧。お料理もしてくれましたけど…やっぱり今日からは出勤。平常の生活パターンに戻ってホッ。


 お盆16日に京都国立博物館へ。70歳以上タダ。バスもタダで久しぶり博物館のレストランでおひとりランチ。のおんびりもいいなあ!!!相棒のお昼は釣りキチたのみ。博物館に寄託された宝物のそれぞれはすばらしく、心にしみました。



Dscn5130

Dscn5132

Dscn5131


 今、特に平安時代ばかりを読んでいますので、とても臨場感があります。藤原道長の経筒とか・・・
世は末法。1052年が末法初年とか???貴族文化華やかとはいうものの、御所を一歩出れば、追いはぎ、強盗、放火、旱が続くかと思うと豪雨、疫病、すべてこれ天子の不徳のいたすところ・・・政治は全く機能していません。貴族も地方を収める受領たち私利を追うばかり。鴨川は死体があふれ、流れをうながすように検非違使がでるさわぎ。都は腐臭にみちていましたとか???
 為政者、道長・・・望月の欠けたるるところがないと詠嘆したけれど・・・盛りの頂上を過ぎて、娘たちを嫁入りさせた天皇やその子たちは短命です。そんな貴族達が心のよりどころにしたのは仏教。道長の経筒は末法の時代に高野山の頂上に埋められ、本来は????年やったかに世に出るはずだったのが、
江戸、元禄の頃、工事に際して掘りだされてしまったとか???


 ほかにも書道では見逃すことのできない藤原行成とか、空海の灌頂記(かんじょうき・・・空海が最澄に戒律を与えた書付)とか・・・書道には必見…とはいうものの、ほとんど見ることはできない逸品が目を洗ってくれました。


 大文字のおくり火を見ようとママチャリででかけたのに、眼鏡を忘れ・・・ハ・ハ・ハ・・・モーロクした。

 おひとりご詠歌もスピードアップで、なあんとか・・・

 京の町に今も続く地蔵盆。子供たちのしあわせを祈る心は1000年以上も前とおなじやなあ。

| | コメント (1)

2019年8月15日 (木)

あはれ 今年の夏も・・・

 10日には坊さんが参ってくれまして、14日は釣りキチとお墓参りのはしご。あとは、18日の地蔵盆を何とか過ごせたら今年の猛夏も何とか乗り越えられそう・・・今年は町内のお役なので地蔵盆は逃げられません。


 13日は奈良国立博物館へ。猛暑の中、出かけました。すばらしかったなあ!!!学習意欲を充分に満喫させてもらったのは久しぶりです。

Dscn5129

最近読んでいるのは、もっぱら平安朝をテーマにした女流作家の作品群。永井路子、田辺聖子、杉本苑子、新しくは瀬戸内晴美・・・


Dscn5127


 平安朝の女流文学はやっぱりすごい世界です。それぞれの現代の作家たちがは、平安の美女たちを物語に仕立ています。それぞれ面白く個性的ですが、やっぱり作家その人を濃厚にうかびあがらせるのが面白い。最近は瀬戸内寂聴氏…今まで何冊か本棚にあったのに完読したことがなかったのを何とかへどもどしながら完読。「中世炎上」「祇園女御」う・う・・・・ん???


Dscn5126

 

 うまいのかまずいのかわからない素材のごった煮にエロ調味料をふんだんにふりかけて「なんやこりゃ???」しつっこい。理不尽???永井路子さんはきりっと真面目。田辺聖子さんは一番説得力があって、明朗快活。ぐいぐい引っぱってくれます。


 奈良国立博物館では、物語に登場するお面「納曽利」「蘭陵王」のお面とか…清盛の息子たちがこんなのをつけて踊ったのよねえ。結構重たかったやろなあ!!!


 一番感動したのは「明月記」断簡。ご存じ藤原定家の日記。茶掛けに仕立てられた断簡です。定家といえば・・・藤原俊成の息子、嵯峨野の厭離庵に住まいしたとかしないとか・・・今多く残っている平安時代の物語はそのほとんどが定家が書き写したもの・・と、いいます。もちろん定家一人ではできない。ブレーンの仕事でしょう。古筆を守る家柄の冷泉家は、今出川通り、御所の北に今もしっかり守られています。書道史的にも有名ですが…美というものは主観ですから・・・文字の好き嫌いは言いません。でも…耳元でその呼吸が聞こえるような、、1000年も昔の人の書蹟をじかに目にするのは初めてで、本当に感動!!!



 今日は台風・・・どうしようか???京都国立博物館へでも???行こうか


| | コメント (2)

2019年8月 2日 (金)

はかなすぎた命

 源氏物語・・・田辺聖子さんがあんまり「ええ、ええ」って言うもんやから、このところズーッとその周辺をウロウロ読み歩いていましたが…ま・あ・あ・・田辺聖子さんの源氏もしっかり読んだつもりですが・・・でも・・・やっぱり・・・好きにはなれませんでした。不健康・・・の一語につきます。


 下の朝顔。去年の種からとってまいたもの。育ちません。小さな苗に花が・・・お話はまったく違いますが私の源氏物語の読後感はこんな感じです。きれいですけど・・・不健康!!!たくましい蔓は全く育たず花だけが…咲いています。



Dscn5121


Dscn5120 

 源氏物語はフィクションの世界で、耽美的で異様な世界を創作しているということは頭ではしっかりわかっているつもりですが・・・
 ちょっとポイントを代えて実際の歴史上の当時の天皇様たちの死の年齢の若さをみてみます。ロシア、ロマノフ王朝は近親結婚が続いた結果、血友病でほろんだとか聞いたこともあります。源氏物語のモデルとされた可能性のあるあたりから、代々の天皇様の死の年齢です。

   53代  文徳天皇   32才死
   56代  清和天皇   56才死
   57代  陽成天皇   87才死
   58代  光孝天皇   58才死
   59代  宇陀天皇   65才死
   60代  醍醐天皇   46才死
   61代  朱雀天皇   30才死
   62代  村上天皇   42才死
   63代  冷泉天皇   62才死
   64代  円融天皇   33才死
   65代  花山天皇   41才死
   66代  一条天皇   32才死・・・この天皇様の時紫式部、清少納言が宮仕えしています
                      67代  三条天皇   42才死
   68代  後三条天皇   29才

 まだまだ調べましたが、かの和泉式部の恋人、二人の親王も20才代で死んでいます。さらにつらいのが出産にともなう女性の若い死が多いこと。

 

 豪華な着物を十二枚も重ねて、装っているいとけなき娘、そこへカッコつけた天皇が精子を振りまきにおとずれます・・おぞましい!!不敬罪で処罰されそうですが・・・そんなイメージ。右大臣、左大臣、摂政、関白、実力をもった野心家が娘を皇位に送り込みます。もし男子が生まれれば、そのおさな子は次期天皇。さすれば自分もまたまた辣腕をふるえる・・・驚くべきことですが、天皇に娘を入内させ。生まれた皇子に又、娘を嫁入りさせ、さらに孫に娘を・・・藤原道長がしたことですが、過去には藤原不比等もやっています。血が濃すぎる???ま・あ・あ・朝顔とはちがうわなあ!!!


 今朝、癌手術5年の検査結果、問題なし。頑張って相棒の介護をいたしましょう。


Dscn5118


Dscn5119
さ・あ・あ・・来週は又、展覧会です。「生きる」生きるのはシンプルが一番。源氏物語の正反対が私の好みです。


 

 

 



  

 



 

| | コメント (8)

2019年7月22日 (月)

まな板の上の鯉

 金曜日、大腸がん検査。ブチュッ!!!肛門からの内視鏡カメラ。朝から塩辛い水を2リットルのみ、これが下剤。トイレに10回ほど駆け込んで、腸をからぽにしてカメラを・・・これで、大腸がん手術から5年経過。結果は2週間先です。痛いのよお!!!いやなのよお!!!デモデモ・・・エエーイ。もうまな板の上の鯉や!!!さっさと好きにせえよ。何とかクリア。疲れました。生きるってしんどい!!!

 翌日、疲労感が残っていますが祇園祭の後祭りを見にママチャリで。例年なら我慢できないくらいの蒸し暑さが、今年はまだよっぽどまし。なんとか耐えます。でも、お昼までには帰りましょう。相棒のお昼が待ってるから。


Dscn5112

大船鉾に上がらせてもらいました。ふと、人工的な風かと思うような涼しい風!!!今年は確かに涼しいなあ!!!


Dscn5116  

Dscn5115

Dscn5114

Dscn5113

Dscn5110

 普段、ママチャリで走り回ってるエリヤですが、旧来の豪邸の中ってやっぱりすごいんやなあ!!由緒ある緞帳や、左甚五郎の鯉、弁慶と牛若丸、浄妙山のアクロバット人形などを拝観。


 この浄妙山には、親しい物語が語られています。かの、源平の戦いのきっかけになった宇治川の戦い。

 時は1180年(治承4年)後白河の皇子、以仁王(もちひとおう)の令旨が全国に伝えられ、各地の源氏ゆかりの勢力が胎動し始めます。当時、京の都をわがもの顔におう歌していた平氏に対し、ついに立ち上がりました。まずは宇治川の戦い。源三位頼政が老いの身をおして立ち上がった時、世間はアッと驚きました。清盛とは親しかったからです。宇治川は都に入るにはどうしても通らなければならない大事な関門。宇治川の戦いは源平の合戦の端緒で、結果、平家は壇ノ浦で亡びます。


 三井寺の僧兵、浄妙坊は宇治橋の上で大活躍。そこへ「負けじ」と浄妙亡の頭に手をかけて「エイヤッ」と前に躍り出たのが同じ僧兵の一来法師。頭に手をかけて「ヤッ」と飛び越えた瞬間の像2体がアクロバットとして知られています。今はまだ仲良くならんで飾られていました。


 863年(貞観5年)、神泉苑での御霊会が始まりといわれる祇園祭、確か…貞観といえば…貞観の治・・・天皇がしっかりしてた、宇陀??ひょっとして醍醐??天皇の時代のはず。確認する根気のないのは年のせいにしますね。





 


| | コメント (6)

2019年7月16日 (火)

祇園祭り

 明日は鉾の巡行。毎年のように行ってるのに、どうもしっかりつかめない感じ。相棒を送り出したらママチャリで出かけました。今日は薄雲で、耐えられないほど暑くもない。今年はマイナーな鉾を見ましょう。

 

 まずは太子山。聖徳太子を祭っています。四天王寺をお建てになった時、良材を求めて杉の大木を見つけられた16才のお姿なんだそうです。拝ませてもらいスケッチ。でも太子様のお姿はカメラシャット。

Dscn5104

 


Dscn5089 


岩戸山では神攻皇后はカメラ禁止。龍神さまと鹿島明神はゲット

Dscn5095  
船鉾は中まで登って見学

Dscn5096 Dscn5100

Dscn5098

Dscn5099

綾傘鉾・・・こんなのあったんやなあ!!!
Dscn5102


長江家住宅と、太子山の資料館を見学。今年は後祭りも見に行きましょう。

| | コメント (5)

2019年7月10日 (水)

嫌いな男

Dscn5083


「新源氏物語」田辺聖子版…読んでいます。かなりのスピードで読んでいまいすが・・・何しろ…主人公の男性がダイッキライと来てる・・・

 でも・・・田辺聖子さんの博学ぶりに感動。書道をもう60年以上もやってきたももりにとって、平安時代…印刷術のなかった当時、物語やお歌がどのような紙にどのように書かれ、大切に人から人へと伝わってきたか・・・納得できる筆力には首ったけ!!!


 今日は月イチの「古文書」の日。これが、今一番の楽しみです。今日は、源氏物語の「わかむらさき」の巻が新しく発見されたというお話・・・なんとも・・・日本には底知れぬ文化がまだ眠っているんですねえ。60年以上書道をやってきて、仮名文字や草書がツールとして、そこそこ自分の力として使える、そして、使って当時の人々の残した古文書に直接肉薄できる・・当時の人々の声を聞ける・・・なんて・・・なんて・・なんてすごいことを勉強してきたのかって・・・今頃気がつくなんて・・・残りの年月では足りないなあ。


今、「四明展」やっています。14日まで。大学の同窓のメンバーのグループ展です。下は「楽園追放」と「R-1」


Dscn5087_20190710092301


Dscn5086

Dscn5085

| | コメント (5)

2019年7月 2日 (火)

嫌いやけど

 過去、何度か読もうとしたけど、いつも途中でやめてしまった源氏物語。今回は・・・田辺聖子さんがあんまり「ええ・・ええ」っていうもんやから・・・田辺源氏・・・さ・あ・あ・終わりまでいけるやろか。


時は梅雨・・・外は雨・・・お出かけもあまり気がすすまないから・・・じーっくり

 

 ともかく・・・この物語に登場する男たち・・マスキングしてお尻からにおいのする液体をだして、行くとこ、行くとこに吹き付けて自分のテリトリーを主張する…あのねこ科動物の行動みたい・・・いたるところで女にちょっかい。父親の後妻、継母や息子の嫁、親友の恋人まで・・・人妻から美女、ブス、幼女、バカ??賢いのも見さかいなし…嫌いなんやねえ。こういうの。オトコは一途で純情でなくっちゃ。


 こうこうとライトをあびて、粋がって!!!シナをつくって歩くパリコレのモデルのような女たち。それぞれ、せいいっぱい個性を強調して歩く女たちにライトを浴びせる。そのライトみたいなのが源氏の君、夕霧、薫、匂いの宮。男たちが大嫌いやけど・・・は・は・は・・・きれいだとかうっとりするとかいってるけど、いい加減なご機嫌取り男は大嫌い!!!


 ともかく入り組んだ人間関係は、もうすでに頭には入っています。さ・あ・あ・・はじめ!!!

Dscn5080



Dscn5079


Dscn5082

 

大きな全集も2冊借りてきました。


 世の中、なんか不安。先々や、今すぐもにもそこにありそうなきな臭さ。でも・・・もう無力な老女。物語の世界に遊ばしてもらいます。京都に住めば…イメージと現実はそのまますぐそこにあるのですから。

| | コメント (5)

2019年6月14日 (金)

相棒  81才

相棒は無事81才のお誕生日を迎えました。脳溢血で倒れて5年。最近は本当におだやかな日々です。


Dscn5071


最近デイケアで将棋をしてるんだそうです。

「最近将棋してるね」って言いますから「どっちが強い??」って聞きますと「連敗!!!」ですって。でも30年以上やってなかったんですもん。「なんか本を買うて来てくれ」っていうことで、詰め将棋の本を買ってきました。それから…も・お・お…!!!カンカン!!!頑張っています。


先日には5連勝とか、昨日は完敗って言ってました。ももりがプールに出掛ける時「行ってくるでえ」って言っても知らん顔。夢中です。帰ったら、まだやってる!!!は・は・は・・・おもりがラクです。


大体、なんでも一生懸命やる人で、夜間の学校で勉強して一級建築士も一度でパスという頑張り屋さんです。子供たちよりよっぽど育てるのは楽やったなあ!!!

Adati2


 は・は・は・・・こんな男前の時もあったのかあ???釣りキチはまだ生まれてません。






| | コメント (7)

2019年6月11日 (火)

太陽のような人

「原始女性は太陽であった」とか・・・田辺聖子さんこそ太陽のような人でした。
近作「残花亭日歴」この本はあまり面白かったので友人に押し貸し。今、手元にありません。


 田辺聖子さんが
なくなられました。今、彼女の本ばかり読んでいますのに。
お聖さん・・・幼年期、豊かな家庭に育ちました。祖父の代からの写真館、時代の先端を行くハイカラな写真館は使用人も多く、大人は子供にかまっていられません。大らかなものです。せっせとお芝居にもいくし、買い食いもします。一方、文学少女で、物語を作っては友達に読んできかせます。「次はどうなるの」とか言われてご機嫌な人気者でした。
 やがて戦争…大阪を焼野原にした米軍の度重なる空襲で写真館は燃え、終戦の年に父親は病気でなくなります。岡山の師範学校を出た母は残された3人の子供のために必死に働きます。「学校だけは出す」
ということで松陰学女学校をでます。学校の先生にもなれたのですが、もっとお給料の良いという鋳物関係の会社に就職。品のない???ガラッパチの大阪弁をみっちり身につけます。


 昼は工場で働き、夜はせっせと懸賞小説に応募します。そのうちに文学仲間のサークルにも入り、ひたすら、がんばります。修業時代ですねえ。文学の女性仲間の友人が3人の子供を残して死にました。聖子さん・・・ここがえ・ら・い!!!4人の子持ちの旦那さん、奄美大島出身の開業医・・・後、せんど話のネタのされるカモカのおっちゃんと結婚します。三人の子供たちには「あなたたちのおかあさんはこの人・・・きっと写真を示しながら・・・私のことは「おばちゃん」って呼んで」って、お弁当作りから一切母親役をつとめます。



Dscn5069


 残花亭日歴は介護の日々を書いています。カモカのおっちゃんは包容力のある大きな男性ですが、70才くらいで下半身不随になりました。それでも車椅子で作家仲間と飲み会にも出ますし旅行にも行きます。しかし・・・5年ほど後、あご??癌がみつかりました。苦しい闘病生活ですが、聖子さんは講演会や原稿書きの手をぬくことはありません。そして・・・カモカのおっちゃんのほかに、もう一人、気難しい老婦人、94才のお母さんのお世話もあったのです。えらいなあ!!!



 人のために頑張れるって本当にえらいことです。それも陰々滅々でなくカラッと朗らか。ふらふらになりながらもやりとげます。太陽…周囲のすべてを育て、自らは燃え尽きることのないエネルギー、女性ならではの太陽力です。



 今頃、ほっと「楽になったなあ」ってい自らは言ってらっしゃるでしょう。合掌。

| | コメント (4)

2019年6月 5日 (水)

極楽浄土めぐり

 最近、大体平安時代にまつわる読み物ばかり読んでいます。でも・・・おかしいでしょ???「源氏物語」は手付かずです。どうも・・好きになれない。男と女のどろどろは・・・い・や!!!

 貴族たちは栄耀栄華、ぜいたくをきわめていたようですが、一歩、宮門を出るとそこは魔界。民衆は飢え、追いはぎ、強盗ともなります。ひでり、大水、雷…はやり病・・死臭ふんぷんだったようです。それに、当時の仏教は剣呑で、怨敵退散、怨霊のぞく護摩祈祷・・・陰陽道という不気味なものも大手を振ってまかりとおっています。そんな中、人を押しのけ権力に執着。 そのくせ、死ぬときは、いえ、だからこそ、死ぬときは観音様のお慈悲の御手に救われたいとキンキラキンの仏様や仏塔を建てました。

 

 度重なる戦乱で大方を失ったとはいえ、やっぱり京都。平安の仏様はまだたくさんいらっしゃいます。

 先日行ったのが即成院。ここは泉涌寺の塔頭です。ずらーりとならんだ二十五菩薩。平安以来の御開帳???って書いてます。どういう意味か知らないけどこんな身近にこんな素晴らしい仏様たちがいらしたんです。この25菩薩は、図録には絶対乗っている仏様たちですが、こんな身近にいらしたなんて知らなかったなあ!!即成院は藤原道長の孫、が建てたお寺にあった仏さまをいろんな厄災を避けて、今、ここにひっそりと守られているの
です。



Dscn5064

浄土からのお迎えはオーケストラつき。かわいいお顔の音楽家たち。

Dscn5065





Dscn5034

 死後は極楽浄土へ・・・ですって。極楽浄土を再現したのが平等院、道長の息子頼道が建てました。「この世は望月のかけたところがないような・・・」といったあの道長。スゴ腕のわざ師です。地位のためには汚い手も平然と使う。運もよかった。最高位について政治を壟断、そのあとを継いだのが頼道。頼道は宇治の平等院を建てました。
 そこの仏様たちはあまりにも有名ですが、只今は修復のため内部には入れません。宝物館とお庭だけゆっくり見てきました。

Dscn5062

蓮の花が咲いています。ここのお庭はコンクリート??でかためられツルッツルです。ももりはもっと雑草が生えているような自然なお庭がいいなあ!!!
Dscn5063


 下は三十三間堂。三十三間堂は少し時代が下がって、もう平安の終わりです。かの後白河法皇に平忠盛、清盛父子がご機嫌うかがいに寄進した仏様たち。

Dscn5061

Dscn5060
スケッチは今は禁止。古いものです。


 平安時代の人々にとって仏教って、哲学というより、もっとおどろおどろしいみたい。安産を願ったり、恨みをこめたり、怨敵退散の調伏やら…健康的ではありません。これらの自らのおかしている罪の意識もまた、仏さまのお助けにすがる・・・う・う・・・・ん。目もくらむような極色彩の法相華の模様の柱や壁。建物を聾するお経とお香の煙の中で、浄土からの仏さまのお迎えを待つなんて・・・ねえ???

 今、仏様たちは長年の煤に往年の金ピカ色を失いしずかに瞑目してらっしゃいます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2019年5月28日 (火)

後白河法皇というお方

 この頃、読んでる本はもっぱら平安時代。平安の世をひっくり返して鎌倉の世、つまり、武力の世にしちゃったっていうお方、後白河法皇。なあんともユニークっていうか、ハチャメチャというか・・図太いというか、ズーズーしいというか・・・300年ほど続いていた京の都の平安を突如乱した兵乱は、みな後白河が後ろで汚い手を使っています。

 このお方、何しろ自分に力になる時だけうまく取り込んで利用し、相手が力を持ちすぎそうになるとさっと手の平をかえして、平然と敵にまわす。義理とか信義とかはクソもないっていうお方です。そもそも、

 

保元の乱
平治の乱
鹿ケ谷の陰謀
以仁王の令旨
木曽義仲の挙兵と敗北
義経と頼朝を両天秤にかけて平家と戦わせ、平家敗れて都おち  壇ノ浦で安徳天皇死
海から引き上げられて都へ帰った建礼門院を大原に尋ね・・・大原御幸
そして・・ゼエ―ンブうまくやり過ごして死んだ年  1192(いい国)作ろう)鎌倉幕府―がはじまったのです。

Dscn5039

 先日、即上院へ行ったとき帰りのバス停の時間待ちで今熊野神社に入りました。以前きた時は熊野道は台風のあとで封鎖されていましたが、今回は行けそうです。興味津々。熊野道といっても、さ・あ・あ・・高々50メートルほどの小道でしたが、その真ん中にガラスケース入りの後白河法皇のお像がありました。イメージでは皿の張った四角い頭、聞かん気のごうつくばり・・・・・・だったですけど・・・ちょとお・・??

Dscn5037

Dscn5036
は・は・は  これが、熊野道  は・は・は

Dscn5038

Dscn5040


おやおや、三本足の八咫烏ですって。小さな滝のもけいもあって・・・ふ・ふ・ふ・・・
京都って面白いなあ

| | コメント (3)

2019年5月26日 (日)

老いの楽しみ・・・笠置寺・・へ

 笠置寺へ行こう・・・と、ずーっと思ってました。どんなところやろ???後醍醐天皇が鎌倉幕府に叛旗をひるがえしてあっけなく敗れ、笠置山に逃れたとか・・・。平安時代の摩崖仏さんもいらっしゃるとか・・・行きにくそう!!でも・・関西本線には一度も乗ったことがないから、この際・・・ネ。去年は草津線にターゲットをしぼって何度か行きました。電車にポトポトゆられるのも、ホント、楽しい。


 JR奈良線で木津へ。木津からのりかえ大和路線で賀茂へ。乗り換えて笠置へ。トーロトロ。賀茂では一時間近く待ち時間。その間にコンビニでお昼。若いみどりに包まれた山間を木津川にそって電車はのんのんと走ります。


 今日は相棒のデイサービスはなし。快晴、快風!!!「ゆっくり行ってきたらええで」ってうれしいお言葉!!
さすが・・それにしても・・・笠置下車は一人。

 笠置駅は駅員さんも一人。ICOCAも通じない。「笠置山はあれですわ。あの山のてっぺんにお寺はあります」う・う・・・ん。「駅より徒歩40分」とは書いてあったのですが、タクシーにでも乗ろうと思ってました。でも・・・駅にはタクシーもないんですって。「タクシーは賀茂から呼んで来てもらわなここにはない」という返事。え・え・え・・・・賀茂から電車で来たところをまたまたタクシーにきてもらうって???目の前の小山は、若かったらちょいと走ってもいけそうですけど、今、足はまるでダメ。それに・・・帰りはどうするての???ム・リ・・・か???
も・お・お…帰ろ。

 
 さ・あ・あ・・帰りの電車も待つこと久し・・・ベンチにおばあさんがひとり、巻きずしをたべています。その方となんとも素朴なおしゃべり。いつまで待っても電車はみえません。駅員さんに「電車はホントにくるの???」って聞きましたら、「間もなく来ます」ですって。そのおばあさんは「ここに生まれて、ここしか知らん。買い物は賀茂へでるけど・・。生協も週一来てくれる」とか。トトロの世界やねえ。電車がきました。「おばあさんも賀茂へ??」って聞きますと、「私は、その山のあの辺にすんでるんやけど、森林組合の会合があるんで、ここでお昼をしてたんや」ですって。なんとも穏やかで静か、かわいい!!!

    

 みかのはら わきて 流るる  泉川
いつみきとてか 恋しかるべき


 百人一首のお歌です。泉川って木津川のことなんだそうです。たった一輛の電車で来た道を帰りました。

Dscn5057

 

又、釣りキチにでもつれていってもらお。

 2時半帰宅。相棒は詰め将棋をしてました。最近、デイケアで将棋好きの人とやっては負けてばかり。相手が強い・・・は・は・は・・・引き立て役ばっかりつとめてるんだそうです。もう一人将棋好きもいるらしいんですけど、その人は、負けそうになったら「ちょっと待って!!ひと手戻って、とか言うもんですから、怒ってしまって、結局、相棒がお相手役。は・は・は・・・詰め将棋の本を買ってきてくれというので、買ってきた本も「もう何題とけた???」って聞きますと「今日は33問まで」昨日は、たしか・・・58問までとけたとか。のこんなに熱心に勉強するのは久しぶりです。私のお守りがすっかり楽になりました。

老いにはそれなりの老いの過ごし方もありそうです。

| | コメント (4)

2019年5月11日 (土)

花山天皇と彰子

 先日、ご近所の春日神社へ。春日さんは藤原氏のお寺です。ということで、ここの藤の花は有名です。藤花祭は、行きそびれましたが、今、やってきました。そして・・・なんとなんと・・・面白いものを見つけました。


Dscn5045

花山院家」という藤の花の鉢植えです。九条家とか鷹司家とか、藤原名門の家から奉納された藤が展示されている中に、「花山院家」という鉢を見つけました。ん???花山天皇というお方…?ん???歴史では何度も騒がれる有名人です。以前少し書いたこともありますが、もう一度書きますね。

 

 花山天皇は17才で即位。何人かの女御も取りまきましたが、その中の一人、一番愛したお方が妊娠8か月で亡くなられました。天皇はたいそう悲しんで、「出家して、亡き人をとぶらいたい」ともらされるようになります。大体、この方のお父上の冷泉天皇という方も狂気、激しい喜怒哀楽のお方だったそうで、多少はお血筋かもしれません。それを聞いての悪だくみ・・・藤原兼家…この方の奥方が、かの「蜻蛉日記」の作者です・・・の一族。息子3人とグルになって花山天皇を清涼殿から連れ出します。


 月の明るい、6月23日。清涼殿の天皇のもとにはべっていた兼家の次男、道兼、は「私も一緒に出家します。今こそ人知れず御所をぬけだせます」といいます。いざとなると天皇は、ためらわれて「女房の手紙を取りに帰りたいとか」「明るすぎて人にみつかる」とか、何とか言われましたが、泣くようにして朔平門から外へつれだします。そこにはもう、牛車が待ち構え、いつのまにやら武装した家人どもが取り囲み、山科のさる寺へと一目散。その間に、3種の神器は場所を遷され、天皇は落飾しました。道兼は「最後に父に、今の姿を見せてまいります」とドロン。「たぶらかされた」とすぐには気が付かれなかったか???どうかは知りませんが、この法皇様は、初めの間こそ仏道修行もされましたが、終生荒れた生活をされたようです。

 さすが剛の者、兼家も病には勝てず、62才で病死。そのあと、長男、道隆、次男道兼、道長が、しのぎをけずる権力闘争。(ほかにも男兄弟はいます。なにしろ妻は何人もいるんですから)


 もう一度この方が、歴史を動かすのが、かの定子中宮…清少納言がおつかえした、才色兼備の女性。一条天皇の中宮です。兼家が死に、あとをついだ摂政は兼家の長男道隆。次男道兼は不平不満の塊でした。アル中でもあったようで、早死に。この道兼の娘が定子皇后です。飲水病???糖尿病でしょうか??道兼が死ぬと、末子、道長の活躍がはじまります。道長の娘、掌中の玉・・・彰子が入内。彰子皇后の出現です。かわいそうな定子は、道長にいじめられ、すっかり落ちぶれ、死んでしまいます。


 この定子、失脚の原因は道兼の長男と花山院の女性問題。思慮の足りない道兼の長男は、花山院に矢をいかけ、矢は花山院の、着物の袖を寛通。なんといったって先の天皇です。一族は遠流。定子も落飾・・・・たあーいへん!!!!このあたりのももりの知識は、今読んでる田辺聖子「むかし あけぼの」から・・・です。お・も・し・ろ・い!!!


 恥ずかしながら・・このももり。本名を「彰子」ともうします。幼い時、母に「なんで弟の名前は卓男なん??」って聞きましたら「卓っていうのは人より優れるっていう意味やでえ」ということでしたが、次に「彰子は???」って聞きましたら、確かに、たぁしぃかぁに「彰子っていうすっごく賢くてきれいなお后さんがいはってん」という答えでした。母は明治生まれですが、師範学校出ですから、当時、国文学は割としっかり身についていたかと思います。そんなあ・・・おそれ多い名前・・・なんですよお。

| | コメント (6)

2019年5月 6日 (月)

京都に住むと忙しい

 5月6日。今日一日をもって連休は終わり。京都って土地に住むと、まったく・・・いそがしい!!!
お祭りだらけ・・・ということで三日、四日は千本焔魔堂の狂言。五日は上賀茂神社の比べ馬、つまり競馬です。3日間、カンカン照りでひどい日焼けです。でも…狂言は素晴らしく面白いし‥比べ馬も見過ごせない・・・ということでママチャリを飛ばすことに・・・


 5月5日、賀茂の比べ馬から。堀川天皇の御代からだっていいますから・・・白川、堀川、鳥羽崇徳、後白河・・・そう…古い!!!


Dscn5018

審判のおじ様…落ちないでね。

Dscn5019


Dscn5021

やっぱり、今日は子供の日・・・ももりも・・・

Dscn5022

 2頭ずつの競馬ですけど、目の前をあっというまに走り抜ける競馬の写真はももりのうででは、ム・リ。それにカメラをのぞいていたら本物は見られないんですから・・・ね


カキツバタで有名な大田神社へ。盛りにはちょっと早いか。でも、木陰でやきもちとお茶をいただいて一服。


Dscn5025

 帰路…これこそ京都!!!大宮通りをやたらママチャリで急いでいたら、お祭りの行列。ここは牛車と御所車まででるんやなあ!!!


Dscn5029

Dscn5031

Dscn5030


Dscn5027


Dscn5028

今日は、研究会。東京の日本水彩に出品手続きを終えたら・・・・も・お・お・・・・ゆーっくりしましょう。



| | コメント (2)

2019年5月 5日 (日)

令和の次第 Ⅰ

令和元年・・・我が家の連休の次第を報告します。


  釣りキチが「好きなとこ連れたげる
って言ってくれましたから京都南部・・木津川沿いには素晴らしい国宝の仏さまがいらっしゃいます。でも、山のてっぺんとか、バスでは近づけないところポツンポツンと散らばっていらして、なかなか個人では行きにくい・・・うれしいなあ!!相棒を送り出してすぐシュッパーツ!!!

 まずは、西念寺・・ここは工事中でした。でもお庭には入れてうれしかったです。すぐ外に「かんばら神社」お掃除のご近所の方もご祭神はご存じない・・・こういうのがうれしいのよねえ。素朴な山奥にも神様は守られていらっしゃ

Dscn5007


 次は「蟹満寺」ここは面白いお話がつたわっています。「今昔物語」にしっかりと残されたお話

  ある日、美しい娘が歩いておりますと、村人たちが蟹をつかまえてぞんざいに扱っていました。娘は蟹をかわいそうに思い自分の夜の食べ物を与え、離してやりました。家に帰って親にいいますと「それはいいことをした」と3人で喜びました。その次の日、父親が道を歩いていますと、蛇が蝦蟇を呑み込もうとしています。父親は思わず「かわいそうに。離しておやり。美しい私の娘を嫁にあげるから」といいますと、蛇はすぐきえました。その夜、厭なにおいがして公達がホトホトと扉をたたきます。蛇が公達に化けて迎えにきたのでした。親と娘は必死にお念仏をとなえ、「しばらく支度の日が欲しい」といいますと、公達は次を約束して消えました。約束の日・・・蛇はもう、公達に化けることもせずやってききています。父と娘は必死にいのります。「南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏」外ではなんだかガサガサ音がしていましたが、そのうちに静かになりました、。夜があけて、おそるおそる外をみますと、たくさんの蟹の死骸とばらばらになった蛇・・・
 蟹満寺はその蟹を供養して建てられたのですって。いいなあ!!!うーっとり!!!白鳳の仏さまは国宝

Dscn5008


次は、浄瑠璃寺。このお寺、実は4回目。でも、今回初めて秘仏の仏様たちにの会いできました。も・お・お・・・感動!!!頃は平安時代

Dscn5014 
 

 歴史を読んでいまして、ドラマよりはるかに面白い史実にのめりこみ状態なのですが、藤原道長が京都に建てたという法成寺…今は跡形もありません。そのお寺にあった同じような9体の丈六の仏様たち同じと様子といわれる9体の佛様におあいできました。それに・・・写真でばっかり、一度も拝顔していなかった秘仏吉祥天女像にもおめもじ。長い年月、人目を避けていらして彩色も美しく、まるで生身のような温かな。あ・あ・あ・・・・うれしい!!!

Dscn5010

Dscn5009

 そこから、「海龍山寺」ここも山の上で、釣りキチが泣き声をあげそうな急な坂道。ここも以前次男が連れてきてくれたんですけど、その時はもう夕暮れ。ひどくわびしい冬の夕暮れでした。今は燃え立つ若葉につつまれて五重の塔が迎えてくれました。それに・・・秘仏も公開!!!うれしい一日でした。相棒の帰宅には間に合いました。


Dscn5015

| | コメント (5)

2019年5月 4日 (土)

令和元年の連休の次第 一番しんどかった日

その日は5月5日。雲一つない五月晴れ。相棒がかねて行きたいと言っていましたご近所の「イオン」へ。服が買いたいんですって。ご近所の家々もお花をきれいに咲かせてますし、タクシーに来てもらうほどの距離でもない。車いすを押して出かけました。

 服売り場、眼鏡売り場でハズキルーペ…これは売っていなかった・・・本屋、食堂街、結局とろ鉄火を買ってトイレ。万歩計をみますと・・・なんと・・98歩   [???  ん
  ついに壊れたか???」
 考えてみますと、車いすを押す手にバッグをかけていました。「ひょっとして???そのせい???一足ごとのショックがつたわらない???」スカートポケットに入れなおしました。
よぼよぼと帰宅。帰路だけで2300歩ほど・・・フーッ・・・連休中一番疲れた日でした。



 
 でも、そこからがももり!!!・・・お寿司をたべて、千本閻魔堂の狂言を見に行きました。いつもは二条駅にママチャリを置くんですけど、駐輪場は満杯。ええーい!!!ママチャリで焔魔堂まで。軽いけどずーっと上り坂。半時間。まったく・・・よくやるよ!!!。この日はプールなしでも十分に運動できました。連休で一番しんどい日になりそうです。おまけに。次の日も焔魔堂へ。うれしいのよねえ。日に焼けてまっかっかですけど。


Dscn5013


Dscn5012

Dscn5011



 じつは・・・・カメラがどこかへ行っちゃって、ブログにアップできなくてイライラしてたんですけど…釣りキチに「カメラ知らん???」ってききましたら、「車の中にあったでえ」ですって、そうか。。。釣りキチが連れてくれた日に、助手席に座ってたっけ。そこに置き忘れたってこと。あ・あ・あ・・・・何とか無事に連休も乗り越えました。

 

| | コメント (3)

2019年4月11日 (木)

どちらをむいても さくら  さくら  さくら

今日は醍醐寺へ (4月9日)

Dscn4987


地下鉄で無料パス。なんとも豪華絢爛!!!

でも・・・・こんな年古りたさくらの老木…痛々しい・・けど…なんだか自分を見るみたいやなあ!!!


Dscn4988



ゆっくり五重塔をスケッチ。そのあと奥の弁天堂へ・・・



Dscn4993  

Dscn4994


三宝院の豊臣秀吉の作庭というお庭とお茶室

Dscn4989

| | コメント (3)

桜  さくら さくら

どちらをむいても 桜 さくら  さくら


今日は嵯峨釈迦堂の大念仏狂言を見にママチャリで・・・ルンルン(4月7日)

Dscn4983


下は船弁慶   静ご前と別れを惜しむ義経…しかし・・船は大会へ漕ぎ出だす・・そこへあらわれたるは平知盛の亡霊!!!大立ち回り・・・あとから役者さんたちがサービス。うれしいなあ!!!


Dscn4991

Dscn4992


Dscn4981


下は「釈迦如来」ありがたいお釈迦様をおまつりしましたのに・・・美しい女しょうには如来様もよわいか!!!ってお話。釈迦堂のは無言劇。5月になったら又見たいのは千本焔魔堂の大念仏狂言。こちらは言葉がアドリブ入り。言葉ってなんとも魅力的なんですよお。

Dscn4995





Dscn4978






| | コメント (5)

2019年4月 5日 (金)

都ぞ 春の錦なりける

京都は今、どっちを向いても花盛り。忙しいこと!!!

まずは、嵐山。ママチャリでGO!!おやおや…大変な観光客です。


 


大好きな梅宮大社へ。ここのお庭はダーイスキ!!!大きなお庭には人影もチラホラ。ここのお庭、自然なのが好き・・・つまり、雑草も大好き。今日も落ち椿道をのおんびり。 

Dscn4975


有名なお庭とお茶室。一度中でお茶をよばれてみたいなあ。


Dscn4974


下は御所。近衛邸の枝垂れ桜。先日、皇后陛下もいらしたみたいですけど、その日は、まだ少しつぼみがかたかったかも??


Dscn4971

嵯峨釈迦堂の仏さまも拝み、図書館も回って、無事相棒より先に帰宅しました。


Dscn4976



Dscn4977


 





| | コメント (4)

2019年3月31日 (日)

いうことをきかないパソコン

パソコン不調のあいだに、アップしぞこなった記事をのせておきます。
 
下は千本釈迦堂。応仁の乱に燃えなかったほとんど唯一の建物。ここの仏さまは、しょっちゅう、出張なさっていてお留守なのですが、この日はいらしたのでゆっくり拝ませていただきました。宝物館も国宝本堂も公開中です。有名なおかめ桜はまだ3分咲きくらい。

 Dscn4961

 

 下は、明治天皇の思い入れによって建立されたといいます白峰神社。かの崇徳天皇がまつられています。いつもは何となく素通りしていましたが、今日は中へ。

 崇徳天皇は白河天皇…この天皇様、史上傑出した独裁権力をふるったお方です。「自分の意のままにならないのは、賽の目、賀茂の水、比叡山の山法師」といわれたとか。この方が溺愛されたたま子様(王へんに文章の章)を息子鳥羽天皇のお后に入内させました。ところが・・おなかにはもはや、白川さまのお子が・・・のちの崇徳天皇です。鳥羽天皇は叔父子(おじいの子)と呼んで)、心を許しませんでした。白川天皇崩御、鳥羽天皇は今は退位して鳥羽上皇でしたが、自分の子を次期天皇にしたいと望み、崇徳天皇と対立。保元の乱です。戦に敗れた崇徳様は隠岐へ流され、狂ったようにその処置を恨んで亡くなられます。都は異変続き、天災、疫病、崇徳様の祟りだということで・・・実はこの崇徳という名も死後に贈られた名前ですが・・・

Dscn4962


Dscn4963_1


下は「蚕の社」太秦にあります。鳥居が三本足なので有名です。左にちょっと見える鳥居の奥に三本足の鳥居があります。ここは好きなところで、こんな町中にありながらうぐいすの鳴き声が聞こえる…というので行きましたが雨が3粒・・・かえりました。鶯はまだ聞かずです。

Dscn4967


 下の鳥居のおくに、3本足の鳥居があります。


Dscn4966

| | コメント (2)

2019年3月30日 (土)

豊穣のひととき

 Dscn4969

 今日は3月30日。結婚記念日です。54回目。相棒は今、デイケアーに行っています。帰ったら・・・ね。

 

 相棒が出かけた後のほんのひと時、ゆっくりお茶。そして・・・最近は「更級日記」を少しづつ音読しています。これが・・・なんとも優雅で響きがうつくしいのよねえ。そのうちにテープにふきこみましょう。


 ももりが古典文学に興味をもったのは、まだほんの最近です。まだ歴女とはとても言えません。5年前に癌手術をして、外国どころか国内旅行すら行けなくなってしまってから。ついで相棒も脳溢血。麻痺が残り、外出もままならなくなって、楽しみはもっぱら本。少し歴史を知りたいと、まずは、漫画や児童書で古事記から奈良時代…そして今は平安時代です。


 ともかくは、図書館で児童書にできるだけ多くあたりました。


Dscn4965


Dscn4964 ・・・

 今は更級日記。作者は菅原孝標の娘。面白いことに作家の父親、菅原孝標は、醍醐天皇の御代、左大臣藤原時平の讒言によって、太宰府に流された、かの右大臣、菅原道真・・・の、5代あとの人。菅原家は学問の家柄です。その家のむすめ・・・ですって。そして、作家の母の姉はかの嫉妬のかたまり、ドフトエフスキーも敬礼しそうな「蜻蛉日記」の作家、道綱の母で・・・つぅまぁりぃ、作家の叔母にあたります。さらに、作家の育て親の弟の妻は紫式部のむすめ・・・ですって。頭の整理が必要ですけど。

 

 父の任地、千葉で彼女はひたすら物語の世界にあこがれます。やっと、13才の時に京の都に帰りました。つてをもとめて物語をさがしますが、なかなか・・・やっと手に入れた物語を、夢中でよみふけります。この物語あれば、貴人の妻になることなんぞなんのその・・昼も夜も、ひたすら読みます。



 さて、ここからはももりのイメージの世界です。
源氏物語は紫式部によって、さしずめ、今の月刊誌の人気シリーズのように、読者に待たれながら発表されていきます。読者は、争って、手の込んだ高価な紙に書き写し、家の宝にと集めていきます。多くの物語、詩集が今日こうして残ったことは世界史上でも、けうなことだったでしょう。

 さて、ある日、源氏物語15巻とその当時の物語…今は失われています・・をそっくり貸してくれた女性…この人こそ母の姉…蜻蛉日記の作家ではなかったか???

 

 知る限りの歴史のなかに、作家をあてはめていくジグソーパズルのような楽しみです。そして…読んでいるのは児童書、きれいな絵やイラストがいっぱい。というわけで、ももりのあたまは、まるで色彩豊かな平安朝の宮廷にまよいこんでいるのです。

 当時、政治がみだれ、一歩、宮から外に出ると、追いはぎ、強盗、旱、水害、風害、はやり病い・・何しろ抜刀した賊が御所の東から西の門までかけぬけた、とか、女の叫び声でかけつけたら、女官が二人丸裸で震えていたとか・・・御所の中ですらそんなありさまだったと、当時の日記は書いているのです。危険きわまりない真っ暗な夜、怨霊やもののけが動き回り、一方では十二単の女性たちが夢の世界がひろげていた・・・んですねえ。

| | コメント (4)

2019年3月25日 (月)

へんなパソコン!!!

も・お・お・・・・うまく動いてくれません。プンプン!!!


時代にとりおかれそうで、何とか続けているパソコンですが・・・そろそろ???

| | コメント (4)

古都の春

京都、古都も春。一条戻り橋の早咲き桜はもう満開!!!


Dscn4952


西本願寺前の「井筒ビル5F]風俗博物館へ。知らなかった!!!長く京都に住みながら、こんなすごい展示館があるなんて…改めて京都の奥深さに驚き!!!今は源氏物語をセットアップ中



Dscn4939Dscn4940Dscn4938

Dscn4945_1


Dscn4944

Dscn4941

Dscn4942_1

Dscn4946_1


パソコン絶不調。勝手に人のパソコンの中までかきまわしてシステムを変えるなんて…ひどいよお!!!パソコン教室の校長先生にきてもらって・・・さ・あ・あ・・・アップできるか・・・エイッ







| | コメント (2)

2019年3月12日 (火)

蜻蛉日記のヒーローは

「蜻蛉日記」・・・・平安中期、藤原兼家・・・当時26才くらい・・にプロポーズされて不安ながらも結婚した19才の作家…彼女は菅原孝標の娘と呼ばれていますが名前はわかりません。というよりも、皇后とかになるまで女性には名前の記録が残されていなかった。清少納言も紫式部も名前ではありません。職名です。兼家との間に生まれた息子道綱が右大将になったので、作家は「右大将道綱の母」とよばれています。


Dscn4936


上はちょっと違うけど「落窪物語」岩崎書店の挿絵 沙月ゆうさん 葵祭のようす

 

 何人もの妻をもつこの時代の妻にとって一番の苦しみは嫉妬です。兼家は、直接親に結婚を申し込み、下手クソな字で品のない紙に歌を書いてよこします。当時はまだ位もたかくない、ぺーぺーですのに。その押しの強さに負けて結婚。

 最初は熱心に通ってきますが、浮気なやり手・・結局、9人の妻がいた???ともいいますよ。も・お・お…腹が立って腹が立って!!!たまに来てくれたら来てくれたで、腹立ちまぎれで怒りまくり???夫は不機嫌に帰ってしまう。またまた悲しい。そんな自分に嫌悪感を抱いて苦しみます。同じ屋敷の姉のもとにはせっせと律儀に男が通ってきているのに。欲求不満、イライラは募るばかり。

 ある時で、そわそわと上の空でかえっていった夫のあとを下男にあとを尾行させます。とある町中の女の家に入っていき、その夜は泊まったという報告。そのうちに子供もできたと世間の噂のたねに・・・も・お・お・・・自我とプライドのがかたまりの女主人公は爆発しそう。そりゃあそうでしょう。本朝三美人といわれたほどの美人で、歌もよむ才女はプライド高く強情です。ドフトエフスキーを思い出すほど、その鬱屈に徹底的に執着する心理描写がなんだか近代的、文学的???と思えてしまいます。


 なげきつつ 一人なげぬる世の あくる間は
   いかに久しき  ものとかは知る



 やがて町の女は出産。子供が死んだときいて喜びます。暗いけど・・・わかる・・・そのうち兼家の女への関心もうすれ、赤ん坊も実は父親は別の男だったのだとか・・・世間の口は・・・どうしようもない。 幼い道綱が、父親が帰ろうとすると、まとわりついて「いつ来る」と問う切なさ・・・・20年ほどでフッツリと日記はおわりますが、作家はその後20年ほどは生きたということです。



 でもねえ…この兼家という男、女が一人で立ち向かえるほど単純なタ・マではなかった。ゆく末は太政大臣ともなり、かの藤原道長の父親ともなった男です。もっとも、道長は時子と呼ばれる他の妻の子ですが。


 天皇花山天皇という人・・・父親の冷泉天皇は狂疾・・・時に常規を逸した行動をなさる・・・そして退位。そのあとを継いだ花山天皇も同じ血をもっていました。
16才で即位、お気に入りの女房に死なれて出家したいともらすようになります。そこに付け込んだのが兼家一家。真っ暗な紫宸殿から夢月の夜に天皇をこっそり連れ出し、門を出たところで車にのせ、前後をとりかこんで寺へ・・・ためらう天皇に「自分もすぐ後を追い、髪をおろします」といって、まんまと出家させてしまいます。天皇がいなくなった御所は大さわぎ。その時にはもう3種の神器は皇太子の手元に・・・うかうかと謀略のってしまった花山天皇は、そのあとどんなに悔しがったことか・・・・



 さて、そのやり手男の兼家、後に続く、一家の兄との権力争いにも結局は勝利し、東三条邸と呼ばれる大きな屋敷を構え、天皇には娘を嫁入りさせ、摂政となって権力を独占するという超ド級の怪物。異腹の妻からは道長がでます。下はマンガ「日本の歴史」中央公論社 石ノ森章太郎から。この物語の本当の主人公はこの兼家???じゃないか???しらね。



Dscn4935

 当時は男が女の家に通うのが普通だったようで、むしろ娘は生まれた家で大事に育てられ、夫や子も娘の実家で世話をし、家を継いでいったようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2019年3月 4日 (月)

天国からの贈り物

Dscn4930


 このかわいらしいお花は???一体どなたが下さったのでしょう。もう一週間たちましたが、さて???どなたが下さったのかわからないのです。

 
 2月26日は次男の命日。ちょうど3年たったのですね。外から帰宅しましたら、鍵をかけた玄関の前にお花がおいてありました。
 はて???どなたから???あちこち電話をかけました。お嫁さんにも・・・いつも優しくしてくれている書道教室のかたにも・・・でも…まだわからないのです。


 お花は元気です。確かに歩いて持ってきてくださったことは確かです。遠くに住む人が送ってくれたものではありません。一体誰やろ???

Dscn4931


 死んだ子は年をとりません。ブサカワだったこの彼は???まだ、30前後ですかねえ。優しいだけの彼でしたけど、愛してくれた方々がいらしたんですねえ。


 はて・・・最近の面白い会話・・・子供の書道教室から


その日、いつもは遅い三男が5時頃帰宅しました。しばらくして顔を出し
「台所のもん見たらカレーやな。なんか見つくろうて作ろか」って言いました。
「ありがと。うれしいわ」って答えましたら私の前にいた小学3年生のカホちゃん
「センセ  あの人だれ???」
「う・う・・・ん。私の大好きな人」ってこたえましたら、妙な顔をして
「ふ・り・ん??」っていうんです。
「ふりんって何???」
「ふりんって、お父さんとお母さんがいるのに、他に好きな人がいること」
「う・う・・・・ん」いつまでもごまかすこともできず、
「あの人はなあ。私が32才の時に生んだ子やねん」
何とかなっとくしてくれました。


 又、ある日、5才のアラタちゃん、おしっこにトイレへ行ってベッドにいる主人をみたのです。
「センセ、あんな‘じいじ‘と結婚したん???」ですって。は・は・は・・・・もう涙が出るほど笑いました。


 又、ある時、おしっこに行ってきた小学4年生のオウ君。指でむこうを指さし、小さな声でいいました。
「センセ・・・あの人死んだはらへん???」
「え・え・え・・???死んだはったらターイヘン。なんで???」って言いますと、オウ君、大きな口をポカンとあけて眠るまね・・・も・お・お・・・笑って笑って…でも確かめにはいきましたよ。



 昨日展覧会も終わり、平穏な日々にもどりました。最近は平安時代の文学に児童書でアプローチ。適当にむつかしくおもしろく、不眠症も治ってきました。


Dscn4933

Dscn4932

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2019年2月28日 (木)

京都水彩展  京都市立美術館別館

Dscn4929

 火曜日から日曜日まで。(日曜日は4:00まで)

今日は温かくてうれしい。午前中、会場へ。


 昨日はポカポカ陽気・・北野天神様へ梅見に行ってきました。相棒はデイケア。梅は、今一番いいころでしょう。鶯の声はなし。以前はテープを流してましたけど・・・こうもすっきり整理してしまっては、鶯も住みづらいよねえ。


Dscn4928


Dscn4927

 お天神さまの境内にあるこの鳥居、たぁしぃかぁ・・・日本三変わり鳥居のうちの一つ。鳥居の台座のハスの花が上下逆さなんだとか???誰が言い出したのかねえ。案内板によりますと…菅氏は元大伴氏・・・大友の御子の時だったか???名前が一緒でははばかられるとかで・・・伴氏と改名したんだっけ???どこかで読んだ記憶あるけど・・・ちなみにあと二つの変わり鳥居は、蚕ノ社の3本鳥居、もう一つは、御所の唐破風、鳥居とか・・・???

 案内遅くなりました。なにかと遅れがち・・・申し訳ありません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年2月12日 (火)

2月26日

 

2月26日・・次男がなくなって3年。


 昨日は今年の寒さの底だったでしょうか。日、月と絵の会の審査。今年は審査員です。審査員になると賞は一切もらえません。ももりは去年、文部科学大臣賞をもらっており、これで上がり・・・もう、賞はありません。



 自分が病気をし、相棒が倒れ、次男をなくし・・・・も・お・お・・・人前へ出たくないと思っていました。顔や言葉でつらさを表すことは拒否してきました。自分の感情をつっつくことにもなるから。素知らぬ顔をしてやりすごしたかったのです。やっと、思い出してホロホロしたり、事実として人にも言えるようになったという感じです。



 ヘソ曲がりな所もあって、賞とか、地位とかに拘泥したくない、と思ってきたのですが、去年の賞はたしかに元気をくれました。絵を描く意欲というより、生きる意欲をもらったといってもいいとおもいます。

 相棒は半身不随、彼はもう覚悟がきまったらしく、一切???・・・いえ、ほとんど・・・愚痴は言いません。じっと我慢をして「いい子」してくれています。やっぱり不自由な身になってすら、私を守りたい、と思ってくれているんでしょう。夫はかわいいけど介護は大変。どこか、自分自身も半身不自由になっています。



Dscn4906


 絵は「旅の終わり」・・・人生も…お・わ・り・・・に近づいてるから???は・は・は・・・

 

 お正月2日・・長男、三男はそれぞれ好きに出かけ、老夫婦二人っきりの家ですることもない。「ええーいっ」とやっつけ仕事でしたが、ほとんど手をいれず、出品しました。
はてしない旅路も間もなく終わる。安らかなわが家にたどりつけるでしょう・・・それは???もう・・・西方浄土・・・かも

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2019年2月 4日 (月)

七十八 年も自慢の ババフライ

  七十八 年も自慢の ババフライ


 どうですか・・・・今日もいつものごとくプールへ。今日、なんだか川柳を募集してるっていうんです。早速一首浮かびました。



 応募箱にいれてチン。祈ります。一等は5000円ですって???2等は3000円だといいます。は・は・は…楽しみやなあ!!!


 昨日は節分。以前は方角を気にして丸かぶりなんかしなくても平気だったのに、なんだか食べないといけないような気になって、スーパーで買った巻きずしを丸かぶりして厄除け。


 ご近所には節分で有名な壬生もあるんですけど、ヘソまがりのももりは春日神社へ。境内はたった一人。白梅がよっく咲いていい香りもひとりじめ。200円のお豆さんも買って帰宅。大きな声で「鬼はそとーーー福はうちーーー」なんだか空虚な家に響いて異様な感じ。相棒は興味もなし。あ・あ・あ・・・・にぎやかに子供たちと豆まきを楽しんだ日々もあったのに・・・



 子供の頃、節分は怖い日でした。豆に追い出された鬼が便所に逃げ込んで隠れてるって・・・トイレに入ったら、下から手を伸ばしてお尻をコチョコチョ。便所なんて、家とは離れた暗い宅地の隅にあったから・・・もう暗いだけでもいやなのに、便所・・・トイレってなもんじゃない・・・に行くのすら怖い・・・



 節分の巻きずし・・・なんだか売れ残りをたくさん捨てるんですって・・・そんなこと…考えられない・・バチが当たる…子供の頃から、食べ物を粗末にするとバチがあたるって言われてて、今でも信じています。買ってきたスーパーの巻きずし・・・一度食べてみようとお高いのを買ったのですが、やたらいろんなものを詰め込んでて味が混ざってしまって・・・イ・ヤ

 巻きずしは自分の好きな料理です。やっぱり自分でまた作りましょう。甘い大きな卵焼き、キュウリなんか入れなくて、三つ葉・・・クッタクタにたいたかんぴょう、高野豆腐かまぼこ、シイタケも甘口で・・・あ・あ・あ・・・いっぱい食べた次男がいないから・・・でも、やっぱり作りましょう。



あたたかき プールはうれし 外吹雪

前世は 魚だったか  プール好き

大窓の 雲に四季見る プールかな

バタフライ? いえババフライ バカフライ


は・は・は・・・・楽しみやなあ!!!







| | コメント (9) | トラックバック (0)

2019年1月29日 (火)

金ピカの大仏

 先日に行った興福寺、中金堂の落成記念展示を見学。そ・し・た・ら・・・中央にまっさらみたいな金ピかの仏様が鎮座しています。激しい群青色の髪の毛なんかも、なんだか、観光地のプラスチック大仏みたい…なぁんとも薄っぺら!!!

 「あの仏様は今のものなの???」
 「いいえ、国宝ではないので、新しく金箔を貼りなおして修復したものです」ですって。


 へ・え・え・・・・仏さまは…やっぱり古色蒼然の方がありがたいなあ!!!


 でも、天平人にとっては、金ピカでこそありがたかったのかも??? 


 新しい年号は???
今、読んでいます杉本苑子さん「穢土荘厳 上下」「檀林皇后私譜」いろんな作家の同時代史をよみましたが、今のところこの作家さんが、イッチバン!!

Dscn4921

Dscn4916


 天平20年に出された聖武天皇のみことのり・・…すべての罪は天皇である自分にある・・・つまりぃい・・・大雨も日照りも地震も疫病もすべては天皇に徳がない???
 天下の富を持つものは自分・・・仏の助けを借りて人民を救いたい・・・・


 天平時代、激しく荒々しい時代です。とてつもない大きさの大仏をつくり、大仏を覆う建物を造る・・・人民はみんな、たとえ一握りの喜捨でもして手伝ってくれ・・・ももり流の解釈ではこうなるのですが・・・


 作業に駆り出されるのは人民。中でも悲惨なのは牛馬よりも安価で売買される奴隷たち・・・金銅を溶かし、鋳型に流しいれ、仕上げは金メッキ・・・水銀中毒でバタバタ倒れる人民たち


 主人公は長屋王家の下っ端の家臣。王侯貴族でなく、下っ端を主人公に仕立てているところも異色です。光明子を皇后にするために長屋王家を抹殺した藤原氏四兄弟。佛罰か???あっという間にもがさ(疱瘡)によってそろって死んでしまった四兄弟。怨霊もこわい!!!さらに苦しみは続きます。娘、孝謙女帝を帝位につけるために殺してしまった異腹の皇子・・・恐怖心から神経症に???平城京を捨て、5年間の放浪の末、結局、又、今の奈良、東大寺の地に大仏を造り始めます。


 主人公の家臣は結局、出家・・・
大仏を造るくらいなら、貧しい行き倒れや容認のための救護施設を造るべきだった・・・と言わせて物語は終わります

 下は、「玉虫の厨子物語」天平よりはちょっと古いかも???でも・・・当時の奈良の都ってきっとこんな感じ???絵は太田大八です。


Dscn4923

Dscn4922

Dscn4924

Dscn4925

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2019年1月23日 (水)

「天平」のまち中へ

 昨日、奈良へ。興福寺へ行ってきました。透きとおったぬけるように碧い上空に白と淡いグレーのうす雲が足速に駆けぬける‥でも、地上の風は案外穏やかで、いかにもいにしえをしのぶにはよいおひよりです。
 このところ、いろんな作家でずーっと読み比べている天平から奈良への時代。荒々しい歴史です。ここ、興福寺は藤原不比等が建てたお寺で、代々の藤原氏のお寺でした。五重の塔は、父、不比等の供養のため、光明子が建てたといいます。何度もの火災にも会い、その都度再建されました。平成の去年、中金堂が再建されて、今、落成記念展示がなされているのです。

Dscn4918

Dscn4917

 もお・・・かたいお話はやめ・・・どうですかぁあ???
杉本苑子さん描く奈良から平安の時代に下の絵で入りこみましょう。

 お偉いお方のお出ましを見物に行くのに、歩くのを面倒くさがって女物の牛車の乗り込んだ三人の若者。牛追いの子供と大きな強い牛のすごい引っ張りとデコボコ路に、のりもの酔い…御簾を・・あげてゲーゲー・・杉本苑子「今昔物語集」挿絵は太田大八です。
Dscn4915

昔の旅は、ホント大変  でも、景色がよかったらちょっとは一服・・・ね。

Dscn4914

池に住む水の精・・・・力自慢がつかまえますが・・・さ・あ・あ・・・どうする??


Dscn4912

Dscn4913
 この太田大八という作家さん、若きももりがずーっとあこがれていた作家さんでした。その話は後日・・・





 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月17日 (木)

阪神淡路大災害はいのしし年

 TVを見ていた相棒がふと言いました。

「阪神淡路大地震はいのしし年やったんやでえ」
「へ・え・え…なんで知ってるの」
「あの前の日、あんたのいのしし見に、大丸行ったんや。16日になったら展示替えやっていうてたから」
「???何のはなし???」


 もう、すっかり忘れてました。24年前の猪年のお正月のウィンドウディスプレイ、大丸百貨店だっけ???猪を描いたことがありましたっけ。


Dscn4911_3


 奥の方のウインドウに猪がチラリ・・・ここはどこ???神戸三宮大丸だと相棒はいいます。


Dscn4908


Dscn4907



これは、自分が描いた証拠に撮った写真のはず・・・



Dscn4910


Dscn4909




24年前かあ・
・・54才。若かったなあ。
新年の梅宮大社のお札の写真、自分が写ってるのもあったんですけど、見るからの大婆さんなんで、ぞっとしてアップしなかったんです。でも・・・は・は・は・・・いいじゃない。年を取るのはあたりまえ???



Dscn4900



 相棒が倒れたのは5年前の1月16日。真夜中…12時頃???釣りチキがバタバタ2階からおりてきました。「お父さんの様子がおかしい」びっくりして2階へ。実はももり自身が大腸がんで手術していらい、トイレやらもろもろ2階生活がつらくなって1階に寝ていたのです。



 相棒は、もう身動きでず失禁。すぐ110番。意識はしっかりしていて「救急車を呼んで」ということでした。なんとか病院のベッドに落ち着いてももりは帰宅。真夜中・・・3時半ごろ???相棒がその日出発するはずだった沖縄の旅を旅行社に☎してキャンセル。「これ以後の旅の予約は全部キャンセルします」と言いましたら、何しろ、海外は、インド、ネパール、国内は何だっけ???いくつか旅の予約を???入れていました。



 早や、もう5年目に入りました。相棒は「ケーキを買ってきてお祝いして」って言ってます。明日・・・、ね。それにしても、今週は、相棒の歯医者が2回。散髪が一回。自分の医者が2回。こう何度もお医者通いばっかりでは・・・ッタクー・・・


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

余生

 ある方のブログで、ぽっくり様におまいりして・・・という記事をみました。よく、ピンピンコロリ、が理想だっていいますけど・・・我が家・・・相棒脳溢血で倒れて間もなく5年目にはいります。介護生活は確かに大変。でも・・・やっぱり生きていてくれたほうがうれしいと、今思っています。


 ぽっくりでなくって、介護のゆっくりした???期間もあってよいかもしれないと思います。相棒は、ともかく仕事一筋で頑張った人ですので、今、静かに休んでいると思っています。ぽっくりいかれるよりも、二人の愛・・・てれますけど・・・を確実なものとしてるっていう感じ???やり残した仕事を全部し終わって、自分も一生を終わるというのがいいなあと思います。まああ・・・相棒は我慢つよく、、しっかりいい子でいてくれていますからそんなことが言えるのかもしれません。相棒も私一筋でしっかり愛してくれたと信じます。


 絵も一生懸命やった、書道も頑張った、エッセーもやってた、スペイン語も、旅も…結局ゼエーンブ「お・あ・そ・び」にしてしまった。でも、、、主人との生涯だけはやり遂げたって思いたい???のかも



 ぽっくり逝ってしまった次男・・・まだ45才ですよお。これは・・・つ・ら・い・・・・ことでした。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2019年1月 4日 (金)

にいどしの初絵

 お正月の一日長男夫婦はおぞうにを食べてオーストラリアへ。三男はおせちのあと、四国へ釣りに3日の泊り旅。プールは3日から…だ・・か・・ら・・・梅宮大社へママチャリで初もうで。


Dscn4903

 二日になると、もうなにもすることがないので絵を描きました。なんだかのってきて筆が勝手に動きます。3月の展覧会の絵は何と、何とかこれでいけそう。ついでに6月の展覧会のも手掛けておきましょう。絵のタイトルは「旅路」にしようか???

Dscn4906

 どこかで確かに見た真っ赤な日没。西方浄土への旅???砂漠の夕焼けってのは実にすごかったなあ!!!


Dscn4905

この絵は一体、何???さ・あ・あ・・・こんなのできちゃった・・・???




Dscn4904


[神に捧げる]・・・おかしいでしょう???まったく違った三枚って???ま・あ・あ…まだまだ・・これから、これから・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

良い年でありますように

Dscn4898


  新しい年を迎えまして、皆様おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。


釣りキチは、元旦早々四国へ釣りに。長男夫婦はおぞうにをすませてオーストラリアへ・・・またまた老夫婦だけになりました。大食漢の次男がいないとおせち料理も、ほんのちょっぴり。今年が穏やかでありますように祈ります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年12月23日 (日)

奈良へ 法華寺と海龍王寺

 これは覚書で11月30日のこと・・・またまた奈良へ。
龍田大社へ行きたいなあ・・・と思って家をでました。・・・百人一首・・「龍田の川のもみじなりけり」・・・・ってあまりに有名でしょ。でも・・・やっぱり、電車の中でかんがえますに、帰宅時間に無理がありそうで、急きょ心がわり。西大寺でレンタサイクルをゲットして、法華寺と海龍王寺へ。




Dscn4866

 法華寺は、聖武天皇、光明皇后が幼い日をすごしたやしき跡です。 海龍王寺はすぐ近く。この周辺、実におもしろいお話がいっぱいあります。聖武天皇没し、光明皇后との子、孝謙女帝が天皇に在位。しかし、実権は藤原仲麻呂がぎっちりにぎって、女帝はお飾り人形。仲麻呂の言うままになっていました。がしかし…病気で寝込んだ女帝の介護をした道鏡…献身的な治療によって回復しましたが、道鏡にすっかり首ったけになってしまい、勝気でわがままいっぱいの女性に目覚めてしまいました。もちろん仲麻呂はおもしろくありません。


 称徳女帝はお気に入りの道鏡をなんとかして位のトップにつけたがっていましたが、旧来の摂関家、藤原一族はこぞって大反対。仲麻呂の下心にやっと気づいた自分の愚かしさよ!!と思ったかどうかは知りませんが、道鏡への愛に目覚めた40才過ぎての初恋は燃え上がります。仲麻呂はクーデター。ここは旧臣たちのおかげで乗り越え、仲麻呂は琵琶湖畔で死にました。
そんなとき・・・766年(天平神護2年)、平城京の北東にあり「隅寺」とよばれてた海龍王寺から仏舎利がでた!!!毘沙門天のお像の中から仏様の骨がでた!!!というんです。出現したありがたい仏舎利とは???誰が仕組んだ????おおげさな儀式をもよおし、即日、道鏡を法王に任じました。



 聖武天皇と光明子の一人娘、孝謙女帝・・・もっとも、弟、安積親王は生後1歳くらいで死。その死に悲しみにおぼれ、長屋王を呪詛と言いがかりをつけ無実の罪で攻め、長屋王一族は自死。そのあとすぐ光明子が聖武天皇の妃になりました・・しくまれたドラマ以上の面白さ・・・面白がってるなんて不遜かもしれませんが・・・歴史は勝者によって書かれるとして、現在では様々な憶測がうまれ、今では、いろんな作家が好き放題を主張しています。読み比べていくと、結局その裏の作家の人間観が見えてくる…それがまた魅力なんですよねえ


 
Dscn4867

 法華寺には光明皇后を写したという等身大の観音様がいらっしゃるのですが、やっぱり会えず…また来春に…なんて・・ね。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

「十五の夏」 佐藤優 読みました

Dscn4893



  友人が「すっごく面白かった」と言っていましたので、長いこと図書館で待ってやっと読みました。難関の県立浦和高校に入学した佐藤優君は15才。夏休みに共産圏諸国を一人旅します。しっかり予習もしてお金は父さんにだしてもらう一か月の冒険旅行です。ともかく15歳にしてはしっかりしすぎていて・・・自分とくらべるからか???・・・どこまで本当でどこから虚構なのか、常に??しながら読み終えました。


 エジプト航空でカイロ乗り換えチューリヒ。そこから汽車で東独、ポーランド、チェコ、オーストリア、ハンガリー、ルーマニア、アルバニア、ソ連はモスクワ、キエフ、ブハラを経て、ハバロフスクからナホトカ経由帰国という大旅行です。旅の計画立案から共産主義への予備知識などをしっかり報告していますが、15才にしては完璧すぎる???んじゃない???


 ももりも、この本に登場する国のいくつかを旅しています。尤も、ももりの旅はアマちゃんのパックツアーがほとんどですが、ももりの旅の年代もけっこう古くて、自分の体験と、大いにダブってぐいぐい読み進みます。ももりもソ連からモンゴルへ出る旅では往生しましたっけ。まだ、ツーリズムが十分でなかったので、いたる所で立ち往生。でも、本当の旅のだいご味はそんなハプニングのスリリング感と人々との生の交流です。ルーマニアがひどかったとか、ハンガリーの食事はとてもおいしかったとか…うんうん…ナットク、納得。

 

Dscn4888


 上の写真はハバロフスク。ももり45才。優君の旅の6年後です。ももりの初旅はその6年前の中国。共産圏・・・未開放というか、監視付きの旅はある意味ではほぼほぼ似た印象はあるかもしれません。下はルーマニア。

Dscn4891


 チェコからハンガリーの平原…まっ平らな平原はハンガリーの民族音楽をおもいださせます。

Dscn4894


Dscn4895


下はオーストリア。シェーンブルン宮殿です。雨が降ってたんやねえ。


Dscn4887

 優君はハンガリーの文通仲間を訪ねますが、友人は留守。でもいろんな人と知り合って、貴重な時間をすごします。上の写真はハンガリーの王城にて。



Dscn4889_2


 旅ほど楽しいものはないなあ!!!今では国内旅行すらムリ。でも…この紅葉の秋、ちょいちょい旅はしました。奈良へ3度。草津鉄道に2回、田辺に1回。もう…冬・・冬ごもりの時・・・温かいお部屋で本といっしょ、は、うーんとのおーんびりー。現実離れした夢を見るのがうれしいです。

 もし、ホント???って思われる方は、ももりのホームページへどうぞ。左のお気に入りからいけますよ。尤も、初めのころの共産圏の旅は写真は許されたところ以外は禁止。スケッチまでチェックされたから・・その上、記憶も、も・お・お・、お・ぼ・ろ・げ・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年12月13日 (木)

平安でなかった京の都

 

Dscn4839


こんな文をみつけました。「徒然草」より



・・・京極殿、法成寺など見るこそ、志とどまり事変じにけるさまは、あはれなれ・・・・・・大門、金堂など近くまでありしかど、正和のころは南門は焼けぬ。金堂はその形とて残りたる。丈六の仏、九体、いと尊くて並びおわします。行成大納言の額、兼行が書ける扉、鮮やかにみゆるぞあはれなる。法華堂などもいまだいま侍るめり。これもまたいつまでにかあらむ・・・・



解説に・・・
 平安中期から中世にかけて、盗賊による放火や戦災が相次いだ。内裏は平安遷都以来、15度にわたって火災に遭い、1227年、再建中の殿舎が消失して以来、宮城内に内裏は営まれず、代わりに貴族の邸宅を里内裏とした。・・・最大幅84メートルというメインストリートの朱雀大路も、ほぼ畑と化した・・・



 吉田兼好が生きたのは鎌倉・・・1192(いい国)造ろう鎌倉時代…って覚えましたっけ。それから90年ほど後に生まれた人。だから・・・今、影も形もない法住寺、藤原道長の栄華の館は彼のころはまだ残ってたんやなあ。丈六の仏9体も・・・もったいない!!!

 案外京都って古い仏さまはいらっしゃらないんです。やっぱり仏さまは奈良。か、京都周辺のお寺・・・何度もの大火・・放火も多く焼き尽くしてしまったんやねえ。

 そうかぁ・・・ももりの住む中京、朱雀大路より西は特に荒廃がひどかったらしい。狐狸、盗っ人、鬼が住む・・・う・う・・・・ん。内裏は天皇のいます館というくらいの意味になって転々としたらしいなあ




 平安時代、天平時代…・{平}のつく時代。知れば知るほど無秩序っていうか・・・今の感覚の秩序なんてもちろん通じないけど、暴力的で利己的。血なまぐさい政争で、ライバルの命を奪っていきます。一方では狂ったほどの仏教への思い入れ…ま・あ・あ・・・・ひどいことしたからこそ救われたかったんかなあ!!

 平成時代!!!昭和の戦争からあとのももりの生きた時代って歴史上でもまれにみるいい時代やったのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

最後のきらめき

 

パソコンが3晩入院しました。ブログで記事を書いてたら、突然・・・なんだか勝手に動き出して・・・やがて・・動かなくなりました。またまたぁ、気のいいパソコン教室の校長先生に来てもらいましたら、「ちょっと持って帰ってみてみましょう」ということです。


 ハードもソフトも何もわからず、ブログとホームページだけを楽しんでいるような状態です。校長先生が信頼できなければ、預けるのすら心配。尤も、買い物はしないからお金にかかわることは書いてないとは思うんですけど・・・ 世の中の仕組みの変わりようについていけません。ま・あ・あ・・・なんだか、悪い人が妙なこともするようで、そろそろ素人の手にはおえない??限界なのかも???


 初冬・・・つらい季節です。足元から冷えがはいあがる。サーッとしぐれて透き通ったような碧空がひろがる・・・秋とお別れ・・・ママチャリで嵯峨野へ。落柿舎へ行きました。



Dscn4885

Dscn4882

下、厭離庵へ。ここは尼寺。最近こそ特別公開しますけど、普段はひっそり。

  騒人に 
ひたと閉ざして 嵯峨の寺…誰かの句です。いいなあ!!!



Dscn4883


下、大沢の池は水をぬいています。鯉あげするんやろか???


Dscn4884



嵐山もすこしは静かになったかしら??やっぱり横目でみて北へ・・・今年の秋ともお別れです。

Dscn4881

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

奈良 般若寺

 次の日(11/29日)は奈良般若寺へ。実は、一度円城寺へ行ってみようと奈良駅まででてきました。ところがおっそろしくバスの便が悪い。もう出てしまった後で、1時間後のバスにのったら???帰りが・・・ということで「じゃあ、般若寺へ」   

 般若寺は大好き。奈良坂をこえて、平城山をこえて・・・という表現は万葉集によくみかけますが、奈良に住む友人たちに聞いても「平城山???そんなん知らんでえ」って言う返事。ここ般若寺の前の道が古の奈良の都と京の都をつなぐ奈良街道でした。


 ここに陣取った平家の若き御曹司、平重衡が南都へ攻め寄せたのは12月29日。真っ暗な夜の般若野に陣をおきます。当時、茅屋に日をつけるのは闘いの定石、ということで、付近の草屋に放火。折りからの冬風にあっというまに東大寺、興福寺、大安寺など、南都をほぼ焼きつくしました。バス停からは般若野が一望に…・歴史の中に身をおいてうっとり。


 やがて平家が衰え、重衡は南都焼き討ちの罪で鎌倉へおくられ、都への帰途、山科で処刑されます。天皇、貴族いならぶ前で「青海波」を踊って当時トップをうたわれた美貌の公達、トップスター。清盛の栄耀栄華のなか、蝶よ花よと育てられ、名目上の将軍として南都焼き討ちの罪を一身にかぶった公達あわれ・・・
この春、重衡の処刑地が公園になっているのを探しに歩きましたっけ。


Dscn4873


Dscn4872


 何年か前、一人でフラーリ。そのときは片隅の小さなお堂で200円の入園料を取って寺宝を公開していました。13重の塔の5段目から出土した小さな胎内仏とさらにその胎内からでてきたアクセサリーみたいな小さな仏様だったか???2体。が展示されていてお客は私一人。お坊様がいろいろお話しを聞かせてくれました。天智天皇の息子にはほとんど弟の天武の娘が嫁入り。へ・え・え・・・反対に天武の息子たちには天智の娘が嫁入り・・・へ・え・・え・???そんなこと???「血を守るためです」って。


 後日、TVで、そのお坊様が偉いお方としりました。あの2時間ほどの夢みたいな時間は???般若寺のまぼろしか???門番のお方に聞きますと、老僧は30年ほども前に亡くなられてますとのこと???あのお方は一体???


 私が日本史に近づいたのは、大腸がん以後。相棒も介護が必要になって海外旅行どころか国内旅行も行けなくなってからです。古事記から始まって、目からうろこ・・・へ・絵・絵…なあんて面白い!!!飛鳥、奈良・・・白鳳、天平の仏様たち・・・今は、平安から鎌倉あたりをうろうろ。ちっとも急ぐこともないし、好きで周辺をさまよってるだけ。


Dscn4871


般若寺は一年を通じてお花が咲いているお寺ですが、コスモスももう終わり、さすがに・・荒涼…これがまた好きなのよねえ。大体…は・は・は…「すさび」ってのがいいじゃないの。



| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

勧修寺(かじゅうじ)の姫君のおはなし

Dscn4868  


 今昔物語にあるお話です。高貴な公家の若君が山科に狩りに行きました。一天にわかにかきくもり、大嵐。夕立です。お供の者たちともはぐれ、一人の郎党と、とある田舎屋に駆け込みました。田舎にしては、ひそやかな優雅なおももちの住まい。あるじがでてきて、やがてひそと茶をささげて出た娘をみますと・・・なんとも…幼いながら美しい。その一夜がすぎ、嵐もおさまって若君は都の家に帰りますと、家中が心配して大騒ぎ。二度と遠出をしてはならんとの言いつけで、久しく娘のことも忘れておりました。そのうちにあるじはなくなり、遠ざけられていた郎党も身近に戻り、気になっていた娘の家に行ってみようと思いたちます。
 その家は昔と変わりなく・・・そして茶をささげて出てきた美しい娘の横には5~6才くらいのいとけなき姫が・・・お・お・お・・・あの一夜のおきみやげ・・・
 と言ったかどうかはわかりませんが、やがてこの公達は立身出世し、姫君は宇多天皇の后に上り、醍醐天皇の母となられました。その屋敷跡が今の勧修寺だといいます。(巻22第7)ここは蓮の時にも来ましてスケッチをしましたっけ。



Dscn4869


Dscn4870    
 そのあと随心院へ。月イチの古文書の教室は、今、ももりが一番楽しみにしている教室ですが、その教室の藤本先生が先週おっしゃってました。
「私は随心院の古文書の調査を依頼されていまして、京都にきますと、随心院の3畳の部屋に滞在するのですが、最近では洗濯物を自分でコインランドリーにもっていって、洗濯ができるのをぼーっと待ってる…こんなところで自分は何してるんだろう」っておっしゃってました。先生は確か90才+アルファ・・・古女房のもとに洗濯物をおくりつけることもなさらない・・・かわいいなあ!!! 随心院はスケッチなし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

お出かけびより 真如堂から吉田山

 風邪はしつこく続いています。咳がとれません。ということでプールはしばらくヤ・メ。プチお出かけを楽しみましょう。


 今日(11/27日)は真如堂から吉田山へ
行きましょう。市バスは真如堂で下車。厳しい階段を手すりにつかまってオッチラエッチラ。裏門です。ここは、京都でおそらく随一。紅葉はただ今真っ盛り!!!燃えたつようです。すばらしい!!!お・お・お・・・すばらしい!!!赤、オレンジ、黄色…いちょうの黄色が紅葉の赤を引きたてます。
Dscn4874

Dscn4876


Dscn4877


 そこから吉田山へ。目の前に大文字山が広がります。ここまで来るとたった一人。帰り道、神楽坂通りって言う道標が気になりました。どうも気になる???この道はまだ行ったことがありません。足は???ま・あ・あ・100メートルくらいの吉田山、なんとかなるやろと下りていきましたら・・・素晴らしいお屋敷の並ぶ静かな道に出ました。手入れをされたお庭です。ももりの住む中京とはえらい違いやあ!!!
 スケッチをしいていますと上品な奥様が声をかけてくれました。「何描いてはりますのん??」「比叡山があんまりきれいやから」「あの後ろは蓬莱ですよ」へ・え・え・・・・蓬莱山は比良山脈の一番京都よりです。若い頃何度も登りました。息子達ももちろん!!!「きれいですねえ。これだけのお庭のお世話は大変ですねえ。とても一代ではむりですねえ」「住むのは大変ですよ」う・うううん。坂道の上に住むのは大変やろなあ!!


Dscn4878

Dscn4875






 



| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

攪乱

 風邪をひきました。今まで、風邪くらいって思ってきましたが、今回結構しんどいです。相棒にうつしたらあかん!!!でも勝手に咳はでる。ゴンゴンゴホゴホゴホンゴホン!!!


土曜日の夜、ちょっとのどが痛いかな??と思ったのですが、まあ、大したことないやろ。

日曜日、プールに行ったんですが、
ヒヤッと水が冷たい???これは・・・と、歩いただけで帰宅。咳が出始めました。かなり激しい!!!やっぱりプールがいけなかったか???釣りキチが「熱あるのちゃうか???」って。37度でした。

月曜日、熱はありません。この日、小品展の飾りつけ。わたしはキャプション係。お役目だけして早々と帰宅。相棒をお風呂に入れて・・・日常変わりなし。

火曜日はプールはお休み。高雄に出かけました。1時間に一本のバスは乗り込んだ時から満員。終点まで立ったまま。優待席は若い観光客が占領。見てるスマホは中国語・・・


Dscn4865
Dscn4864


水曜日。月イチの絵の会。どうしようか・・・風邪をうつしても大変やし・・・でも、若いメンバーたちの顔を思いうかべて、出かけました。みんなすごく喜んでくれました。

木曜日は教室。今若いお弟子さんに助けてもらっていますので、声をあまり出さずに
終わり。

金曜日、一日ゴロゴロ。

土曜日、やっと医者様へ。お薬もらってレントゲンかけてもらって、気管支炎。肺炎の心配はないとのこと・・・・やれやれ・・・医者様は木、金とお休みだったのです。

今日は月曜日。咳も少しはましになったかも???夜、久しぶりによく眠った感じ。相棒も癇癪を起して怒鳴りました。「ごんごん咳して寝られへん」でもねえ・・・出るんですもの、勝手に・・・心の中で「あなたはいいよ、一日中眠てられる・・・それに・・・そのうちに眠たままになる???かも???」ひどいですよねえ。でも、口には出さず・・・

 老々介護、介護する方も無力です。腕力もありません。若かったらなんともなくできたでしょうことができません。共倒れ???
 


 この秋、時々のお出かけは電車のプチ旅。これはメッケものです。京都市内は人だらけ。でも一歩田舎へ出れば日本の田舎の秋はとても美しい!!!ひっそりとした田舎のお寺に思いがけない素晴らしい仏様が待っていて下さる。京都って、案外仏様は少ないみたい。何度もの戦乱に仏様たちは燃え落ちました。特に応仁の乱、11年もつづいた乱は地方からやってきた無法者の集団に徹底的に広範囲に破壊されました。文化にも愛着も尊敬も何もない…ひどい戦争でした。
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

お出かけびより  Ⅳ 草津鉄道

Dscn4861


 京都からちょっと離れて・・プチ旅。マタマタ草津鉄道にて・・・今日は 甲賀町へやってきました。ご存知、甲賀忍者で知られる町です。‘甲賀‘は‘こうか‘と読むそうです。
 ここにいらっしゃるいちいという木の観音様は33年に一度の御開帳。今年がその年なんですって。駅のパンフで仕入れた情報です。最澄の命で彫られてたといういちいの観音様は座像ですがその大きさは日本一だそうです。平安時代。こんな田舎にしっかりと守られていらした仏様。ほかにも15体もの仏様もいらして東京都博物館でも「甲賀の仏展」というのが開かれたそうです。


Dscn4847_2



 琵琶湖をはさんで比良連峰があまくかすんでいます。何度も登った山々。息子たちと遭難寸前になったこともあったなあ!!!びっしり実をつけた柿やミカン・・・今はだれもたべないのかしら???花ざかりみたい!!!きれい!!!
 貴生川から南へはおっそろしく電車の連絡が悪いみたい。とりあえず、期間中だけ走ってるというバスにのりこみ、楽野寺に到着。ゆーっくりご尊顔を拝ましていただき、素朴なおむすびとプラスチックによそったお蕎麦でお昼。いいなあ!!!


Dscn4848


下は帰途によった大鳥神社

Dscn4849



 さああ・・帰らなくっちゃ。相棒も気になる・・・でも・・甲賀駅に出ると、汽車は1時間後。???「それなら一度関西線に乗って木津へ出て奈良を回って京都へ帰ってみましょう・・・と草津線終点の柘植駅へ・・・これが・・まままあぁ。柘植から木津への汽車はでたばかり。う・う・・・ん。ということでまた柘植からもう一度草津へ戻り帰宅。相棒はデイケアから帰り無事にベッドにたどり着いてました。なあぁんだ…一人でもなんとかできるんやないの・・・ね。


 
明日はまた、次の展覧会「日本水彩京都支部小品展」です。
Dscn4844

この絵、まだ何か足りない・・どうする???

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

お出かけびより Ⅲ  唐招提寺

 奈良へ・・・奈良へ・・・西ノ京‥・唐招提寺へやってきました。11月12日。
このところ永井路子さんの歴史全集にかかりっきりなもんですから、とても気になっていましたが、この日やっと出てきました。井上靖「天平の甍」は鑑真和上が日本へやってくるところでほぼ終わります。しかし、その後の鑑真は??

Dscn4846
 


Dscn4854


 どうやら、それほど華々しいものではなかったらしい。永井路子さんの「氷輪」は、鑑真来日その後を描いています。この小説は仏教の経典の研究に深く、ももりの頭ではついていけません。でも・・・おおよその天平時代の政治史とのからみから推測しますに・・・結局、古い在来の仏教界、特に東大寺の政治勢力に取り込まれ、逼塞・・とまではいかないけれど、華やかな活動はできなかったようです。

Dscn4850


Dscn4860


 つまりぃい・・・鑑真和上が5度の嵐を乗り越え日本へたどりつかれたころ、聖武天皇はすっかり心弱くなっておられ、ひたすら仏の恩徳にすがりたかった・・・



749年(天平感応・・この年天平勝宝元年)聖武天皇譲位して出家します。戒を授けたのは東大寺、良弁
753年  鑑真来日
754年(天平勝宝6年)聖武上皇、光明皇太后、孝謙女帝、鑑真により受戒します。ちなみに戒にはいくつも段階がある・・・この時が鑑真のハナだったようです。受戒して安心した聖武天皇は4年後に死にました。東大寺の良弁…東大寺最高の権威者だった良弁は、部下の僧たちに戒をさずけてもらったら、それで終わったとばかりその後の鑑真には・・・冷たかった???永井路子さんは、そんな程度の低い書き方をされてはいませんよ。ももりの少ない脳ミソにはそう思えました。



 でも、ともかく平城京の大極殿を移築したという講堂と金堂、そこにいます天平の仏様たち・・・・素朴ながら、大きな大きな建物と、思いのたけを刻み込んだ仏様たちが現代まで1300年も守られていますことってすごいなあ!!!



 唐招提寺で天平の仏様たちと会い向かいあってゆっくりさせてもらったあと、今まで気にかかっていたもう一か所へ。そこは・・・



 奈良の薬師寺が水面に映る風景。何度か薬師寺は訪れていますが、薬師寺の周りにはお堀も川もなかったような???でも、確かに水面に映る薬師寺の絵や写真はよく見ます。一体このポイントはどこ???
 近鉄西の京の駅で降りたところでお昼。カレーうどんを食べました。そのお店の方に聞きますと、「ここからちょっと上がったところに大池って言う池がありますよ」というお話。ということでタクシーに。運転手さんも「そんな池あったかいな???」ってうどん屋できいてくれて10分ほど・・・ほんに・・・かなり平凡な池につきました。「あ・あ・あ、このあたりやねえ。ちょっとだけ待ててね」。スケッチ一枚。


Dscn4851


Dscn4853



 実は・・・右側の塔は解体修理中「へんなビルが建ってる???」と思うほどの大きなかぶせ物の中…というわけで絵はウソかいてます。全く…絵なんて好きなようにつくれるんやから。タクシー代2000円損した気分。は・は・は・・・でも、楽しかった。



 そのあと薬師寺に入りましたが・・1600円。500円ですばらしい唐招提寺を堪能したあとのこの1600円は、なんだか・・・???でも、とてもいい一日でした。







 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

お出かけびより  11月6日 (火曜日)

 お天気はサイッコー!!!。お空は真っ青でピッカピカ。相棒はデイケアーに行きました。も・お・お・・・ムズムズ。どこかをフラフラしたぁあーい!!!



 近鉄新田辺駅へやってきました。まずは一休寺へ。乗り合いバスがあります。ここは初めて。よく噂はきくお寺です。昨夜の雨にしっとりぬれた苔の緑があざやか。トンチの一休さんはTVでよく見ていました。天皇家のぼんぼんで、詩人、禅僧、哲学者、旅人・・・



Dscn4834


Dscn4838


Dscn4833



 一休さんといえば、あの銀閣寺を作った室町時代の将軍義政の御前にて、「このふすまの中の虎を縛れ」とふっかけられ、「すぐやりましょう。まず、虎をふすまから追い出してください」と切り返したとか???「この橋、渡るべからず」という看板にも平然と渡った。「うん、真ん中を渡ったもん」とか・・・頭がいいって言うかやわらかい人だったのでしょう。88才でこのお寺で入滅されたそうです。紅葉は少し早いけどとても澄み切ってきれいでした。

 一休寺でお昼。近くに観音寺という国宝の天平の観音様がいらっしゃるお寺があるはず。お店のかたにききますとバスはないといいます。ここまで来たんやからとタクシーを奮発。やく2000円。このタクシーの運転手さんは失礼ながらハ・ズ・レ。ももりが「ええとこやねえ」って言いますのに、「住んでみたらただの田舎ですよ」ですって???観音寺への行き方も知らない。「ええっ、そんなとんでもないところやったら帰りの足は???でも・・ここまで来たら・・・ええーい。なんとかなる」と思う間に観音寺に到着。



Dscn4832

 観音寺は、天武天皇による創建で、一休寺よりはるかに歴史は古い。古くは33もの堂塔が立ち並んだ豪壮なお寺だったといいます。平重衡の南都焼き討ち後、荒廃するにまかせていましたが、加賀前田家が本堂だけを再建。そこにひっそりと守られていらした観音様は天平仏で国宝。お会いしてきました。


 明日香の聖林寺の聖観音様と同じ時期の天平仏さまだそうで、今、残ってらっしゃるのはこのお二人、二体だけなんだそうです。たった一人で対面させていただきました。それにしても・・・こんなひなびた小さなお寺によくも無事に守られていてくださったと・・・なむあみだぶなんまいだぶー・・・



 帰りに呼んでもらったタクシーの運転手さんは歴史に博学で、とても楽しい時間をすごせました。「平重衡の南都焼き討ちで燃えたって・・・延焼ではないんでしょう???奈良の興福寺や東大寺・・すべてを燃やし尽くしたといわれる南都ですが、この地は離れすぎていますね」「もちろん燃やしに来たんですよ。奈良の都から平安京に遷って、寺勢力と武士には大きな反感があったんです」ですって・・・も・ォ・オ・・・こんな話なら駅までつかないでほしい!!!「この道が大和街道、ここからが平安京、今までが奈良の都です」って。


Dscn4836



 最近、特に好きになってきた仏様たち。京都市内に残る平安時代の仏様のお顔は、ゆーったり。何もかも忘れて身を持たせかけられる…って感じ。ふっくらと緊張感のない穏やかなお顔です。でも…奈良、明日香の仏様たちのおお顔はキリリっと引き締まって意志的。そんなところが大好きです。


 デイケアーから相棒が帰宅する直前に帰宅。ふっくらとうれしい一日でした。紅葉はますます・・少しずつお出かけしましょう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土)

腰…回復・・・うれしい!!!

 腰痛が収まってきました。もう…年やから・・・・こんなもんでずーっといかんなんのかなあ・・・とつらい思いでしたが、ここ2日ほどで、ぐーっと楽になってきました。まだ回復する若さも残ってたんやねえ。うれしい!!!




Dscn4826



 久しぶりにこんなの描きました。「四明展」に出しましょう。額屋さんにたのんでやれやれ。最近、絵を描かなくなっています。展覧会がなかったら描かない。描けない???ト・ホ・ホ ・・・
お歌は天智天皇。万葉かなのままです。解釈は

  わがやどに 大雪ふれり 大原の
 ふりにし 里に ふらまくはのち
 
 
 このお歌、「大原」っていうから京都の「大原」かと長いこと思ってました。京都の大原なら、都より雪は遅いはず・・・??でも…この地名は小原(おはら)明日香村にあります。中臣鎌足のうまれた村なんですって。うっとりするよなあ!!!


 歴史に興味をもち始めて、はじめはバラバラだった知識が、ジグソーパズルみたいにつながって、段々立体的に見えてくる…年をかさねるほどに面白くなって、生きる希望につながります。本だけは今も旺盛に読んでいますよ。たとえ腰痛でもね。
 


Dscn4825


 卒業大学のOB展です。メンバーの中で、ひょっとしたら???一番の古株になってるのかも???




Dscn4827


 先日、お友達と嵯峨大覚寺へ行きました。嵯峨天皇のお手書きの般若心経などなど。
ももりの最近の、何よりの楽しみは古文書。月イチの教室では、古文書を読むことよりも周囲をとりまく時代考証のお話がたまらなく面白い。印刷物のない時代、まずは書き写すことから始まったのでしょうね。ももりの興味は、とりあえず、今は平安後期から鎌倉へのころ・・・どなたも、何を学びたい、知りたいと思っても、まずは写本をもつ、手づから寫すことから始まったのでしょうねえ。源氏物語も古今集も、万葉集も手から手へと寫されていきました。




 ももりもひたすら古典の臨書にいそしんだ若き日々がありました。谷辺橘南先生、古筆研究の第一人者の書家でいらした先生のもとで親しくお習いしたひたむきな日々。いつの間にか遊びにしてしまった???今…その原点に回帰。谷辺先生の弟子でもあった父とも再会・・・なんてうれしいことでしょう。




| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

哀しい夢

 明け方に見る夢は・・・た・し・かぁあ・・・・まさ夢・・・??


 なんとも、寂しい哀しい夢をみました。
なんでか知らんけど…満員のバスの座席で横になってる。起きようとするんですけど、どうしても動けない・・・・何度も動こうとするんですけど、どうしても体がいうことを聞いてくれません。「あらら・・・これは???右半身不随???私も?脳溢血???相棒と同じ??ちょっと向こうの方に相棒がいるみたい・・・「父さん、とうさん、とおぉさあん・・とおぉさん‥・来てくれません。しまいには「なお・・・なぁお・・・なぁお・・・」なおは釣りキチの名前です。だあれも来てくれない。

 

 ふうっと、腕が少しだけ動いたみたい。「あ・・動く・・・あ・うれしい・・・へ???ゆめやったん??」3メートルほど向こうに相棒のベッド。「きばって呼んでたのにちっとも来てくれへんかったやないの」「なんやひどううなされてるから、「どないしたんや」って声かけてたやないか」そうそう。相棒はもう車いす。かけつけることすらままならないのでした。

 

「あなたはええわよ。不足でもなんでも私がついてるやん。私はどないなるのん」

老いって、年を取るって寂しいことなんですねえ。やがては一人ぼっち・・・



 腰は痛いけど、少しづつお出かけ。相棒はもう「出かけるな」って言いますけど…知的好奇心だけが今の私のエネルギー源なんです。
 下は新日枝神社(いまひえ神社)。スケッチはないけど新熊野神社(いまくまの神社)。このあたり一帯は広大な後白河天皇の宮跡でした。熊野詣で大好きだったという後白河法皇お手植えのクスの大木に手をあわせ、皇太子殿下お手植えのナギの木をみて終わり。境内の熊野めぐりは先の台風による倒木で立ち入り禁止。




Dscn4823



 下は唐、新羅、百済より渡来した金銅仏を見に、泉屋博古館へ。遣隋使や遣唐使などによってもたらされ、寺や屋敷の奥深く大事に守りついでこられた、運命的な旅をした小さな持仏様たち。素晴らしい!!!本当に心がいっぱい、ふくふくとうれしいです。


Dscn4821



 下は嵯峨釈迦堂の特別公開。輪堂の中。この塔をひと押しすると何千回ものお経をとなえたと同じ霊験があるんですって。下はヘタクソなスケッチ。ト・ホ・ホ・・・

Dscn4820


Dscn4824
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

内なる警告

 今、すこし腰痛。久しぶりです。昨日、医者様にいきましたが・・・


 
 「ま・あ・あ・・年齢・・・少しづつすべり症状もありますが・・・また、ひどくなったら来てください」ってことでお薬も治療もなし。   
 もおぉ・・・ゆっくりしましょう。普段から「できるだけは、がんばりましょう。いつかは必ずできなくなる日がくるんだから」って思ってました。ここで腰痛。「少し休みなさいよ」って腰がいってるのでしょう。   
 今、膝がダメで歩くのが苦手。だから・・・汽車の小旅をしようとこの秋を待ってました。台風が去った火曜日、素晴らしい秋空にさそわれて、相棒をデイケアに送りだして旧東海道の宿場町へ。琵琶湖線、草津乗り換え、草津線は石部駅下車。京都三条、大津、草津、石部・・・と昔の旅人は旅をしたのですって。いざいざ・・・



  おやおやレンタサイクルですって???ふらふら気の向くままってのには、チャリは最適。電動自転車ってのは乗ったことがないから、普通のチャリでシュッパーツ!!!




Dscn4818



Dscn4817



 ルンルンとやってましたが・・・ずいぶん登り下りがある。アレッ!!、急に腰が・・・痛くなってきました。まずは目的の常楽寺へ到着。ゆっくり一服もして1キロ先の山の上にある長寿寺へ・・・ところが・・・相棒は3時ころには帰宅しますし、腰もかなり痛い。 寺の前にはバス停もあるのに、チャリは捨てられないのよねえ。次回にまわすことにして、石部駅に戻り、2時過ぎには帰宅。それ以来、腰痛です。



 まああ・・腰が「ちょっとええ加減にしてよお。年考えて」って言ってると思って、お休みタイムします。
プールでのババフライ!!!これのせいって言われるのは口惜しいからなあ・・・は・は・は・・・しばらくはゆーっくり。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

台風一過

  素晴らしい!!!真っ青な秋の朝空に銀白の半月!!!
台風は今回は京都へは来なかったみたいです。前回のすごいのに怖れをなして植木鉢やら大きなさつきの樽やら…釣キチにも頼んで万全の備えでしたが、今回はあっけなく通り過ぎていきました。やーれやれ・・・

 勝手なこと申しておりますが被害にあわれた方々には心よりお見舞いをもうしあげます。


 この秋、もう少し涼しくなったら、汽車の小旅をしようかと思っています。今、ねらっているのは草津線。JR東海道線を草津でのりかえ・・・旧東海道の宿場町をひとつづつ。信楽高原鉄道で〆。駅の観光案内マップに頼ります。予習は一切なし。スケッチしながら細々と・・・と・ほ・ほ・・・足がイマイチなのです。暑い間は外にも出なくて、ブログのネタもなかったから、スケッチも久しぶりです。相棒には???お留守番をさせます。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

続 ごちそう2題 

 釣りキチが台所でコソコソ・・・お昼を作ってくれるそう。ゆーっくりワインを飲んでまちましょう。おつまみはオリーブの実とチーズを少々。



 できましたぁ!!!
Dscn4809  


 鯛のカルパッチョとメッキのスープ・・・うンまあーい!!!



 夕方、マタマタ・・・釣りキチが台所でコソコソ。ももりは相棒をお風呂に入れて・・・夜は鯛のお刺身と漬け丼。しめはおいしい緑茶でお茶漬け。おいしい!!それにターップリ。貧乏くさい懐石のお刺身なんかとちがってウーンと「食ったあ!!!]って感じがリッチなのよねえ。

 次男がいたら真っ先にやってくるのにねえ。ま・あ・あ…言ってもせんないからなあ。お墓参りはすませました。長男はアフリカに・・・



Dscn4813




Dscn4815

 焼いたシマアジをむしって、その上にたれにつけた鯛をのせ・・・おしまいにはおいしい緑茶を注いで・・・・できあがり!!!釣りキチも満足。相棒も満足・・・もちろん・・・ももりは大ダーイ満足!!!


Dscn4816


 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

ごちそう 2題

 
先日、すばらしいお料理をいただきました。ガッツリ…フレンチ…フルコースです。赤白ワインも、もっちろん!!!おやおや、アペリティフは写真をとり忘れて、もはやお腹の中。友人がご馳走してくれたのです。ま・あ・あ・・ごらんあそばせ。




Dscn4804


Dscn4805



Dscn4806



ワインとかサラダとか・・・写真は忘れちゃった・・・ザンネン!!!


Dscn4807



Dscn4808

 ももりのブログってお料理の記事はほとんどありませんよね。う・う・う・・・・あまりお料理はうまくない。それなりに良心的にはやってるつもりなんですが・・・というか、戦後の貧しさの中で育って、明治の母に、がっつり禁欲的に???育てられ、食べ物をおいしいのまずいのと言うなんて、許されないような気分を今でももち続けていますから。

 今日は、釣りキチの「おとこの・お・お・・・釣り料理」

 もし忘れなかったら次回アップしましょう。




 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

♪♪ 今は・・・もう・・秋 ♪♪♪

 秋を見つけに…植物園へ行きました。9月11、いい日(火曜日)
そしたら・・・台風の爪痕のさざまじさをみることに・・・いたるところに大木が根こそぎ大手をひろげてぶっ倒れています。5日間休園だったんですって。
でもでも・・・幼稚園の子供たちが・・・元気やねえ。



Dscn4802_3


 
おやおや・・・こんな・・・きのこ???

Dscn4803_2

 
 玄関にいばらの実とフジバカマ、われもこうをさしました。これで家にも秋???



Dscn4801_2



 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

長らくご無沙汰失礼いたしました

 
Dscn4797
 元気に過ごしています。ちっともお返事やコメントを書かなくて失礼いたしました。
何しろ暑くってお外にも出かけられず、楽しみはもっぱらプール。先日、4回目のレッスンをうけました。泳ぐのは好きでしたが全く我流、ワイルドでしたが、ふと、無料の30分コースに参加しましたら、「へ・え・え・・・そうやったん」って納得することもいくつかあり、当分、やってみようと思っています。77才の水泳教室…は・は・は…目を三角にして頑張ることもないのにねえ。朝顔もひそやかに頑張っています。おかしいのよねえ。今年はブルー。白やら赤やらはどこへいったの???
Dscn4800



 プールで2時間、歩いて泳いで帰宅。そのあとは思いっきり本とリラックスタイム。今は永井路子 さん描く鎌倉三代・・・すごい!!! 凄い!!!スッゴーイ!!!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2018年9月 5日 (水)

おっそろしかったぁあ  台風21号

 昨日の台風…怖ろしかったです。



 雨戸は一階も二階もしめて物干しざおなんかもきっちりしばって、バケツやらは室内にとりこんで、でも・・・ま・あ・あ・・・それほどでもないかも???なあんてTVのお守り。相棒もデイケアーは欠席です。



 午後2時ころ、ガレージで大きな音!!!びっくりしてのぞきますと、釣りキチの、なにやらゴチャゴチャした大きな塊が散乱。雨の中、まとめて、コンクリートブロックを重しにして地面にねかせました。家全体がビューンとゆれるような風の音。なにやらぶつかったような音も何度か・・・コッワー!!!TVで台風の目の位置を確認します。


 午後3時半過ぎ、ふと風がやみました。きっと「これは、きっと台風の目???」と思って外を見ましたが青空は見えず・・・でも、雨はしとしとって感じで降ってました。そう、台風は突然終わったのです。
マタマター・・・表のさつきの大きな漬物桶がゴッローン。釣りキチも雨の中帰宅。停電で仕事は終わりですって・・・よーかった!!!



 とりあえず無事な日常に戻っています。ご心配をおかけしました。
自分のことばかり書いています。皆様のご無事を祈っています。








 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

オクテな朝顔

やっとー・・・朝顔が一輪咲きました。



Dscn4791



 朝顔は大好きで毎年のように植えていました。物干しの屋根いっぱいに咲いたことだって、「朝顔の木」ってブログにアップしたことだってあったのです。ダーイスキ!!!大体赤が多かったので、この春はブルーと白の苗を買いたしました。いろんな色がいーっぱい咲いてくれると思ったのに、どうしたわけか????まるで・・・・知らん顔。



 苗に肥やしがきつかったのか???種がもう何代も我が家のなので、いい種をとれなかったのか???それとも、???猛暑のせい????


 ま・あ・あ・水だけはやってました。自分ものどが渇くんですから花だって・・・ね。


 今朝、一輪、小さいけど咲いてました。うれしいッ!!!おそ生まれのひよわな子は人並み以上にかわいいとか???よーく見たら、小さい赤のも明日あたり咲きそう。つぼみもいくつかみつけました。あ・あ・あ・・・これで、明日からの朝の目覚めが楽しみです。



Dscn4794




 おかしいでしょう???中京のコンクリートで固められた土地に住むと、こんなひそやかな楽しみ方しかできないんです。



 夏も終わり???難解な鎌倉三代を今、いろんな作家で読んでいまして、その中で永井路子「北条政子」はうーんと読みやすい。久しぶりです。坪内逍遥「牧の方」岡本綺堂「修禅寺物語」・・・とか近くは室麟「実朝の首」・・・往生しまっせ・・・苗字と名前がこんがらがって、も・お・お・・・でも、あらかたわかってから
永井路子さんのを読めば、実に平易でよーっくわかって引きずられて読み進めます。あ・あ・あ・・・・鎌倉とか、修禅寺温泉とか…行きたいなあ。猛暑でお出かけもならず、本と首っ引きで引きこもったこの夏でした・・・・そ・し・て・・・まもなく・・・秋


 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

台風通過

    京都はものすごい風が吹いたようです。ようです…というのは私自身はぐっすり眠ってしまってた‥・台風が姫路に上陸したあたりまでは気にしてTVを見ていましたのに、一番激しいときはぐっすり。相棒も「ひどい風やった」って言ってました。

 朝になってびっくり。大きな漬物桶に植えたさつきが道路にゴロンと転がっていましたし、焼き物の重たい傘立てが、中にスコップやらなにやらいっぱい突っ込んだままガレージにゴローン。2階に寝ていた釣りキチは「ものすっごおーい風で怖くて眠れなかった」ですって。先日、桂川が氾濫しそうだった時は、ひっきりなしのケータイの避難警告でしたが、今回は3回だけ。どちらも我が家からは遠く、現地の方々には申し訳ないけど、何とか無事。

 

 

 

 とりあえず、ご心配をおかけしました。ここに報告いたします。


 今、TVで石破さんがしゃべっています。この人はダイッキライ!!!ちゃんと人の顔を見てしゃべってよ。それに具体的な政策の話ならまだ聞くけど、政治に対する姿勢とか理想とかをもったいつけてしゃべるばっかり・・・日本の国土を買いあさろうとしてる国もあるというのに・・・
 気がついたら日本が占領されてるてなことになったら???コワヤコワヤ!!!今、読んでるのは、平家物語の続きで鎌倉時代…3代実朝あたりまで・・・寸土を争って血を流した歴史です。



 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

初めての秋風

 お盆の16日。昼間は雨。時折激しく、時には晴れ。でも、夜になると・・・大文字です。TVで時間を合わせ、ママチャリで見に出かけました。家を出たとたん「涼しい!!!」今年初めての秋風です。なんだか感動!!!西大路四条あたりで左大文字がきれいにきれいに見えました。我が家からはすぐ。やっぱり感動!!!




 午前、相棒をデイケアに送り出して、深草の青少年科学センターへ。バスは乗り放題の老人パス。プラネタリウムがお目当てです。息子たちが子供だった頃、何度も何度も行ったプラネタリウムですが…実は、実は・・・一度も全部見たことがなかった!!トワイライトソナタが聞こえ、だんだんお空が暗くなるといつの間にか熟睡。「コケコッコー」の鳴き声が聞こえて、ぱっと目が覚めると、なんともさわやかなお目覚めという次第でした。
 というわけで、「今度こそは絶対眠らないぞない」と言い聞かせて入場したのでしたが、でもでも・・・・昔とすっかり違って面白いコメントがつづいて、眠くなるなんてことはまるでありませんでした。
 今、火星、木星、土星だっけ???もお・・・わすれてる???もちろん、金星は宵には見えますけど、夏の大三角形もしっかり??頭に入りました???


 帰りには、京都駅のポルタでお一人ランチ。アボカドとかつおのどんぶり・・・これがなかなかおいしかったのよお。たまには外食もいいなあ!!!いいヒントがもらえました。帰宅、お一人御詠歌も急ピッチですませましたよ。




Dscn4787




展覧会もあさってには終わり。地蔵盆も同じ。何とか無事に夏を終われそうです。ま・あ・あ・台風は心配ですけど。



 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

悪意あるメール

 昨日、パソコン教室の校長先生に来てもらってパソコンを見てもらいました。



 「Re image  ホームページが乗っ取られています。あなたのパソコンをスキャンすることをおすすめします・・・うんぬん・・・」とか、違う日には「悪意のあるウエブサイト診断・・・うんぬん・・・」とか。結局、支払いのページにたどりつくんですけど、なんだかお金の支払いには不信感をもってしまいますので、一度、以前かよっていたパソコン教室の気のいい校長先生に来てもらいました。  
 やっぱり、お金を払ってはいけないページだそうです。その後パソコンのお掃除もしてもらいました。


 
 今では、もうあらかた楽しい記事は書き尽くしたし、新しい展開もありそうにない日常で、「もう止め時か???」とも思いました。でも、止めるにも止め方もあるかなとか???例えば汚染されたページに善意で書き込んでくれた方に迷惑はかけられないから・・・とか、ぐずぐず悩んでいましたが、そんな心配はないでしょうということでやれやれ・・・
 悩みが一つきれいさっぱり消えてすがすがしく、暑さすらちょっとはましになったみたい???



Dscn4786



明日は上の展覧会の準備。絵の写真は???忘れちゃった・・・大したこともなし。



 下はカズオイシグロ・・・おっそろしく読みづらい2冊。こんなのがそんなに良いかなあ???


Dscn4785




 暑い日が続きます。図書館に行くのもつらいから下の本も買いましたが・・・どうも読みづらい。こちらが力がなくなったからですかねえ。



Dscn4785_2






 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

ブログもネタなし

 
 こう暑くっちゃ、外出もできません。ブログもネタなし。


 京都は連日40度に届きそう。一歩外に出るだけでムンときて外出もためらってしまいます。ブログネタのスケッチもなし。息してるだけ。気息奄々ってこういうのをいうんでしょうか。それにしてもクーラーがなかったら危険、という実感はあります。


 長男の生まれた頃、クーラーはまだなく、赤ん坊はあせもだらけ。一日に2度行水をさせて真っ白に天花粉をかけてました。次男は1年10か月遅れで生まれましたがクーラーで汗もは知らず。


 クーラーが都会の熱放出の一因だそうです。怖いなあ!!!
人間様の快適さを求める行為が一層の熱さを招くんですって。パソコンもいうことをなかなか聞いてくれませんし・・・しばらく…ブログも・・・おヒルネ・・・??



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年7月30日 (月)

おやおや・・・コメントが入りません。

おやおや・・・コメントが入りません。なんでやろ???ということでこちらにカキコしました。



kazuyoo様   TVのいうことも新聞のいうことも信じられませんね。先の大戦のときの新聞なんかひどい見本ですもの。それでも、偉そうにまるで・・・・国を売るがごとき・・・いえいえ・・やめときます。ま・あ・あ…私のいうことに左右される人はないでしょうけど。
玉井人ひろた様  「ランボー」覚えています。戦争って実に実に・・・ひどい悔しい…でも繰り返し繰り返し…人間は・・・ね。
くちかずこ様  そうそう・・・豆餅、思い出しました。私は花俺峠のサバ寿司を買って相棒のお土産にしましたよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年7月27日 (金)

ノーベル文学賞って

 カズオ イシグロ。先日ノーベル文学賞を受賞したイギリス在住の日本人作家の「日の名残り」を読みました。 



 もし、必死に頑張って生きた人生が、それほど価値のないものだったと???今までの価値観をひっくり返される、否定される・・・・これって、戦前の日本人、軍国少年たちはみな体験したこと。いちずにお国のことを考えた人ほど、喪失感は深刻だったでしょう。
 苦々しく思い出します。戦後の教育は平和教育という名のもとにすべてを否定!!!左翼思想???日教組なんか・・・反戦教育という名のもとに、行き過ぎた平等を!!!今、若い世代は「お国のために」なんて???ヘデモナイ???
なんて、ももりの想いは、本から離れてしまいました。



もし、絶対的な尊敬の対象が裏切り者との評価を受けたとしたら???



 カズオイシグロ「日の名残り」…舞台はイギリス。貴族の古い大きなお館に、執事として完璧な自分であったはず。一生をこの仕事こそと思い、このお方こそ絶対とあこがれてお仕えした執事人生。22人ものお客を迎え、何一つぬかることなく完璧にお屋敷を仕切る。世間的にも絶対的な名声と尊敬を受けていたはずのご主人様が、ある日、社会からは裏切り者と評価される・・・ナチスの協力者であった・・・人生の老残の日に・・・突然、目からうろこみたいな見方の逆転があったとしたら???


 
 自分の判断をもたず、滅私奉公。ひたすらご主人様で生きた老執事。ご主人様はなくなり、新しいオーナーはアメリカ人。「一か月ほどアメリカへ帰るから、その間、車を使って旅をしてきたら」と言ってくれます。「こんな美しい国にいながら何も見ないで死ぬのは惜しい」素晴らしい車で服装にも気を配り、何しろお館の名をケガしてはいけないから。一歩お屋敷から外へ出た世間の人たち・・・初めて知る価値観の違い。
 自分を抑えた重苦しい執事の世界の中で、唯一登場する溌剌とした若い女中頭。その娘の激しく生々しい感情を、ひややかに無視した自分・・・



 なかなかしんどい本でした。レトリックっていうか・・技術的、構成にも凝りすぎ???もうちょっとすなおに書いてくれたらもっと読みやすいのに・・・なあんて、フラチな読者です。でも、また違う本も買ってきましょう。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年7月25日 (水)

下賀茂神社の御手洗(みたらい)神事

Dscn4784
 
 毎日狂いだしそうに暑いですが、さる日曜日、下賀茂神社へいってきました。若いお嬢さん方と一緒です。


 下賀茂神社の御手洗神事は、真夏の厄落とし神事です。境内の冷たい湧き水の小川を歩きます。さ・あ・あ・・・100メートルくらい???水深は膝下くらい。幼児さんたちはパンツまでつかってキャーキャーいっています。ともかく驚くほど水が冷たい!!!・・・・神聖なお水も飲み放題。先日は茅の輪もくぐったし、これで今年の厄はゼエーンブ落ちました。永く京都に住んで、今回が初体験。とても楽しかったのよお。
 そのあとはランチ。相棒が車いすになってからは、毎日3食を枕元に運びますので、外で食べることがずいぶん減りました。おいしいのよねえ。ひと様が作ってくれて、目の前に運んでくれる…なあんてうれしい!!暑さと人の多さでスケッチどころじゃないけどとりあえず・・・



 



| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

暑い暑いと、もう言わないで

06122055  




TVでは、毎日、毎日、毎日、気温が38度を超えるとかいっています。我が家には寒暖計もないので、クーラーをきかせた家の中でゴロゴロ。ほとんど、本をよんでいます。でも・・・結構お出かけもある。しんどいもんです。


 昨日17日、祇園祭の巡行の日。相棒はデイケアーで出かけ、自分のお医者様にカンカン照りの中、ママチャリで。薬局もすませ、郵便局の用事もすませ、鉾の巡行の方向へハンドルをまわしたのですが、ヤ・メ。汗だらけで帰宅。そのまま、カット(髪の毛)に行って、買い物もすませて、しばし休憩。


 3時半には相棒帰宅。そのまま、家に入らず予約の眼科へ。これが・・・・・アツイ!!!燃え立つようなアスファルトの上を車いすを押して・・病院までは約10分あまり???息も絶えだえ・・も・・お・お・・・・・薬局も寄って帰宅は6時。



 くたびれました。TVも、もう・・・タ・ク・サ・ン
暑い暑いって言わないでよ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

プール中毒

京都は今、祇園祭一色。久しぶりに東京から帰宅した長男も、祇園祭を見てくると言って出かけましたが…ももりは・・も・お・お・・・クーラーをきかせた家でゴロゴロが至福。



Dscn1832_2



Dscn1831_2




Dscn1821_2



 最近のももり。プール中毒???ともかくプールへ行かないと禁断症状がでます。プールに行ったって、立派に泳げるわけじゃありません。ともかく授業料というものを払ったおぼえがないので我流。我流といえば、聞こえが悪いから、ワイルドと言っておきましょう。結構達者に泳ぎます。いえいえ泳いでいるつもり。



 最近ハマっているのがババフライ。もうだいぶ前、下手な人が4人ほど、上手な人にバタフライを教えてもらってるのを眺めてたら「あなたもやったら??」って言われて、いきなり「えいっ」とやってみましたら「あれれ???いけるかも」ってんで、25メートルいきました。それから急に、人に知られて???は・あは・は。おかいしいよねえ。77才のバタフライ、ババフライです。




 ともかく楽しいのよねえ。地上ではヨチヨチしてるのにプールでは自由自在。達者なもんですよお。


 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

日本水彩「巡回展」「関西地区合同展」

 
Dscn4782



日本水彩「巡回展」「関西地区合同展」 今年は京都市美術館改装中で神戸原田の森ギャラリーでおこなわれます。7月11日から。


 
 ちょっと気恥しいけど…ここに自分のうれしい記録を残しておきましょう。



Dscn4780

 今年、3月、京都文化博物館で行われた[京都水彩展」で、この、ももり、文部科学大臣賞をいただきました。そのことが記事になっています。ももりのコメントはあと回しにして、絵を批評してくださった千代田会長の文章がす・ご・い!!!

 
 「あてどない旅」
 北アフリカの乾燥しきった街がある。一歩町を出ればそこは砂漠地帯である。男たちはこの音も風もない無機質な街にいる。やがて灼熱の太陽に眩 暈(げんうん)した彼等は虚無の坩堝の中をムルソー化して彷徨い、あの、アルチュール・ランボーのように砂漠に粛然として消えていくのであろうか。一人消え、二人消えて、また一人駆け出して行く。沈黙が町全体を、すなわち画面全体を覆っているようだ。画面を分割して上1/3を茶褐色で街並み、その左1/3を暗緑色でオアシスの象徴、2/3の緋色は街路か、そこを斜め方向に横切る黒のストライプ模様は右1/4で朱に反転して、最後の男を映す。男は砂漠の中へ消えていく己の運命を呪う。救いは、ただ祈ることではなかろうか。
 注  ムルソー…フランスの小説家、劇作家、評論家カミュ(1913~1960)の小説「異邦人」の主人公。不条理な人間を描いた。
     アルチュール・ランボー(1854~1891)フランスの象徴派大詩人。文学と絶縁、ヨーロッパ・アフリカを貿易商人として点々とし、最後は行方不明となった。



 どうですかぁあああ・・・!!!すばらしい!!!この批評は絵よりよっぽどすごい!!!先生はもう80才を超えてらっしゃるはず。それで、カミュやランボーですって。ももりの本棚にも、たしか、まだカミュはあったはず。う・う・・・・ん。読み直してみましょう。もう一度、青春の日々が戻るかもしれないから。


Dscn4781



3月30日と19日、当ブログに、ももりの気持ちは書いていますが、記事になった文ももう一度ここに残しておきましょう。

受賞者のことば
文部科学大臣賞をいただいて 
 なんてうれしいことでしょう。また、生きる気力がわいてきました。
 ずーっと、「あなたの絵、わからない」って言われてきました。私の絵は心象風景です。頭の中だけで創り上げる自分の宇宙、その中に生きる人間。力もないのに大それた壮大なテーマがすきでした。タイトルに想いを込めて描いてきました。 
 まず、「宇宙たち」律動する天体も宇宙ならこの爪のアカも宇宙。このタイトルはひとりよがりで自分は大好きでしたが、タイトル倒れでした。尤も、以前このタイトルで知事賞をもらっています。その次は「ソドムの街」旧約聖書に登場する街です。おごり高ぶった人間たちが神の領域まで侵そうとする。ついに神の怒りに触れ、ある日突然、火が降り崩れおちる。現代文明のソラおそろしさをえがきたかったのですが、これはサッパリでした。「君、原稿用紙2、3枚も説明がいるような絵なんてダメなんだ。第一、絵描きなんてそんなに頭よくないんだよ」ですって。ヒドイ!!
 ぞの次が、「生きる」旧約聖書の町、シリア、ヨルダン、エジプトを旅して、旅先で見た子供たち。粗末な布をひろげておそまつなものを売っています。学校にも行ってないでしょう。彼らは生きるために働いています。
 抜け目のない鋭い目つきは、スキあらばかっぱらいでも、売春でもなんでもする。でも、彼らは働いている。乞食ではない。その力を描きたかった。
 これも、「ユニセフのTVみたい」と言われてヤメ。悩んでいたころ、自分も病気をし、次いで主人が倒れ、何とか耐えている中、次男を亡くしました。当時の絵は暗く、病的で、みるからにイヤらしい!!!「あてどない旅」は次男を探しまわる自分です。
 今回の受賞作を見てくれた友人が、「明るくなったねえ」って言ってくれました。この一言で救われました。45才で亡くなった次男は、もう、何の心配もいらない明るい光の中にいるのです。もう何も心配することはない。
 さいわい、私の病気もすっかり快復しました。「もう、絵は描けない」と悩んだ日々から抜け出せた今回の受賞でした。
 77才でこんなうれしい幸せがいただけるんですもの。皆様、大いに希望を持ち続け、描き続けてください。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

やっと今朝は青空

 疲れました。今朝は三日ぶりのきれいな青空。真っ白な雲。お日様もキラキラ輝いてなんともきれいな空気感。でも…大雨疲れで、朝日を見たとたん、家族みんな安心して、今は眠っています。  



 静かな朝ってなんていいもんでしょう。無事こそが幸せです。
各地に多くの被災者がでましたこと、心痛みます。一刻も速い回復を祈るばかりです。
 木曜日の夜は、5分おきに入る警戒情報で眠られず。激しい雨の音、TVに刻々と映し出される桂川、鴨川、高瀬川の水位上昇・・・・でも、我が家は何とか、避難勧告からは外れていました。



 友人たちもそれぞれ大変なだったようです。消防に来てもらった人もいました。普段は涸れてしまっている川が満水で材木も流れ込んで大変だったとか・・・・。でも、浸水も怪我人もなかったようです。自然って、本当に怖い。被災地で頑張っておられる方々に感謝です。



 ご心配をかけました。静かな朝。安心して、今から少し眠ります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

茅の輪くぐり

 

 ちょっとの時間をみつけて、梅宮大社へ。帰路、斎宮神社へとおりかかりますと、おやおや!!!茅の輪が用意されています。厄落としをしていきましょう。茅の輪は葦でしょうか???丸く輪にされてその中をS字状に、なんだか呪文をとなえながら3回まわります。そしたら、去年の厄が落ちて今年が無事なんだそうです。




Dscn4771


 あちこちの神社で茅の輪くぐりという行事はあるようですが、京都以外にもあるのでしょうか???下は、ご近所の若いお嬢さんが「自分でつくってきた」と小さな茅の輪をくれました。玄関に飾ると厄払いにご利益があるといいます。





Dscn4777



 下は梅宮大社。ここは橘美千代が建てたといいますから古い。ご存知、藤原不比等の後妻に入り、光明皇后を生みまいらせた女傑です。フラフラしていますと、庭師のお方が二人。お昼休みです。
 「ここ、大好き。雑草がいっぱい生えてるのが好きなんです」

「はあ・あ・・・草ぼうぼうでは、さぼってると言われそうですけど、そういう人もいはるんですなあ」

「だって、雑草ってかわいいんですもの。中京のコンクリートのすき間だって、たんぽぽやスミレが咲くんです」お二人を後にして進みます。奥に入ろうとすると竹の棒で通せんぼ。

「通れへんよ。私この奥のお庭が大好きなんやもん」

「ほんなら、入りいな。誰かがなんか言いよったら、頭の禿げたおじいがええて言いよったて、言い」ですって。その道はいつもの道とちがう森の中へ入りこめて、これが感激!!!うっそうと大木の生い茂った原始の森???外はブンブントラックがはしっています。下はお茶室周辺。アジサイがみごとでした。

Dscn4772








Dscn4773_2




Dscn4774

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

「血脈」の御陵めぐり

 このところ、人様にはわかってもらえないような行動ばかり。
 そ・れ・・がぁ・・、天皇方の血脈・・・を追って御陵めぐり。というか御陵さがし。 「平家物語」の主人公…清盛よりよっぽど面白い天皇の方々??面白いっていっては不敬罪???かもしれないけど・・・天皇方々すごくヘンテコリン・・というにはあまりにもおかしく悲しい。幼いころから女官たち、女ばかりに囲まれて育ちます。女たちは一門の勢力安定や地位獲得のためにさしだされているんですから、よりどりみどり。やりたい放題!!!



 今読んでいます「宮尾本 平家物語」は、平安末期の天皇家の血脈を興味深くくわしく描いています。それが・・・・・佐藤愛子さんの「血脈」よりもはるかに、はるかに・・・人間的というか???動物的というか???退嬰的というか???小説よりもはるかに奇!!



Dscn4766




 後白河天皇は29才で即位。たった3年で、16才の第一皇子二条天皇に位を譲り、上皇となります。この方、7年在位して23才で死。あとを継いだのが六条天皇、2才・・・満年齢では7か月???六条天皇も後白河の第二皇子です。六条は、たった3年在位。5才(満年齢では??才)で譲位し、継いだのが高倉天皇8才。高倉天皇11才、18才の平徳子・・・・おそばには手あたり次第にものになる女房どもにかこまれて、なかなかお子ができません。8後にやっと生まれた第一皇子が安徳天皇。




 周りの大人どもの都合で好き放題される幼帝もあわれですが、この後白河というお方の生きておわす間に、「保元の乱」「平時の乱」「鹿が谷の陰謀」「以仁王の反乱」「源平の戦い」とひどい殺し合いが続き、結局、平家は義経に壇ノ浦で亡ぼされ、義経は兄、頼朝に亡ぼされ・・・・
 1192年(いい国つくろう鎌倉時代」後白河が死んで、鎌倉時代に入ります。




 梅雨の晴れ間に「二条天皇陵」をさがしにババチャリででかけました。
何気なく地図をながめていたら「二条天皇陵」というマークが・・・・これは・・・行かなくっちゃ。西大路通りをひたすら上り、平野神社から北西西あたり????


 近くを歩いていますお人に聞きますと・・・「確かに近くに、なんやあったねえ」という返事。二条天皇というお方、人には知られていないようですが、平家物語では非常に興味深いお方です。
 その1・・・先帝の后、(多子)まさるこ)をどうしても・・・と聞かずに、自分の后にしてしまった。すでに皇后はいましたのに。
 その2・・・父親、後白河は自分が好き放題をしたくてたった3年で譲位したものの、息子二条天皇は独自の政治路線を打ち出し、父子の仲は険悪に。「三十三間堂」(蓮華王院)の建立祝いに、頑として出席しなかったとか。
「三十三間堂」は、平清盛が後白河のために建てたお寺です。


 
 目指すあたり???大きな塀に囲まれた木立がありますが、住宅に囲まれて入口がわかりません。ババチャリでよかった!!!歩いては、ももりの足ではも・お・お・・・確かに二条天皇陵がありました。
 

 

 

先日行きました「清閑寺」 門のすぐ横が高倉天皇陵と六条天皇陵。



 高倉天皇もすごい。21才でなくなられますが、すでにお子が7人。高倉天皇と清盛の娘徳子の間に生まれたのが第一皇子で安徳天皇ですが、安徳天皇が壇ノ浦でおばあ様に抱かれて、海へ身を投げたあと残された皇子は3人。後白河が、御前に呼び出して会います。「おいで」と言われて、逃げたのはバツ。チョコンと膝に乗ったのを次の天皇にした・・それが後鳥羽天皇ですって・・・・宮尾本「平家物語」にはあります。




 これで、白川、鳥羽、二条、六条、高倉天皇、後白河天皇陵にはお参りができました。おそばには愛された女性方、待賢門院や上西門院の御陵もあります。清閑寺には高倉天皇に愛されて宮廷を追われた小督の局のお墓もあって、今は静かに仲良く眠ってらっしゃいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

地震・・・・今のところ無事です

今のところ・・・なんて…これが余震で、もしかしたら???本震が来たら???っていう意味です。
 朝8時過ぎでしょうか。ももりは玄関でゴミ出しの整理をしていました。突然「グワラグワラ」と大きな音。地震か???それとも突風か???戸を開けて表を見ますと電線が大揺れ。地面が揺れている感じはあまりわからなかったのですが、あの大きな音はなんやった???
  とっさに相棒の部屋にかけつけましたら、良妻なんでしょうけれど、まずは自分が表にでました。どこの家からも人は出てこず、地震は収まりました。

 

 

 

 やれやれ・・・この後、本震が…なんてことがないようにいのります。電話は通じなくなりましたので、この場にてご報告いたします。
 「大きな音やったでえ、何か落ちたんとちがうか???」って相棒も言いますので2階へ。床から天井までの長いふすまが2枚、ふくれて敷居をはみ出しています。上に積んでいたぶ厚いアルバムが落ちた模様。被害はそれだけ。まずまず、今のところ、電気もついて無事です。




 今日は忙しい一日でした。朝イチ、地震、直後・・・8時40分にマッサージ師さんが見え、約20分。10時には、相棒の歯科の予約。歯科の先生が地震でお休みになった小学生の子供さんをむかえに学校へということでしたが治療はしてもらえて、11時には次の眼科の予約。京都市立病院には異常の様子はなく、みてもらえました。病院でお昼を済ませて、1時ころ帰宅。午後4時には、ももりの膝治療の予約ですので、その間にプールへ。「まあ…時間もないけど歩くだけでも」と出かけましたら。プールは閉館。あ・あ・あ・・・・・
 今のところ、家も周辺も静まり返っています。被害の様子はありません。相棒もお昼寝。4時に膝注射に行くまでには薬局とスーパーへ。やれやれ・・・ももりも休憩します。


| | コメント (11) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

ほのぼの  うれし

 先日、ほのぼの、ほんのり、うれしいことがありました。


 今かよっています京都アスニーの古文書教室。月一回ですがとても面白い。サークルの講師の万波寿子先生は西本願寺の古文書を研究なさっている若い龍谷大学の講師でらっしゃいますが、「西本願寺36人歌集」のお話にふれられまして、おっしゃいました。


Dscn4752




Dscn4754




Dscn4753


 「この歌集はほとんど出版印刷されていません。西本願寺が許可しないから」というお話しでした。「????ワタシ・・・ 持ってる」・・・・もうずっと以前ですがももり自身が買った本。2万8000円。家にかえって本棚を見ますと、ありました。おまけに、もう1冊。父親からうけついだ「西本願寺36人歌集」もでてきました。次の勉強の会(先日)にもっていきまして「よかったら、皆さんに見てもらってください」といいました。ついでにももり自身が作った臨書「ま・あ・あ・・・レプリカです」も、お見せしました。下





Dscn4751




なんて嬉しいことでしょう!!!授業の前に、先生はももりのレプリカを皆さんに見せて「本当にこんな美しいものが平安か鎌倉時代に作られていて、本阿弥光悦なんかはまねしたものを残しているのですが、現代にもこんなのを作っていられる方がいると知って、大変うれしいです」とのお言葉。

 

 

 長年、押し入れにつっこんだままだった小さな切れ端に、こんな出幕があるなんて!!

 

 古文書の勉強には何度か参加したのですが、扱うテーマに興味がないと、まるで楽しくありません。今のサークルは藤本孝一先生と万波寿子先生のお二人が講師ですが、ともかく、とてつもなくおもしろい。文化庁で、古物を「国宝にするか、それとも重要文化財にするか」を決定するための資料をまとめるという仕事をなさってらしたという、もう90ン才の藤本先生ですが、続々出てくる古文書には限りがないらしく、毎回新しく解読された文書のお話をしてくださいます。




 もしできたら・・・・ももりのレプリカ、先生にもらってもらえたらなあ。そして西本願寺の文書を研究なさっている先生のお部屋の片隅にでもおいてもらえたらなあ!!!
 なあんて・・・あつかましいかな???
下は父の残した「本願寺36人歌集」の写真です。貴重なものかもしれませんよっ!!!





Dscn4762



Dscn4757




Dscn4755




Dscn4763




Dscn4759




Dscn4758




Dscn4760





Dscn4764 Dscn4756

| | コメント (10) | トラックバック (0)

«高倉天皇と清閑寺